さてさて、前回の記事の続き。

 

ひさびさに行った、スカイシティ・グループの日本食、

Masu。

 

実はこの投稿、2回行った分をまとめているのです。

基本アラカルト対応なので、好きなものを頼めるMasu。

 

danekoが初めて行ったのは、2014年!

 

オークランドのトップレストラン?MASUのワナ

オークランドのトップレストラン?続MASUのワナ

 

あの頃、一回のひとりあたり外食費の最高を更新したと、

大ショックを受けたdanekoだったが、

 

いまや、そんな金額もなんのその。。

オークランドでの外食は、最高値を毎年更新中だ(^_^;)

 

財布が軽〜くなるわけである・・・

 


masu 201807 open kitchen

オープンキッチンがバッチリ見える、カウンターがオススメ。

 

キウィのお客さんは後ろのテーブルが好きだけど、

テーブルはそんなに広くないし、

デートとかでしっぽり・・でなければカウンターがいいと思うなあ。。

 

 

masu 201807 shashimori

刺盛り M 45ドル。

 

氷の彫刻が必要かどうかはさておき・・・

あ、でも中華系のお客さんは喜びそう♬

 

ネタは、間違いないですよ(^_-)

 

 

masu 201807 cocktail

カクテルは、島太鼓。

 

同行者が頼んでいたので、中身はわからないという・・・

でも美味しかったようです。

 

この傘って、世界中の日系レストランで出てくる(^_^;)

わかりやすい、日本的なアイコンなのか。。。

 


masu 201807 broccoli

さあ、炉端のメニューからブロッコリを。 8.5ドル。

茎の長い、ブロッコリーにの系統ですね。

 

優しい塩味に、

添え付けの味噌ベースのソースをお好みで掛けて。

 

 

masu 201807 sushi & crispy squid

手前、ソフトシェル・クラブの寿司ロール。 18ドル。

danekoは安いアボカド・サーモンのほうが好き。

 

奥はこちらでのdaneko的定番。

イカの唐揚げ。 13.6ドル。

 

柚子胡椒風味が、日本を思い出させてくれます。

そして、白ワインやビールにピッタリ(^^)v

 

 


masu 201807 yakitori

こちらも炉端メニューから、焼き鳥。

 

この日は残念ながらちょっと焼き過ぎ。

かつ肉片が小さかった。。。

 

塩味でやってくれましたよ〜。

ふつう塩味を指定する人なんて居ないらしい。

 

いやいやいや、焼き鳥はやっぱ、塩でしょう!

 

 

201807 masu tables

週の初めとあって、割と空いていた。

入り口のバーカウンターでちょっと一杯、引っ掛けるだけの人達もいる。

 

danekoもシティで待ち合わせなんかの時に、

ひとりでフラッと寄ってみようかなあ。

 

店と同じドリンクメニューから選べるし、

日本人のバーテンダーさんもいる♬

 

お話しながらワインやカクテルを選べるのは嬉しいもんね。

 

さてさて、オープン時から通っているMasu、

このあとFacebookにいいね!したら、

いろんなイベント情報を流してくれるようになった。

 

特にこの冬は、イベントごとが多い気がする、

不景気な風を感じるオークランドの街であった。

 

Masu

90 Federal St, Auckland

 

【しろねこにも応援ぽちを♬】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

チョット、2日通って何の土産も無しって(~_~メ)

関連記事