夢の中の父親・続編

danekoの父親は

ものすごく食べることが好きだった。

特に飲み込みが悪くなって

ふつうのご飯が食べれなくなってからは

いつもいつも

食べ物のことばかり言っていた。

そんな父親が

また夢に出てきた。。。

朝、父親がdanekoを起こす。

ちらし寿司を作ってくれというのだ。

ハイハイ。

(朝っぱらからちらし寿司かよ?)

だいたいdanekoはこのワガママ老人に、

逆らわないようにしてきたが、

死後もその路線である。。

めんどうだから笑

そして、夢の中だというのに、

ご飯にはタイマーが掛かっていて

あと5分で炊けるとある。

はたして、前の晩から

ちらし寿司は既定路線だったのであろう。。

「パパ、まだご飯炊けてないよ」

と声をかけると、

父親はちょっと恥ずかしそうに

「早く起こしちゃったね・・」

と申し訳なさそうにしたのであった。

いや、danekoはトイレにいくから、

ちょっと早めに起きても構わない。

トイレ、トイレ、と。

なかなか良くならない腹膜炎を

夢の中にまで引きずっていて哀しかった(泣)

で、

シティのジャパン・マートで買ってきた

すし太郎  5.20ドル

セールである。

在庫限りよ、急げ~♪♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA