オークランド・担々麺の雄、ティエンフー・ヌードルへ

tianfu noodles 202107 noodle


NZオークランドでも、すっかり市民権を得た担々麺。


美味しく食べれるお店は幾つかあるのだが、

ここニュージーランドでは、なかなかにジャンキーである。


が、定期的に食べたくなるのが担々麺。

danekoの大好物でもあるのだった。


フラフラと、担々麺を求めて



実を言うと、隔離ホテルを出た瞬間から、

担々麺が食べたかった。


しかし、ガマンしましたよ。

なぜって、隔離によって弱った胃腸には、

担々麺など毒だろうとわかっていたから(^_^;)


だがもう、隔離から1ヶ月を過ぎた。

そろそろあのアブラぎったスープもいいじゃないか?


と、ニューマーケットにやって来た。

正確には、家に帰る途中で下車したのだ。


このニューマーケット界隈、

今ではdanekoの庭のようなもの。


ポンソンビーも近いんですけどね。

あちらは駐車スペースを見つけるのが難しい。


この日、午後5時過ぎに道路脇に停めると、

午後5時以降はフリーパーキングとあった。


やった〜! 嬉しいゾ。

たかだか10ドル程度の担々麺に、駐車料払うなんて矛盾だもんね。


中華の店3軒のうち、残ったのは



シティサイドで担々麺なら、

danekoはティエンフーが推しですね。


ドミニオンのEden Noodleがめっちゃ人気だけど、

あちらはなんか、ジャンキー過ぎるのである。


一度餃子を作っているところを見たら、

どっピンクの肉を皮に包んでいたので、

それから怖くなってしまったというのもある。


ま、中華系のお店はどこも同じかもしれませんよ。

でも、この目で見ると見ないじゃ大違い(-_-;)




tianfu noodles 202107 exterior
ティエン・フー・ヌードル。

ニューマーケット。カイバー・パス通り沿い。


ここには、同じような中華の店が3軒並んでいたが、

2021年、そのうちの一つはもう閉店していた。


この店である。

一度だけ、酸辣湯麺を食べていた。




なんかねえ、鍋の店ぽかったのだけど、

影の薄い感じがいなめなかった。


結局、火鍋を試す機会もないままに、

知らないうちに閉店。


もう一軒はまだ存在しているが、

ティエンフーほどの客の入りはない。


百福餃子。

餃子の店なのかなあ。。


Zomatoサイトの写真などを見ても、

ちっとも美味しそうに見えないのだけど。


だいたいこの2軒、どちらも、

ティエンフーのプランBとして入ったのだ。


本当に、バックアップ的な存在。

そしてそれは、danekoだけでもないようだった。


選べる麺は刀削麺がオススメ



TianFu Noodles


ドアはいつでも開いており、歓迎モード。

お代は、後払いでも前払いでもいいらしい。


danekoは、きちんとオーダーが伝わるよう、

レジ前に行ってメニューを指差して頼んだ。


Noodle soup with pork mince and chives

豚ひき肉とニラの汁あり麺だ。


ミドルサイズで12ドル。

麺を刀削麺に替えると、13ドル。


この日こそは、1ドル増しにすればよかったのに、

お店のおねーさんに麺の種類を聞かれると、


反射的にふつうの麺を選んでしまっていた、

どケチなdanekoである(-_-;)


どうしてこんなところでケチってしまうのだろう。


この前はフレンチカフェで300ドル超え。

加えてチップまで払って大満足で帰ってきたというのに、


大衆中華の店となると、

1ドルも余分に払いたくないこの心理。


読者さまはマネをせず、

刀削麺を頼んでみてくださいね。


そう、いつも他の客が食べている刀削麺を見て、

daneko
しまった!アレを頼むんだった!


と後悔し、次のときにはコロッと忘れて、

1ドルを惜しむdanekoのアホさ加減であった。


辛さも選べる、自由自在



この店のメニューは、こんな感じ。

なかなかに、整理されていてわかりやすい。




tianfu noodles 202107 menu
ね、ちゃんと写真入り。


danekoがこの日頼んだのは、

担々麺ではないけれど、


まあ、似たようなものだと思う。

なんか、ニラが食べたかったのよねえ。。


こちらのニラは、生っぽいのがよい。いやナマか。

生のニラは、腸内善玉菌のエサになると、

教えてくれたのは、神技マッサージ師であった。


彼がそうめんにたっぷりとニラを掛けたものを、

その日のランチだと言って見せてくれたことがある。


冬のニュージーランド、

カラダが冷えると、ココロも冷える。

ニラでも食べて、温まろうと思ったのだ。


あ、翌日お仕事の方は無理ですね。

ニラなしの麺にしましょうね。



tianfu noodles 202107 noodle soup
来た来た。

なんと、トイレに行ってる間にもう来ていた。


今日は仕事が早いなあ。

ちょうどオーダーが切れてたんですね。


danekoのあとに、2人組とお一人様が入ってきた。

カウンター席もあるので、

慣れればおひとり様でもぜんぜんOKである。



tianfu noodles 202107 pork & chives
麺はふつうの小麦粉の麺。

そして、この日のニラは、みじん切りであった。


以前はたしか、もっとニラが大きかった。



tian fu noodle 201906 dan dan mien
以前の写真。


ニラがみじん切りだと、箸で拾うのは難しい。

レンゲで少しずつすくって食べた。


豚ミンチ、麺、ニラ、スープ。

こんな順番で食べています。


麺は全部食べたけど、

スープはアブラなので半分以上残す。


油分過多のヤバいスープなのである。

食べ終わる頃には、お腹がポカポカしてくる。


豚ひき肉は、なんか怪しげなお肉。

油で揚げてからタレを絡めてあるような。


肉もまた、完食はムリだが、

ダシのような位置づけと考えている(^_^;)


ごちそうさま〜。

ハイ、この日はミディアム・ホットにしましたよ。


次回はぜったい刀削麺だ〜(^q^)


アクセス



TianFu Noodles

477 Khyber Pass Road, Newmarket, Auckland

☎ 09 524 8793




【しろねこにポチ感謝です!】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
チョット、1ドルケチり続けて何年目ヨ(~_~メ)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA