オークランド・シティ中心部、お洒落なフードコートで大失敗!

panda 202002 counter


物価高のオークランド。

特にシティ中心部の家賃は高い。


よって、外食費も高くつく。

テナント料という固定費が高ければ当然。


そんなオークランドのシティ中心部で、

2018年6月、

鳴り物入りでオープンしたフードコート。


QUEEN’S RISE

に行ってきました!


クイーンズ・ライズ



おしゃれなフードコート。

Queen’s Rise にdanekoが足を踏み入れたのは、



queens rise 202002 entrance
午後1時過ぎ。

実は、以前にも2度3度入ったことはあった。


しかしながら、

平日の夕方や休日は恐ろしいほどヒマだったり、

ほとんどの店が休んでいたり。


なんか怖くなって退散していたのだ(^_^;)


で、この日初めて、

ランチタイムの賑わいを見たのだった。


どのくらいオシャレかというと、



queens rise 202002 interior
ふむ、



queens rise 202002 outlet
ふむ、なかなかいい感じ。


座席は先日記事にしたイーストリッジと同じく、

その店専用の席と、オープンスペースと分かれている。



どこで何を食べてもいいわけではない(ー_ー)!!

ので注意だ。


気になってたパンダへ



前回、前々回と偵察していて、

気になってたのがこのお店。




panda 202002 entrance
PANDA

活気のある中華料理の店。


中を覗けば、




panda 202002 cabinet
美味しそうな点心が湯気を立てている。

あ〜香港思い出すなあ。


あれも良き時代の香港だったのだ。

今は、デモやら新型肺炎やらで大変だ。


楽しみにしていたイベントも中止になったと、

友人がガッカリしていた。


中華はしばらく遠慮しようと思ってたのだが、

やっぱ食べたいよう(T_T)



えび餃子とゆで餃子



この店、

ゆで餃子各種は、12個で10ドル。


一個は1ドル。

単品注文も可能である。


danekoは考えた。


daneko
まてよ・・・

12個も来て、もし激マズだったらどうする?

たしかに。

不味い餃子を12個も食べるのは嫌だ。

6個くらいで良くはないかな?


その代わり、

ツヤツヤで美味しそうなエビ餃子。

えび餃子を3個頼もう。


海老餃子は、一個1.6ドル。

どういう値付けか知らないが、

まあ、3個で5ドル弱ということですね。


ドミニオンあたりの店よりは高いけど、

シティだからこんなものでは??


と、danekoは、

合計10.8ドルを支払った。


なんのなんの、

向かいの店でサラダなんかを食べたら、

トッピングも無しで 18ドルだ。


それに比べれば、炭水化物たっぷりで、

11ドル弱でお腹がふくれそうである(^_^;)


うわああ〜こんな代物が出てくるとは!



danekoは少し待っていた。

ブザーを持たされるはずが、持たされなかった。


受け取った餃子2種。



panda 202002 dumplings
ふむふむ・・んん???

なんか、ゆで餃子がふやけているゾ。


皮も破れてるし、成形もテキトーだ。

もしかして、パンダの店・・


と思いつつ、黒酢を準備して、

消毒済の箸をもらう。


ええい! 神様仏様!

とひとくち。茹で餃子の方を食べてみた。

daneko
ぶへ〜、マズい!


青汁の方がマシであった。


・豚肉が臭い
・皮がふにゃふにゃ

いつ蒸し上げたの??

まさか、今朝蒸したものを、温め直して出している?


豚肉と白菜だけでなく、

餃子の皮自体もおいしくない。


こりゃ、

チャイマの冷凍餃子のほうが数倍いいゾ。

大失敗。。


お口直しに海老餃子も、食べてみた。

こちらは、皮が透き通っているタイプ。

だいぶマシな歯ごたえ。


しかし、フィリングに海老以外の何かが!

何か、炭水化物系のものがたっぷり入っていて、

海老のプリプリ感は感じられなかった。


残念な、パンダのお店。

もうここには2度と来るまい。


あたりを見回せば、ちゃいにーずのお客も多い。

あんまりこだわらない方が一杯おられるのですね。


キウィのお客さんもいて、

肉まんと餃子と白飯を食べている。


と、トリプル炭水化物(@_@)

いやはや、何でもアリのニュージーランド。


タダのお水もまずくて飲めない



こちらのPANDAさん、

お水が無料で自由に飲める。


皆がお水をセルフで取っていくので、

danekoも真似してグラスに注ぐ。


フードコートでは、たいてい、

客単価アップのためにタダの水を置いてない。


ここは良心的だな、と感心していたのだが、


daneko
ぐへ〜! なんじゃこのお水は!


と、ひとくち飲んでひっくり返りそうになった。


まず、臭い。

カルキの臭いだけじゃない。


もっとドブみたいな、なんていうか、

口に入れてはいけないもののニオイがする。


お水のジャグには、

レモンのスライスが数枚入ってたけど、

レモンでも消し去れないくらい臭い。


あ〜あ、

こんなお水を使っているんじゃ、

ゆで餃子だって美味しいわけないよね。


しかし、どうやったら、

こんなお水になるのかなあ・・

danekoの疑問は残ったのである。


お店の人は親切だったので、

こんなにハッキリと書いては申し訳ないが、


こちらでお水を飲んではいけない。

そして餃子も食べてはいけない。



panda 202002 sign
小籠包にも惹かれて入店したけど、

小籠包、きっと外れだよね。。



panda 202002 dumplings left
残った餃子。

そう。一個しか食べれなかったのだ。

12個注文しなかったのがせめてもの救い。


このフードコートでは、




panda 202002 counter
モノを食べず、カウンターでビールが正解かな。


でも、ビールやワインもお高いですよ。

フードコートのお値段ではない。


内装におカネ掛けるんなら、

フードの質にももっと気を配ってほしい。


残念な体験であった。

食べ歩きは常に、失敗と隣り合わせ。


danekoはトボトボと、

クイーンストリートに向かうエスカレーターを降りていった。

敗兵は去るのみ。。。


アクセス



Queen’s Rise

クイーンズ・ライズ

125 Queen Street, Auckland CBD, Auckland



【しろねこにポチありがとうm(_ _)m】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

フン、豚肉がチョット臭いくらいでナニよ(-_-;)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA