NZ不動産バブル崩壊(・。・;??

昨日、少し晴れ間が見えたので

こちら在住の友人家族と、ビーチまでドライブしたとき、


ふと思い出して、


「そうそう、この近くに、オークランドのミリオネア通りってのがあるんだよ」

というと、すごく行ってみたいという

こちらの高額住宅は、ミリオン・ドル以上するものなので、

超高級住宅街をたとえて付いた名なのだろう



それで、海沿いの道から坂を登っていくと、








ありました、ありました

それぞれの趣向を凝らした邸宅が








海と市街地を一望する高台。

さぞ、土地代が高いのだろうな。。。




・・・と、ところが、友人が、

「ちょっとdaneko、FOR SALEの看板だらけじゃない??」

というではないか


うむむむむ。。。

確かに。この前8月に連れてきてもらった時には、

もっと活気があり、人の気配を感じたのだが、

どうしたことか







たしかに、ウリの看板が出ている






  ここも、売りだ。。


いまや、空き家が増え、植栽は手入れをする人もなく、

住む人を失った邸宅たちは、

寂しそうにすすけているではないか





もしかして、

昨年、2011年の8月ごろ、

中国の不動産バブルが天井を打ったと、

これは確かな情報筋から聞いていたのだが、

その中国バブル崩壊の影響だろうか


ここ近年、NZの不動産バブルを引っ張ってきたのは

明らかにチャイナ・マネーであり、

その前は中近東マネーであったが、

どちらも元気を失ってしまったのか。。。


一般に、

オークランドの不動産は売りがたくさん出ている時期のほうが、

市場が活況だとは云う。

でも、このミリオネア通りの売り物件の山は、

そういう感じではない 、不穏な雰囲気・・・



明らかに、一夜にして? 投資金が逆回転を始め、

大邸宅を放り出し、

ほうほうの体で夜逃げしちゃいました的な、

不穏な何かを、超高級邸宅群が訴えているのだ




でも友人は、

「わああ~、おカネが紙くずになったらどないしよ~!!」

と慌てていた。。 (大阪人)


danekoも、

これは当分NZの不動産は様子見かな・・

と、思ったが、


なにせ、たまたまってことも、あるかもしれない

danekoと友人の直感が間違っているかもしれない。




で、もう少し調べよう、

裏を取ろう、決めたのであった(ー_ー)!!

関連記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA