danekoの霊感(?_?)

お腹空いた~


と娘danekoが帰ってきた。


朝9時から大学の講義に行ったと思ったら、

11時過ぎにはもう、いったん帰宅


このムスメ、お腹が空くと、家に戻ってくる。


大学までは、徒歩5分。


一日に2~3往復はしているだろう


そのくせ朝出かけるときは、


今日は夕方まで帰ってこないよ。

空き時間は友達と勉強するから 



などといって出て行くのだが、

だいたいはアテにならない。


「なんか食べに行こうヨ~」


と叫んでいるが、

まだ午前11時過ぎである。


まだオープンしていない店が多いではないか。。。

そのくせ午後1時には大学に戻らなければないと。


こんなとき、danekoたちは行きつけの、

ベジタリアン・タイ料理 徒歩3分へ行く。





11時半オープンです(^^)v

お恥ずかしながら、一番乗り。


ここのなんちゃってヘルシーな感じが、

娘danekoのお気に入り


danekoもまあ、食べれるものが無いでもない



いつものメニューを注文して、

いつもの店員さんに笑われるも、リスクを負うゆとりがないのだ。







むむ、なんだこいつらは


ハンバーガー様なものと、パニーニ様のものを持ち込み、

店に入るなり座って食べ始めたゾ。



大胆な

ドリンクまで持ち込んで、ひどい客だ。。。


と睨んでいたが全然気にしない。


そのうち、焼きそばと炒めものとライスが来た


!!!


なななんと、よく食べるのだ


呆れ返って感心したdaneko、

しかしオーダーすれば持ち込んでよいわけでもない。




さて我々は、





娘danekoが定番のグリーンカリー。


ライス付き♪


13.5ドル。






danekoはいつものスパイシーチキン。 13ドル。


これしか食べるものがないのよね~


チキンはなんちゃってなので、鶏ではないのです。



しかし、食べ始めると、


むむむ???

(?_?)



いつもと違う。

ちょっと違うのではない


うそチキンが、いつものようにカリッとしていないのだ


タレも、ゆるく甘く、スパイシー感が足りない。


素材の大豆の臭いがして、イケてないベジ料理になっている。

なんだこれ、食べれないゾ

と、お持ち帰りもせず残す。


ムスメは明日の朝食用にカレーをお持ち帰り


お会計の時、一応言っておく。


「今日はなんだかいつもと全然違ってたよ」 と。


「チキンが全然クリスピーじゃないし、火入れも良くない感じ」


おねーちゃんは、


「オーダー間違いかな。この○○番をたのんだのでは?」


と、メニューを指さして真剣に対応してくれるが、

オーダーは間違っていなかった。


「ごめんなさい。シェフに言っておくね」


というので、


「OK。また今度食べてみるから」


と答えると、


「今日はいつもと違うシェフなのよね。。。」


とのひとこと。


danekoの霊感、いや舌は前情報なしに、

いつものシェフの不在を感じ取っていたのか


ちなみにこういうのは、娘danekoはほとんどわからない。


若いのに、舌がもう歳取ってるのかな・・・


おねーちゃんに罪はないとニコニコしていたが、

danekoは3分の1も食べれなかったので、

大不満足で店を出た


こういう時のdanekoは、ものすごく機嫌が悪いので、

ムスメも気配を察して恐れおののいたのか、

テイクアウェイの容器を持って、そそくさと戻っていった


(そういう霊感はあるのだな。。。)


それにしても、霊感舌など何の役にも立たない。

なんでも美味しく食べられる人が羨ましい。


気分転換にクルマを出し、

フリーマンズ・ベイのニューワールドに行ってみると、





なんと!!


あのチョコレートミルクが、


ストックの山だ!!






見よ、棚にもまだ相当残っている・・・


大人気に気を良くして工場のラインを増やし、

供給が需要に追いついたと思ったらこのていたらく。


2度と買わないモノ(^_^;)


↑のdanekoの記事のように、

2度と買わないって人も多いのではないか


(だいたいムダに高いよね。。)


おホホホホ~!!


っと、溜飲を下げ、

機嫌を直してシティに戻ったdanekoであった


ちゃんちゃん(完)



【しろねこにぽちを】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

フン、霊感舌。。。気持ち悪いワね

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA