非常美食!たしかに非常に○○だった(@_@) アレとアレが入り過ぎ〜(^_^;)

非常美食 chilli chicken

食というものは、

美味しいか美味しくないか、などというものは、

しょせんその人個人の好みの問題である(ー_ー)!!

 

それを知りつつ、

こんな勝手な食べブログを書いているのだが、

今回ばかりは驚いた!

 

たしか、そこそこ人気のお店だというから、

知らぬままではオークランドの外食王(ちっちゃ。。)としてお恥ずかしいと思い、

 

あまり気は進まぬが、一縷の望みも抱え、行ってみたこのお店。

 

 

非常美食 entrance

Flavour House またの名を、非常美食

 

娘danekoは何をカメラに収めているのだろう。。。

 

店内に入ると、意外にも清潔感がある。

あ、もちろん「ドミニオンの中華系の店としては」という意味で。

 

メニューも豊富。

お店のオジちゃんは日本語がしゃべれる。

 

なんだか安心感の漂うお店だと期待が高まる。。。

 

非常美食 キャベツ炒め

第一品目。 キャベツの炒め、唐辛子風味。

 

あれ、美味しい(^^)v(^^)v

よかった〜♪ またこれで、ドミニオンの「行ける店」が増えた。

 

と喜ぶdaneko母娘。

 

 

非常美食 aftereating

完食である。

少々、化学調味料の風味があるが、かまわないレベル。

 

こちらで「化調抜きで」とオーダーを入れる、

某シェフの話を聞いていたけどこの位なら大丈夫(^^)v

 

そして、追加の炒飯と、辛いトリの炒め物を。

 

 

非常美食 egg fried rice

ひとくち食べた時、懐かしいフレーバーが口いっぱいに広がった。

 

それは子供の頃、親が出かける日に取ってくれた、出前の炒飯の味。

一気に懐かしく、甘苦い子ども時代の思い出がよみがえる、

まあ、すごい一品なのである。

 

なぜか、出前の炒飯など食べたこともない娘danekoでさえ、

「懐かしい〜♪」と叫んでいたのだ。

 

これは、もしかして、

danekoが手抜きの日に使っていた味の素の「中華味」であろうか。。。

 

しかし、食べ進むうち、砂糖のちょいと過剰な甘さが、

口の中に残って少々イケない感じに(-_-;)

 

砂糖が多いのだ。ココの料理。

キウィ受け&ちゃいにーず受けには欠かせない「甘み」

danekoにはしかし、過剰なレベルであった(@_@)

 

「中華味」味であるから、もちろん化調もたっぷり〜/(^o^)\

 

この日の客層は、

欧州系移民のカップル、キウィとアジア人のカップル、インド人のカップル、

インド人の家族連れ、中国人の家族、中国人の若者グループ、

という構成であった。

 

うう〜む。

 

非常美食 chilli chicken

最後の一品。 辛いトリの炒め物。

danekoたちが大好きな、四川系である。

 

この店のの特徴は、

・七味唐辛子みたいなパウダー(化調たっぷり)がまぶしてある。

・揚げ衣が厚め。

・唐辛子は一種類。

 

と、一見して四川出身の料理人の作ではないことがうかがえた。

 

しかし、オークランドの中華事情だ。

自称?本格広東料理の店でも平気で北京ダックを出す。

 

日本人にはマイナーな辛いトリの炒めなど、

どんなジャンルの店でもメニューに載せてかまわないのだけど。。。

 

しかし、ここのトリの炒めは、上の項目に加え、

スナック菓子のような食感と後味が衝撃的ではあった。

 

まるで、そこまで辛くないカラムーチョを食べてるような・・・

不思議なトリの炒め物であった。。

 

この皿に関しては、

さすがに化調がキツくて食べれなかったため、

 

日本語がしゃべれるオジさんにお願いし、

「味の素抜き」で作り直してもらったのである。

 

オジさんは、こころよく作り直しを引き受けてくれ、

danekoたちは申し訳無さで一杯になった。

 

中華料理なんて、日本でも化調のカタマリだったりするのに、

「化調抜きで」なんて噴飯モノのオーダーじゃない??

 

だから、この店のことを悪くはいえない(-_-;)

 

それに、ニュージーランドが長くなると、

砂糖への耐性はハンパなく付くから・・

 

これはNZが長くなった日本人にも

広く受け入れられる味なのかも。。。

 

で、炒飯とトリの炒めに思いっきり迷走したdanekoたち。

しかし、ムスメは炒飯とトリの炒めの残りを持って帰るという(@_@)

 

その決意は固く、

たとえ一個50セントの容器代がかかると知っても、

揺らぐことはなかったのである(ー_ー)!!

 

ああ、このムスメもNZ滞在が長くなり、

砂糖に対する耐性はいまや、キウィ並みになっているのか。。

 

danekoの舌は、家に帰っても軽いしびれ感が続いていた。

もちろん、喉も渇く。

 

非常美食、たしかに非常であった。。

 

中国語では、非常=無上の という意味があるらしい。

なるほど・・目指してください。無上の美食。

 

ふっふっふ、新規開拓、なかなか刺激的で楽しいではないか(^_^;)

 

非常美食 Flavour House

614 Dominion Rd, Mount Eden, Balmoral

 

 

【しろねこにも応援ポチを】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

チョット、ネコは化調なんて平気ヨ(ー_ー)!!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA