オークランド食べ歩き・ラムの美味しい店3つ!ご質問にお答えします(#^^#)

cassia 201702 lamb chop

昨日の記事では、読者さんのご質問にお答えして、牡蠣の美味しい店をご紹介しました。

 

そして今日は、ラムですね(^o^)

お店の詳しい情報は、記事の一番下にまとめています。

 

ラムといえば、danekoが真っ先に思い出すのはこの店。

1.Tony’s Lord Nelson

 

過去記事もある。

ラムチョップ、相当美味しかった♪

 

肉を食べるなら!(^^)!

 

写真をピックアップしてみると、

 

トニーズ・ロード・ネルソンのラムチョップ

うわああ、ジューシー!

 

サラダとチップスの付け合せも嬉しい♪

あ、付け合せは選べるのですよ。サラダか温野菜を選び、フライドポテトかポテトコロッケを選ぶ。

 

しかしこのオーダー、初めての日本人は間違いやすいのです(ー_ー)!!

 

オークランド食べ歩き・初訪問なら絶対行くべき3軒のレストラン(*^^*)

 

という過去記事に載せた、この店での注文のコツをご案内。

NZ在住のヒトなら戸惑うこともないと思うのですが、けっこうトリッキー(-_-)

 

訪問前にご一読いただければと思います。以下過去記事からの抜粋。

 

Tony’s Lord Nelsonでの付け合せオーダー法

メニューを選ぶとおねーさんが

1.肉の焼き加減を聞いてくる。

 

How do you like your ○○?

(たぶん・・ミディアムかミディアム・レアあたりがお勧め)

火入れにはゆるいニュージーランドです。

 

2.そして野菜を選ぶ。

Salad or Vegetable? 

と聞いてくるので、

 

え?どっちも野菜なのでは?

と混乱するが・・

 

生野菜ならSaladと、

温野菜ならVegetable と答える。

 

このへん、ちょっとトリッキー(-_-)

 

次に、まだあるのです。。

 

3.付け合せのポテトを選ぶ

Chips or Potato Croquette?  と聞いてきます。

 

このとき、Croquette が聞こえず

とまどう日本人多し。。

 

なにせ突然おフランス語なのだから、わからなくって当然です(ー_ー)!!

 

アナタが特にコロッケに郷愁がなければ

チップスで決まり〜。

 

ニュージーランドのじゃがいもは何気においしい(*^^*)

 

この店の場合、基本メイン一品を頼めばいいのでとってもラクですね。

マッスルやオイスターがある日もありますので、シェアで前菜に1個頼んでみる、という手もありますが鮮度がいまいち不明です(-_-;)

 

当たりもあれば、外れもある、と思っていてください。

あ、肉と一緒に注文すると全部の料理がほとんど時間差無しでやって来ます。

中華みたい(-_-)

 

ですので、ゆっくり前菜からメインを楽しみたい場合は、メインは後で注文するといいですよ。

そうそう、予約無しでウォークインできるのも、ポイント高し。

 

そして、ネルソンさんの回し者ではないのですが、年中無休。

祝日も営業していて、シティ在住時はホント助けられました〜(^^)v(^^)v

 

2.Cassia

オークランドのレストランで毎年各種アワードをもらっている店!

インド料理のフュージョンですが、お洒落かつ食べやすいアレンジでオススメできます。

 

特にここのラムチョップは、絶品!!

なにせ火入れがとにかくプロだから、ニュージーランド系のステーキハウスなんかとは全然違います。

 

過去記事のラムチョップの画像をピックアップ。

 

cassia 201702 lamb chop

う〜む、素晴らしい!

こちらの過去記事からピックしました。

 

オークランドの最優秀レストラン・オブ・ザ・イヤーでまたまたシェフ盗撮(^_^;)

 

そう、こちらのシェフ・Sid Sahrawat は、danekoが盗撮したいほどファンなお方。

温和な顔付きながら、彼がいると店の雰囲気がキュッと締まります。

 

水曜日と金曜日にいることが多いので、とにかく彼がいる日をオススメ。

電話で予約の時、「この日はシド、いる?」と聞くとおしえてくれますよ♬

 

超人気店なので、事前の予約が必須ですね。

シドはもう1店、ポンソンビーにファイン・ダイニングを持っているのでそこと掛け持ちなんですよ。

 

ラムチョップは火入れも絶妙なら、肉は柔らかく、ちょっぴり効いたインド系のスパイスなども食欲増進効果バツグン!

 

一皿3切れだったかな? 人数によって調整可能ですが、ひとり2切れは食べたい素晴らしいラムです(^o^)

 

3.Kazuya

出た〜! いまやニュージーランド日本人シェフの星、Kazuyaさんですね♪

肉の火入れは、オークランド(いやNZ全土)でもトップクラス!

 

daneko的には、彼のマニアックな火入れが一番好きですね。

Kazuyaのラムを食べたら、ちょっとしたレストランのご自慢ラムなんかアホらしくて食べれなくなります(^_^;)

 

なのに3番目に挙げたのは、ラムだけを食べに行ける店ではないから。

そう、メニューはコース料理のみなのです。

 

2017年現在、

5コース: 90ドル。

7コース: 110ドル。

 

5コースはちょっと軽めでしょうか。でも少食な日本人女性には充分かも。

Signature(野菜30種以上のプレート)などの目玉メニューを楽しみたければ7コースですね。

 

こちらのお店のいいのは、事前予約時に細かな希望を日本語で伝えられること。

 

たとえ英語ができても、キウィの電話対応はテキトーなので、

「OK、OK」などと言われても当日店に行ってみたら希望が伝わってなかった。。なんてことはありまくりのニュージーランド。

 

こちらなら、「メインにラムをお願いしたい」と伝えれば、バッチリですよ。

あ、できれば1〜2週間前には予約を入れたいところです。

週末だと、もっと前から予約しないと埋まっていること多し。

 

日本からでも、ホームページからメールで予約できると思います。

 

ところでKazuyaでdanekoがメインに食べるのは、たいてい鴨か牛。

過去記事から、ラムの画像が見つからなかったので、残念無念。

 

Kazuyaで、ストーリーのある夕食を(^^)v

 

過去記事は他にもたくさんあるので、お店に行く前の予習なら、ブログ右側の検索フォームに「Kazuya」と入れて虫メガネマークをクリックしてみてくださいね。

 

過去記事がズラッと出てきます。

 

そうそう、danekoは今週の予約を入れてラムのメインをお願いしています\(^o^)/

こちらのご報告もお待ちください〜♬

 

Tony’s Lord Nelson

37, Victoria Street West, Auckland

 

 

Cassia

5 Fort Ln, Auckland

 

 

Kazuya

193 Symonds St, Eden Terrace, Auckland

 

【しろねこにもどうぞポチを】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

フン、食べれば全部トイレに行くから同じヨ(-_-メ)

関連記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA