daneko大注目!マールボロ生産者のクローズドなワインの試飲会へ

foxes island 201906 wine


週末は、ニュージーランドワインの試飲会があった。


NZワインの試飲会



その試飲会は既存のお客さん対象で、

今回はSNSなどでは出ていなかったような。


それもそのはず。

とっておきのLibrary Stockを出すというのだ。


ライブラリー・ストックとは、

ワインの場合、「昔の(価値のある)在庫」みたいなイメージかな。


ニュージーランドワインの年数を経たものは、

ほとんどマーケットに登場しないので、

ある意味とても貴重なのである(ー_ー)!!


フォックス・アイランド・ワイン



Foxes Islandはマールボロ地区にある生産者。

だけど、オークランドにサロン&オフィスを持ってるのだ。


場所は、ポンソンビーにほど近いグレイ・リン地区。

danekoはたまにお邪魔して、ワインを飲ませてもらう。


今回は特に、

バックビンテージ(古い生産年)のワインが飲めると聞いて、

張り切って出かけた♬


foxes island 201906 wine
フォックス・アイランド・シャルドネ 2013


収穫から5年以上経っているのに、

まだまだフレッシュ。


この後出してくれたシャルドネ2008は更によかった。

なんか、この日の試飲会は決算総ざらえ(?_?)


これまでの試飲で1番大盤振る舞いだった感じ。

あ、試飲は無料でしたよ〜(^^)v



ワインイベントに呼ばれるためには?



Foxes Islandの会員さんが招待される、

クローズドなこのイベント。


ワイン好きで興味ある人は、Foxes Islandで検索して、

メール会員になっておくといいかもですね(^^)v


danekoは会員じゃないけど、

Kellyがいつも案内メールを送ってくれるので、

日程が合う時には参加しています♬


その他のワイナリーでもだいたい同じだけど、


メール会員になる以外に有効なのは、


1. 生産地のセラードア(試飲コーナー)で買って、名前やメールアドレスを登録するとか、

2. 現地に行くヒマがないなら、ワイントピアなどのイベントに行って、ワインを買って、メールを登録しておく。




3. 生産者のサイトから直接ワインを買うと自動的に登録される。


1〜3のどれかをしておくと、

高い確率でワイナリーから直接お知らせが届くようになる。


セールの時などに買っておくと、そのうちに大事な客と思われ、リリーズ時のイベントや、パーティなどの招待が届く。

というような流れかな。


会員になれば、必ずイベントに招かれるのだけど、

会員になると年間に12本買わなきゃいけないとか、

縛りがあるのでdanekoは今はならないようにしている。


12本ならいいかな?って思っても、



自分の好きなものだけ買えるわけじゃなかったりするし(^_^;)


ワインもなかなか、売りたい側と買いたい側のマッチングが難しいところ。


特に、外れ年のワインは誰も買いたくないけれど、

生産者側は売れない時こそ常連顧客に助けてほしいだろうしね。。


foxes island 201906 kimono bottle
今回のお宝画像。


飾ってあったワインボトルを拝借。

danekoの友人プロデュースの、

キモノボトルカバーを着せてみました♬


クールジャパンお土産大賞を受賞してる、

モロ外人受けしそうなボトルカバー。

ニュージーランドに初上陸です(#^^#)


アクセス



Foxes Island Wine

15c Williamson Ave, Grey Lynn, Auckland
☎ 09 378 1369




【しろねこに、イイね!ぽちを♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

食えないワインの記事、迷惑だワ(-_-メ)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA