ビョーニンでっす♪ 成田空港にて。。

danekoのニッポンの拠点は

地方都市の福岡市なので

成田からは乗り継ぎ便である。

これがなかなかまたキツい(T_T)

だいたい、

ヒコーキから入国審査まで

遠くないですか??

荷物持って、延々と歩くのツラい(T_T)

danekoは母子3人が

クルマに乗せてもらっているのを見て

羨ましくなった。

今回はビョーキあがりなのだから

アシスタンスを頼んでおけばよかったのだ。

ふうふう。。。

入国管理を終え

午後5時前にやっと荷物をピックアップ。

国内線乗り継ぎへゆく。

ANAアライバル・ラウンジで

シャワーでもと思ったが、

あいにくと満室で、しかも

4人待ちだって・・・

あきらめて、荷物を持って

乗り継ぎエリアへと歩く。

これがまた、けっこう距離があるのである。

福岡行きの搭乗口Gは

もうバスへの乗車が始まっていた。

ずら〜っと並んでいる人たちの動きが止まる。

どうやら

一台目のバスはもう出発し

2台目を待っているらしい。

danekoは

ボストンバッグを肩にかけ、

ラップトップと

ショルダーバッグをもうひとつ持っていた。

これらを持ったまま

列に並んでいるのはキツい・・

お腹がじんじんじわじわ

痛くなってくるゾ・・・

しかも、

この列の長さでは今から並んだとて、

バスで座れるはずもなく

荷物を持って立つことになる(T_T)

バスもけっこう揺れるしね〜

と、danekoは考え、

バスに一番最後に乗ろうと思った

そうすれば

一番最後の客をバスの中で待たなくて良い。

荷物を抱えているにしろ

最小限の立ち時間で飛行機に着く。

danekoはANAの搭乗カウンターに行った。

だ: あの〜

係のおにーさんが振り向く

お: はい、いかがしましたでしょうか?

だ:あの〜、実は私、

腹膜炎が治りきってなくて

荷物を持ったまま

長い時間立っているのはキツいんです。

それで、バスに一番最後に乗りたいので

バスの出発直前に

お声かけ頂きたいんです。

このすぐそばに座っていますので・・・

お: そうでしたか。

お座りになっていれば

だいじょうぶなのでしょうか?

だ: はい。座っていれば。。

お: でしたら、どうぞ

一番最初にお乗りください。

だ: ええっ、だってこんなに並んでいるのに・・

お: だいじょうぶでございます。

まもなくバスに乗車開始となります。

ご準備してこちらでお待ち下さい。

なんと、

一見健康体のdanekoが、

なみいる乗客を押しのけて

最初に乗っていいと言う。

ちょっとポカ〜ンとしていると

ANAのおにーさんは

一番前の方の乗客に声をかけた。

お: おひとり先に乗車されます。

ドアの前をお開けください。

並んでいる乗客たちは

danekoの方をちらっと見る。

「なぜこの女が先に行くのだろう・・」

といぶかっているようだ(-_-;)

車いすでもないし、杖もついてない

は、恥ずかしい・・

しかし、さすが日本人

何も言わずに一番前を開けてくれた。

お: どうぞ、お進みください。

とおにーさんはdanekoをうながす。

danekoは恥ずかしいので下を向き

ゆっくりとバスへと歩いた。

早く歩けないのよ(T_T)

ああ、でもよかった。

ビョーニンだってカミングアウトしたから、

バスに一番乗りできて

荷物も置きやすい席にすわれたゾ(^^)v

味をしめたdanekoは

機内に座ってからも、

スッチーさんにビョーキであることを告げ

毛布を余分にもらったり、

荷物を上げ下ろししてもらったり

ずいぶんラクに過ごせた。

元気なフリをすると

後でまたこたえるからね〜(^_^;)

それにしても、成田空港に着いて

ANA Arrival Loungeの

トイレに座った時、

その温かさと、清潔さと

ウォシュレットや音姫に感激!

ニッポンありがたいよう(T_T)

ビョーキも完治しそうな予感。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA