danekoがいま一番夢中なタイ料理・ポンソンビーのSaan(^^)v

昨日アップしたこの写真。

夜のポンソンビーである。。。

 

 

寒々しかったこの日、

アウトドア・シーティングにはさすがに誰もいない。

 

テーブルの上に、お花が寂しく人を待っている。

 

Saan

 

ポンソンビーに登場した、お洒落タイ料理だ。

 

しょっぱなから、このお魚の前菜にノックアウトされる。

ちょうどよくスモークしたお魚に、ナッツのテクスチャーが・・

 

エゴマの葉に巻いて食べるのだが、

具材と葉っぱのバランスがいいのか、

たちまちひとり3枚を食べてしまった(^_^;)

 

こちら、タイ料理の殿堂、青パパイヤのサラダ。 14ドル。

 

この店には、2種類の青パパイヤのサラダがあるが、

こちらはクラブ入りバージョン。えらい辛い。

 

黒いのがカニの脚で、辛いタレの染み込んだ脚を

チューチュー吸いながら食べる。

 

ヤミツキ系の一品。

 

チキンのグリル。 25ドル。

うん、これは凡庸でしたね。たのまなくてもよかった一品。

 

ふつーには美味しいですよ。

 

 

火曜日の店は、まだ空いていた。

早めに入店し、さっさと食べて帰ろうと思ったのだ。

 

外は、凍りつきそうな風が吹いていたし。

 

 

Thai Somtum ハーフサイズ。 8ドル。

これが、もう一つの青パパイヤサラダ。

 

さっきの蟹バージョンよりも辛くない。

が、辛いもの苦手な人にはおすすめできない。

 

danekoたちもだんだん、おナカがじんわりじんわり、

温まってきたというか、チリチリと熱くなってくる。

 

 

 

店内はこのとおり、お洒落。

 

そういえば、こういうお洒落タイ料理って、無かったなあ。

いかにもタイな内装の、タイ料理屋さんばかりだった。

 

キウィがプロデュースすると、タイな内装は一転、

流行りの店のインテリアに様変わりするのだろう。

 

 

娘danekoの大好物、ナスの炒め物。 22ドル。

種明かしすれば、チャイニーズ系のお料理。

 

ミントとコリアンダーがたっぷり載っているが、

コリアンダーは新鮮で、外さなくてもだいじょうぶ。

 

でも、こんなお料理にはやっぱり・・

 

 

ご飯が必須。というわけで、

Saan名物、スティッキー・ライス。 

 

もち米のおこわ。

 

これが3ドルとは安いなあ(*^^)v

 

ナスの炒めは正直どうでもいいdanekoだが、

このご飯はまたすぐに食べたくなりそうな。

 

え? 二人でまだ食べるのかって??

 

ハイ、さすがにお腹いっぱいです。

 

 

せっかくだから、デザートも。

 

これもお店名物らしき、タイ・ショートブレッド。 13ドル。

 

塩キャラメルみたいな風味のデザートで、

甘いものが苦手でもスイスイ食べれる。

 

またまた、ポンソンビーに来る楽しみが増えたかも。

 

Saan

160 Ponsonby Rd, Ponsonby, Auckland

 

まだ、もうちょっとリハビリ中のdaneko、

しかし、食べ歩きにリハビリはなく、いつも本番で〜す\(^o^)/

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA