その日、

danekoは大好きな周さんの店に来た。

 

Zhou’s Dumplings。いまやウェストの星なのか、それとも・・・(?_?)

↑は、ウェスト地区のお店の記事なんだけど、

 

 

zhous dumplings 201803 exterior

なんと!

マウント・イデン地区にもお店ができていたのだ。

 

少し前に発見して、この日は3回目の訪問。

その他のネタが十分にあったため、

以前の記事はまだアップしてないが・・・

 

いつものメニューは申し分なく美味しかった。

ハイ、同じものしか食べてないんです(ー_ー;)

 

店に入ったとたん、

コック帽をかぶった周さんがレジでニコニコお出迎え。

 

わわ、今日は幸先がいいではないか?

予約なしでも壁際の4人席に座れたし、ラッキー(^^)v

 

2018年3月現在、料理長の周さん(Mr. Zhou)は、

ウェストの店にはいなくて、

ここ、マウント・イデンの店にいるのだ。

 

もうウェストまで行かなくていい〜♬

駐車違反に捕まらなくていい〜♬

 

と、ゴキゲンだったdanekoたち、

 

この日は、ちょっと違うものを。

ということでオーダーした、

 

 

zhous dumplings 201803 broccoli ebi

ブロッコリをマッシュド・ガーリックと炒めたもの。

シンプルな野菜炒めのつもりだったのだが、

 

エビが入っているのは、オーダー違い。

もう面倒くさいし、2ドルしか違わないから、

 

文句言わずに食べることにした。

味付けは一緒だしね。。(-_-)

 

しかし、これが美味しくない。

なんだろーな、

ブロッコリが苦いゾ(@_@)

 

苦味、というのは、毒を想像させる。

ふつうブロッコリは苦くないからね。

 

よく見れば、黄色い花の部分が多い。

これが、苦味を出しているのか。

 

それとも、栽培段階での農薬?

収穫後のポストハーベスト?

 

もしくは、洗うときの洗剤が残った?

もしくは、炒めるときに調味料間違った?

 

いやいやいや、

ちゃいにーずの店というだけで、

 

妄想たくましくなってしまうのは、

ハイ、danekoの偏見です(^_^;)

 

とにかく、万が一を考え、

このブロッコリは残すことに(T_T)

 

 

zhous dumplings 201803 beer

気を取り直して、青島ビア。 1本8ドル。

大瓶だから安いですよ♬

 

娘danekoもこのビアは好きなのだ。

 

クセがないし、ホップが強くなくて好み。

本格的なビアは飲めないdanekoたちである(^_^;)

 

 

zhous dumplings 201803 fried dumplings

2品目。 餃子。 14ドルだったかな。

 

さんざん迷った末、焼き餃子に決めた。

中身は、海老とタマゴとニラ。

 

肉ものの餃子よりもあっさりしていて、

アブラで焼いた餃子にはこのほうがいい。

 

本来なら鉄板の、「豚肉と白菜」

あたりを食べたいところではあるが、

 

周さんの元いたドミニオンの店で、

豚肉が臭かったトラウマから抜け切れない。

 

 

zhous dumplings 201803 fried dumplings2

この焼き餃子は、正解。

でも、肉汁系じゃないですよ。

 

餃子だけ食べるなら、以前も記事にしていたけど、

百味餃子=Barilla Dumpling のほうがオススメ。

 

そんなBarillaにダマされて・餃子の誘惑(>_<)

 

daneko達のテーブルには、

あのブロッコリが手を付けられずに残り続ける・・

 

 

zhous dumplings 201803 interior

なんと!

中華なのにこのワイン率の高さ!

 

キウィが多いのと、場所柄もあるか?

この日は何組か、

ボトルワインを頼んでいる人たちも見かけた。

 

周さんの料理の特徴は、

MSGが少ないことである(ー_ー)!!

 

それゆえに、

MSG大好きな大陸系中国人の客は少ない。

 

味付けは塩とダシが主で、

ドミニオン時代よりもあっさりしている。

 

これだけ人気があるのなら、

中国人におもねらなくても店は充分やっていける。

 

むしろ、

中国人ウェルカムな雰囲気はまったく無く、

 

ご近所キウィの社交の場として、

BYOパーティなどもやってる様子であった。

 

店の路線としては、それもありだろう。。

 

zhous dumplings 201803 crispy pork

さて、いつもの店の名物料理。

Crispy Pork  18ドル。

 

おやおや、この日は乱雑な盛り付け。。。

周さん、どうした(?_?)(?_?)

 

いつもはもっと、豚肉も薄切りで美しいのに。

 

 

zhous dumplings 201803 crispy pork2

横から見ても、こんなふう。。

ニンジンが哀しくはみ出ている。

 

おまけに、ひとくち二口食べてみて、

いつもと歯ごたえが違うではないか。

 

この日は衣が厚く、

断面を見れば片栗粉のダマがところどころに!

 

酢豚ソースのようなのは、いつものままだが、

料理がいつもと全然違う。

 

周さん、今日は作ってないのじゃない?

と、danekoは娘danekoに疑問をぶつけた。

 

そして、

danekoがおかしいおかしいと思い始めた頃、

 

ムスメが店内奥のテーブルに、

コック帽を脱いだ周さんを発見(@_@)

 

ええ〜!!

 

見ればニコニコと、ちゃいにーず客と一緒に、

7名がけくらいのテーブルに座っている。

 

しかも、

嬉しそうに料理をつついたりしているではないか!

 

ちょっとちょっと周さん、

チャイニーズ・ニューイヤーの続きですか(?_?)

 

営業時間内は厨房にいてほしいんだけど・・・

 

しかし、周りのキウィ達はそんな事実に気づかず、

いつもと同じと思って焼きそばや餃子を食べている。

 

違いは分からぬのだろうか・・

 

もしかして、この店の評価が定まらず、

zomatoの数字などにもブレが大きいのは、

 

周さんが作ったときとそうでない時の落差がひどいから?

 

ま、この店は、中国北方料理系をうたっている。

それなのに、メニューには麻婆豆腐や担々麺、

広東料理系、何でも揃っていて、

なんでも屋さんなのである。

 

あにはからんや、

どれを食べても美味しいというわけではない。

 

Crispy Pork(豚肉の唐揚げ甘酢あんかけ)も、

ドミニオン時代の店で人気メニューだと

おしえてもらったから、知ったまでのこと。

 

Zhou’s Dumplings が人気店だったとしても、

そのメニューには地雷がたくさん埋まっているのだ。

 

danekoたちは、

テーブルで談笑しまくっている周さんを、

うらめしく眺めながら、店を出た。。

 

この日、皿の残りを持ち帰る、

テイクアウェイはなかった。。。

 

Mr. Zhou’s Dumplings Mt. Eden

839 Mount Eden Rd, Mount Eden, Auckland

 

【しろねこに応援ぽちをm(_ _)m】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

チョット、ワタシはダマくらい平気よ(^q^)

関連記事