Kazuyaのプリン、美味しくなってました〜(^o^)@どこで買う?

Kazuya puddding 201802 cases

あのKazuyaさんのプリン、

なぜか、レストランでは買えないのです。

 

知ってる人も多いだろうけど、プリンやデザートは、

系列のラーメン&バー・Zool Zool でしか買えない。

 

この日、danekoたちは別の店で不発なディナーの後だった。

店のサービスの悪さにムカつき、メインもデザートも食べず、

文句を言って店を出たのだが、近辺に適当なプランBはなかった(-_-)

 

「もう一軒シティに食べ直しに行こうか」

という無謀な案も出たが、さすがにカラダに悪過ぎる。

 

前菜系とサイドで、もうお腹は8分目。

ここからの食べ直しは、やけ食いモードになること必至。

 

腹が立つとお腹が空くような気もするのだが、

冷静に自分の状態をかえりみると、確かに腹8分目。

 

この日のディナーは終わったのだ(ー_ー;)

 

だが帰り道、danekoはふと思いついて、Mt. Edenにクルマを走らせた。

あそこのアレがあるじゃないか!!

 

 

Kazuya puddding 201802 cases

じゃっじゃじゃじゃ〜ん!!!

Kazuyaさんのプリンですよ\(^o^)/

 

danekoもずいぶん久しぶり〜♬

 

だが、家に着くと、danekoの腹八分目はさらに進展し、

腹9分目を超えていたのだ。

 

これ、プリンを買ったから満足したのかも(^^)v

サービス最悪な店に対しての怒りも、

いつのまにか収まっているではないか。。

 

しかし、若い娘danekoはそうはいかない。

プリンを食べる気満々である。

 

「え〜まま、食べないの??」 とガックリしつつも、

「じゃあ、2人でひとつ食べよう♬」

と喜々として、シールをオープンした。

 

 

Kazuya pudding 201902

これを見た、娘daneko、

 

「ウワーさすがだね! バニラビーンズが一杯で、

[す]も立ってないよ。。」と感心する。

 

お味も、なんだか以前より美味しくなっていた(ような気がした)

以前はもっと、生クリームが強かったような。

 

今のほうが、正統派クラシックな、昔ながらのプリンに近い。

しかし舌触りはあくまで、とろとろ&クリーミーな、フレンチのプディング。

 

底に溜まっているカラメルを早い段階で引き出して食べるのが好きだ。

カラメルのほろ苦さに嫌味がなくって・・嬉し泣き(T_T)

 

甘さ加減が、ニュージーランドのデザートとはぜんぜん違う。

甘すぎない、日本のスイーツなのだ(^q^)

一気に食べてしまいましたよ♬

 

お値段は、1個6ドル。

お店で食べても、テイクアウェイでも6ドル。

 

系列店でしか買えない、不思議なKazuyaのプリン。

お土産やちょっとした差し入れなどに最適かと。

 

欲を言えば、

ノースショアとか、シティでも買えるところがあるといいね♪

 

マウント・イデンまでいちいち行くのは大変だもんね。。。

 

今回はクルマの中で待っていたので店には行かなかったdaneko、

ひさびさに、Zool Zoolにも食べに行ってみようかな・・

 

と思った晩夏の夜であった(^^)

 

過去記事は、こちらです。

ZOOLZOOL ラーメン・バーでオシャレに一杯(^o^)

 

Zool Zool

405 Mt Eden Road, Mt Eden, Auckland

 

【しろねこバナー復活に、応援ポチをm(_ _)m】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

チョット、きょう日本は休日なのヨ!

引っ張り出さないでヨ(~_~メ)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA