安さ爆裂!ドミニオンロード(?_?) その2

さてさて、


3人の従業員に、4人掛けテーブルを二つも占領させ


danekoたちを狭~い2人掛けテーブルに追いやった、


フラチな Barilla Dumpling


アタマに来たdanekoたちは、

餃子20個分の12ドルを支払い、

Thank you も言わずに外へ出た


が、転んでもタダでは起きない


ふふふふふ・・・



もう、午後5時を回ったところ。

お目当てのお店は開いているだろう


と、同じ並びの、



新源 New Flavour  

541 Dominion Road, Balmoral, Auckland

09 638 6880

5 PM to 3 AM (Mon-Wed, Sun),
5 PM to 4 AM (Thu-Sat)


すんごい深夜営業だ


昼間は店関係者、みな爆睡だろうか(-_-)zzz


今度はdanekoたち、

店の奥の、4人掛けのテーブルに案内される









何気ない店内。


ふつうのチャイニーズである


この店も餃子が有名なようだが、

くそBarillaで10個ずつ食べてしまっているから、


もう餃子は食べたくない(この店も、20個一皿よ~ん


そこで、danekoたちは、湯葉のような食感のDried Bean Curd と、

ニラ玉=娘danekoの好物(-_-) をお願いし、


白ごはんも2つ





Fried shredded dry bean curd with hot Chilli

14ドル


一見、盛り下がり風の見た目ながら、

食べてみたら、すごくいい味出している

しこしこした、湯葉がもっとしっかりしたような食感♪


ちょっとピリ辛なのがまたいい・・・


Barillaなんかメじゃないね(どんだけムカついてんの。。)







Fried Chives with scrambled egg

12ドル




ニラ玉も、

見た目のシンプルさに反して、味わい深いゾ。


中華系のダシがしっかり効いているのだが、

化学調味料はさほど感じない



2人でパクパク食べていたら、


「ライスがまだでゴメンネ」

と、店のオニーチャンが言いに来た


そういえば、白ご飯がまだだ


どちらの料理も塩気が効いているので、

ご飯無しはちょっと辛いものがある

(この店、ビールも置いてないみたいだし)


「まだ、今炊いてるところだから、もうちょっと待ってね」

と。


ええ~!!!

いま炊いてるって



だったら、料理を先に持って来ないでよ・・・


と強く心の中で叫んだが、

チャイニーズの店に、そんな気遣いなどない


料理の出て来る順番とか、

食べたら次を出すとか出さないとか、


そんなオペレーションとは無縁の業界であろう、な


danekoたちはそれから15分ほど、

ご飯無しで炒め物を食べる派目となった


しかし、それでこの店の魅力が薄れるかというと、

そんなことは全くない


近々、再訪し(今度は空腹で)、

他の料理もひととおり試さなければ。


そしてワインを持ち込み、

シアワセな中華ディナーを楽しむのだ

(ワイングラスあるんだろうか~)




これまで・・・

ドミニオン・ロード沿いに店は数限りなく有っても、


舌に合うお店はなかなか見つからなかったが、


とうとうドンピシャの一店にめぐり会えたかも




そして、待ち焦がれたご飯も到着。

ニラ玉も終わりかけ・・・(-_-メ)


で、ニラ玉は完食したが、Bean Curd は残ったので、

持ち帰らせてもらった(翌朝に完食)。



大満足の30ドルを支払い、

本日のドミニオン2店ハシゴで42ドル+お土産付き


けちなdanekoはホクホクで帰路についた



【しろねこぽちコーナー】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
ニラ玉、食べたいわね。。。


そうそう、

danekoがお会計に行ってる間、

娘danekoは、店の感じのいいオニーチャンに、

話しかけられていた。


彼も学生で、ポリテク(専門学校)に行っているという。

danekoたちも知ってる有名な学校だった


彼は、娘danekoの大学名を聞くと、


「うわ~!あそこ難しくて、オレなんか入れないよ


とホメてくれたので、


日本の兄たちからいつもバカ扱いされている娘danekoは、

とりわけ嬉しかったようだ


彼はチャイニーズ・キウィらしく、

英語は娘danekoより上手かもしれない


が、大学に入れるというわけでもないのだろうか・・・


勉強嫌いかな

今度聞いてみようっと。



感じのいいオニーチャンに、


「また近いうちに来てね~♪」


と送り出され、娘もゴキゲンでシティに帰っていったのだった。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA