オークランドカフェめぐり・相変わらず大人気のコーヒー屋さん

coffee lab 202106 flat white


前回訪問から、2年あまり。


2度と行くことはない(ー_ー)!!

などとぬかしていたのに、意志薄弱。。


2021年、オークランドの人気カフェってどんな感じ?

という方のために書きました。


でもこちら、

お洒落系じゃなく、質実剛健系かな。


Coffee Lab



ノースはワイラウあたり。

高速にのって飛ばせば、シティ側からも遠くない。


danekoの家からは25分ほどです。

ナビは22分で着くと言ってるが、

信号待ちやら何やらありますからね。




coffee lab 202106 exterior
こんな外観。ね、

お洒落カフェ・・ではない(^_^;)


今回はノース在住の友人とのキャッチアップで、

この辺りが中間地点としてよかったのだ。


店の前の駐車場は混んでいて、

店の裏側まで停めに行った。


前回の記事、ありますよ。



あのときはもう、フードの高さに驚き、

2度目の訪問は無いと誓ったのだが、


人間、時が経てば忘れるもの。

またフラフラとCoffee Labに来てしまった。


席がない!!



その日、同行者と待ち合わせ、入店したものの、

daneko
席がないゾ!!!



見回せど、見回せど、空席がない。

驚くほどの繁盛ぶりである。


まだ午前11時を回ったばかりであったが、

早くも人々はランチらしきものを食べている。


そして、ニュージーランドのお定まり、

ランチ代わりにマフィンやケーキなどを食べる人たちも。


ああ〜変わらないなあ。

NZの人々は変わらずカフェが大好きなのだ。


レストランなどには行かず、

カフェで中途半端に散財するパターン。


いえいえ、けっこう使ってると思いますよ。

こんな空間で(^_^;)


ちょっとした温かい料理を頼み、

コーヒーをつければ30ドルは超えていく。


danekoはそれが許せなかった。

カフェに来るとケチになるのである(ー_ー)!!


しかし席がないので仕方なく、

大テーブルに座り、テーブルが空くのを待った。


大テーブルでハイチェアに座り、

足をブラブラさせながらランチするのは、

あまり気が進まなかったのだ。


ま、おひとりさまならそれもいいんですけどね。


同行者とちょっとおしゃべりしているうちに、

「ここが空くよ!」

と声をかけてくれたお客さんが!


いや〜親切ですよね。

日本人なら黙って仏頂面で去るのみ。


こういう、

ちょっとした親切がうれしいニュージーランド生活。


danekoたちは、いい感じのテーブル席に移った。

二人掛けだから、形見の狭い思いをしなくて済む。




coffee lab 202106 cabinet
キャビネットフードものぞき込む。

なんか、いろいろ種類豊富になっていた。


キャビネットにカラーペンで書き込むお約束、

まだ健在だったんですね(^_^;)



coffee lab 201907 cabinet food
前回は、これですから。

やはり、比べると進化しているCoffee Labである。


注文はテーブルでOK



前回来た時にはたしか、

レジで注文しておカネを支払った。


今回は、レジに行こうとしたら、

テーブルに来てくれるという。

この忙しさで、後会計できるんでしょうか


と同行者が不安の声を漏らした。


たしかに、ふらっと出ていってもわからなそう。

だが、このノース・エリアのカフェなんか、


地元の常連客だらけなのだ。

食い逃げ犯はすぐ捕まるんじゃないかな。


いやその前に、食い逃げしようなんて、

キウィの人々は考えないのかもしれない。。


どこの誰とか、すぐに分かりそうな空間である。


danekoはじっくりと、メニューを見渡した。

もう、前回のようにプライスを見て驚いたりはしない。


が、食指の動くフードメニューは少ない。

どこのカフェでもそうなのだ。


かといって、キャビネットフードはちょっと。

温めたサンドイッチが欲しい日もあるけど、

NZのサンドは嫌いなものが入っていたりする。


アボカドがいいかな?とも思ったけど、

以前、タカプナのカフェでの苦い経験が蘇った。



やはり、アレだ。アレしか無い。


ワンパターンだとののしられようとも、

danekoはまた、以前と同じメニューを頼んだ。




coffee lab 202106 eggs
えっへっへ。 Eggs 12ドル。


卵2個をお好みで調理してくれるこのメニュー、

意外と好みなんである(^_^;)


フライドエッグの、サニー・サイド・アップ。

ま、目玉焼きですが。


目玉焼きの裏はカリカリで、いい感じ。

サワドゥーも以前より美味しくなっていた。




coffee lab 201907 eggs
ね、こっちよりパンが本格的である。

それに・・・


2019年から、値上がりしてないではないか!!

これは驚き(@_@)


ニュージーランドの最低時給上げ政策で、

すべてのものが値上がりしていると思っていたのだ。


メニューを見て価格にに驚かなかったのは、

2年前と同価格だったからかもしれない。。




coffee lab 202106 avocado
同行者のアボカド・ブルスケッタ。

17ドル、だったかな。


色合いが美しい。

お味もGOODだったそうである。




coffee lab 202106 avocado2
なんか、今風な盛り付けになってるなあ。


店構えはちっとも変わってないけれど、

お料理のオシャレ度はアップしている。


コーヒーのことはわからないけど・・



daneko、

相変わらずコーヒーには詳しくないので、



coffee lab 202106 flat white
これが、いいのかどうなのか、とかわからない。

だが、美味しいとは思う、

いつものフラットホワイトである。


だいたいカフェでは、

これかラテしか飲まないなあ。


特にこのところ、

コーヒーをミロに置き換えていたから、



coffee lab 202106 coffee
久しぶりの本格的なコーヒーであった。


レギュラーサイズのコーヒーと、

卵料理で17ドル。


これなら大満足だ。

フードコート並みのお値段である。

(そこ比べる?)


ごちそうさま、Coffee Lab。

これなら、また来ます。


ワイラウでお買い物した帰りかな?

でもきっと、クローズは早いだろうから、

お買い物の前に寄って食べるのがいいな(^q^)


(調べたら、やっぱ午後4時閉店であった)


アクセス



Coffee Lab

15 Silverfield, Wairau Valley, Auckland

☎ 09 444 3131



【しろねこのツッコミにポチを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
daneko、2年経ってもカフェでは大ケチのままネ(-_-)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA