9月か10月に大災害??

本日は、まずエレニン彗星の位置と地震との関連性を

過去のМ6以上の大地震のデータから、

ご覧ください




2008年2月20日 インドネシア  M7.4  エレニン・地球・太陽の直列

      2月25日 インドネシア  M7.2  エレニン・地球・太陽の直列

      5月12日 中国      M7.9  エレニン・地球・海王星の直列

2009年7月15日  ニュージーランド M7.8 エレニン・水星・地球の直列

      9月 9日  サンホラ島   M8.1  エレニン・太陽・地球の直列

2010年2月27日  チリ      M8.0  エレニン・地球・太陽の直列

      3月 9日  インドネシア  M7.2  エレニン・地球・海王星の直列

2011年3月11日  日本       M9.0  エレニン・地球・太陽の直列



上記は、danekoが船井幸雄氏のHPからお借りしたデータ。   もちろん、船井氏に関しての評はいろいろあるけれど、

danekoは彼の本質的な部分というのはやはり好きなのだと思う



このエレニン彗星と大地震の関連性を、

偶然とか、無関連という人もいるだろうが、

それはそれで、もちろんかまわない


ただ、たとえオカルト的と感じられたにしても、

まっとうな根拠なく、

「科学で証明されていない」云々で、

否定するのはちょっと違うと思うのだ


「証明されていない」= 「嘘」とはならない。




そしてこの、エレニン彗星、

今年の9月と10月に、めっちゃ並ぶのだそうだ。



(貼り付け開始) この直列の日がいまのところ、次ぎの月日におこることが分っていると発表されています。

2011年8月31日       9月 6日       9月25日      10月 8日      11月11日      12月 4日      12月25日



 それだけではなく、今年9月10日にはエレニンが太陽にもっとも近づきます。  9月20日には、エレニンと太陽の最小角度が19度になります。  10月11日は、エレニンが地球に非常に近づきます。  10月17日は、エレニンが地球にもっとも近づきます。約3400万km強です。  10月20日には、エレニンが地球軌道に進入します。  11月2日には、地球がエレニンの尾の中に入ります。

 詳しくはNASA宇宙局広報部に聞けば教えてくれるようです。NASAはすでに全職員とその家族に具体的に警告しております。ともかく8月31日~11月2日は、何がおこるか分らないと考えて、注意していた方がよいようです。  10月4日(太陰暦で9月8日)前後は要注意です。「日月神示」に書かれているように、どこへ逃げても仕方がないとも言えますが、大難はわれわれの祈りや行為で小難になりそうです。

(貼り付け終わり)


原文を見たい方は、こちらをどうぞ。

大難を小難へ・・・

本当に、そうでありたい。


ジュセリーノ氏が、

「日本に関する自分の予言はなぜか当たらない。でもそれはいいことだ」

と、雑誌のインタビューで言っていた


今回も、そうありたいと願っている 





 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA