「死」に近づいていたdaneko・・!?

さあ、

成田空港でビョーニン・カミングアウトして、

無事、福岡に到着したdaneko。


ひとつ前の記事は、こちらです。

ビョーニンでっす♪ 成田空港にて。。

しかしながら、

復路15時間・2便のフライト

思った以上に疲れるものだ。

翌日、

さっそく電話して

神業マッサージ師のところへ行く。

「こんにちは~」

と言って入ってきたdanekoを見て、

神業氏の表情は

「おや?」

といぶかしげであった。。

ああ・・

日本を発つ直前と比べ

思うように良くなっていないのだろう。

それに加え

計15時間のヒコーキの旅である。

「danekoさん、顔色が冴えませんね

血行が悪い」

と言われてしまった。

左の腕から

さするように血流を促していくのだが、

その力が随分と弱く

カラダの調子は悪いのだろう。。。

おまけに今回は

腰が鉄板のように固くなっていて、

神業氏が驚くほどだった。

冬のニュージーランドで

冷たいトイレに通いながら

冷えてしまっていたのだろう(T_T)

「食べないといけません」

食べるとお腹が痛くなったり

時には吐き気がしたりすると訴えると、

「吐いてもいいから、とにかく食べないと」

とのお達しだ。

オークランドにいる間、

朝少し果物やジュースなどを飲み、

娘danekoが心配して

昼間にも食べるようにと用意してくれた

お粥やサラダや前日の残り物など。

食べようと思いながら

睡眠不足とお腹イタで、

朝寝をしたり昼寝をしたり

気がつけば、日が落ちかけて、

夕方が近づいている。

しまった、何も食べてない・・

と思いつつ、

娘danekoが帰ってくる午後6時まで

結果的に

水分以外に口に入れないことも多かった。

そんな生活が災いして

オナカの痛みがぶり返すのだという。。

「食べたくない、食べたくないで

自分勝手な自我に流されれば

病魔はdanekoさんの身体の中で喜んで

死の方へ引っ張ろうとするもんです」

え〜!! 死??

「そうです。食べずにいれば

死に近づいて行くとです」

そんな深刻なものと思わなかった。。

やっぱ、食欲が無いからって

甘えてないで食べなくっちゃね。

それにしても、

食べることが最大の趣味だったdanekoが

この2ヶ月、食べることに

一切の興味を失ってしまっているとは。

ビョーキってすごいもんだなあ。。。

それにしても、

お腹イタと体調不良で

このまま死んでいくのはやっぱイヤだ(T_T)

だけどやっぱり帰ってきてよかった。

冬のオークランドで

自分のカラダを診てくれるヒトもなく、

食べたいものも手に入らないまま

死に近づいていたかもしれないdaneko。

そして神業氏は

「たとえ調子が悪くても

できるだけ自分で作って食べるように」

と手作りのさつまいものローストをくれた。

皮付きのさつまいもを5ミリほどの輪切りにし

フライパンでオリーブオイルで両面焼いただけのもの。

パックに入れてあり、ほんのり温かい。

danekoのために作ってくれたものらしい。

ありがたい(T_T)

よし、カラダが良くなったら

何か作るんじゃなくて、

今日今晩から野菜を買って

温かい料理を作ろうと

今さらながら決心したのであった。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA