NZのラーメン店店主必見!10のアイディア(^^)v

これは、こちらの記事の続きです♪


ラーメン屋の流儀 Tampopo Anzac (^^ゞ


NZの回転の悪いラーメン店は、

のろのろと延びた麺を食べる客のせいだった


この惨状を、danekoはニッポンの食べ仲間に伝えたのだ。

そして、秘密のスレッドで救済アイディアを募集した


仲間たちは喜んで名案(迷案?)、珍案を出してくれたのでご紹介。

ラーメン屋さんにお知り合いがいたら、おしえてあげてくださいね(^^)v


(って、役立つのかどうかは謎です。。。)


1.カウンターのみの店にし、テーブルに座らせない。

  すべての長居は、テーブルに座ることから始まる、と。


2.BGMはポルカを流し、スピーディに食べるよう促す。

  ポルカって・・





なるほど速く食べてくれるかも

3.立ち食いにする。。。

  1.のカウンターだけよりまだ酷い。。。



4.カウンターに客を並べ、ラーメンを同時に出してヨーイドン!

  一斉提供することでレース感を出すのか・・   広島お好み焼きの本場はこの入替え制スタイルですね。

5.値段を一杯10ドルまでに下げ、ファーストフードにしてしまう。

  なるほど、日本じゃラーメンはファーストフード扱いかも   でも、~10ドルは食材調達や経費の関係で難しいか。

6.Expressラーメンというメニューを作る。

  これは価格が安くてその代わり、   丼が到着してから20分で食べて出ないといけない♪

  うん、面白いアイディア



7.お店の中をスナック・ゾーンと飲みゾーンに分ける。

  スナック・ゾーンは安く、飲みゾーンは高く設定する。   やはり客のすみ分けが大事(?_?)

8.飲みゾーンは予約可にし、セットメニューやコースを作る。

  といっても餃子、焼き鳥とラーメンで40ドルとか。   ドリンク一杯付ければこれも有りか

9.つけ麺、油そばなどで原価率を下げてリスクヘッジ(^^)v

  なるほど~。ラーメン界の原価に詳しいですね。

10.ウェイティング・バーを併設し、ドリンク売って客単価アップ。

  これ実際にニューヨークの一風堂がやっているんだそう♪

いやいや、さすがにニッポンで世界で食べ歩いてるメンバー、

おもしろアイディアを、惜しみなく披露してくれました


感謝! 謝謝 m(__)m



ところで、ニューマーケットの流行ってるベトナム麺屋さん


HANSANにまた行ってきた


シティのHANSANがクローズしてしまっているから。。。

(改装中との貼り紙を見たが、閉店の可能性もありですね)






店内は広々とキャパたっぷり、

これで長居のカップルや学生さんがいてもまあ、許せると。







これで14ドル。


レモングラス風味のチキンとエッグヌードルのセット。

このエリアでこの価格はお値打ちです







この日はスープが超熱々で大満足


ふだんは猫舌仕様なのだが、

なにか設定を間違ったのだろう。。。


danekoたちにはよかったあ







チキンもたっぷり♪♪

昨日はカリカリの部分が多かったので当たり

いつもこうだといいのになあ。。。


作る人によって同じメニューも天と地ほど違う、

ひたすらリスキーなオークランドの食事情ですが、


ニッポンのラーメン屋さん、がんばれ







娘danekoのシュレッディド・チキンの麺は、

チキンが古くてダメだったとか。。。



【あのう、ぽちを。。。】


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

なにヨ、猫舌猫舌って、バカにして・・・

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA