しろねこ、結石だった(?_?)



治療終わって、ハア~


danekoブログの登場人物(?)の中で、

圧倒的な人気を誇るしろねこ、


どこの誰がしろねこファンなのかわからないが、

可愛い子猫時代を終え、タダのデブ猫となったいまも、

一番人気のようである


(だから~、他の登場人物が大したことなさすぎるんだって・・)


イナカの動物病院で、名前を呼ばれ、


しろねこの入ったカゴが、治療台の上に乗る。


若い助手さんがカゴからしろねこを出そうとしたが、

やはり、というか、身の危険を感じていて出てこない


いつもなら、こんなことはないのだが

やはりしろねこにとっては非常事態。


先生と助手さんは、慣れた手つきでカゴを分解し、しろねこを出した。


先生は、出て来たしろねこを見て、


「うわ!大きいなあ・・・」


と、しろねこ本人にしてみれば、失礼な感想

(この地方、大きい=でぶい の意味である)


いったい、デブの患者が診察に来たとして、

同じセリフを言う医者はあるまい



しろねこは、診察台に這いつくばって、

なにかヤなことをされたらすぐに逃げようという、

必死の逃げ待ち姿勢で腹這いになっている。。


先生は、danekoからしろねこの最近の様子を聞き

(といっても、帰国したばかりなので同居人のウケウリだ)


腹毛が薄くなっているのは、アレルギーのせいで

かゆいので、舐めついでに抜いているのだそう。


そして、

トイレにじ~っと座り込んでいるのは、


結石かもしれないとのこと。


おお~


しろねこは、本当にマトモな(?)病気だったのだ!!!



ネコなんぞ、エサと水やってほっとけば治るさと、

心の底では軽く見ていたdaneko、


きょう病院に連れて来てよかったのかも


「エコーをかけてみますね」


と、しろねこのお腹にゼリーみたいなのを塗り、

助手さんに押えさせてエコーにかけた。


結果は、

完璧な膀胱結石であった。


なんでも猫の膀胱結石とは、石ではなく、砂なのだという。


先生は、エコーの写真をdanekoに見せ、


「この白いところが、膀胱の下部に砂が貯まっている部分です」

と教えてくれた。


が、


まあ、この猫は、脂肪が多過ぎて分かりにくいですけどね、

たしかに結石です」


と、またまた体型差別?発言


「やはり運動不足でしょうか?」


とdanekoは思わず肥満の方が気になって聞いてしまった。

だいたい同居人がエサをやり過ぎなのだ


「でしょうね。最近は、犬より猫の肥満が多いですね。

家の中で動かずに食べてばっかりだから・・」


と、まさにしろねこの毎日を見透かしたようなことをおっしゃる


そうか・・しろねこは、やっぱり、

立派過ぎる正統派デブ猫だったのだ。。。


飼い主はついつい、どの猫もこんなもんだと思うよね~



で、結石の治療法だが、エサを替えて様子を見るという。

結石ができにくい餌があるのだと。


ホームセンターやコストコには売っていないだろうなあ。。。


3種類も試供品をくれたので、danekoはずいぶん親切だなと思ったが、

そうしないと、食べなかった場合、困るのだという。


アレルギーの腹毛抜きは、まだ初期なので、

様子見でいいと言われ、ステロイド注射などしなくてよくてホッとした。


「先生、ついでに痩せる結石用のエサはありませんか?」

と、danekoは聞いてみたのだが、


「有るには有りますけど、それを食べるかどうか・・・」


そっか。。。

デブ猫は、脂肪になりやすいエサが好きなのかもしれない


脂肪が脂肪を呼んでいるのだろう



治療台は、2160円。

よかった。もう一軒よりも、かなり良心的だ


しろねこも終始おとなしく、

ミャアとも鳴かずにおびえきっていたので楽だった。


しかし、まだ3歳にもならないというのに、結石とは、

家猫の健康管理って、思ったより大変なのかもしれぬ。。。






お昼は時間無かったので、ラーメンを食べながら、

同居人としろねこネタで笑いまくった


【ぽちありがとう】 にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ ちょっと、ワタシの苦しみをネタにするなんて[emoji:v-359]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA