ニュージーランド隔離ホテル日記Ⅱの9・Day4・またまたPCR検査の結果が来ない!

202105 isolation hotel day4 blue band


Day4=隔離ホテル5日目。

そろそろこの生活にも慣れてくるころ。


ひとつ前の記事を読んでない方は、こちらからどうぞ。


それでは、隔離ホテル日記Day4,はじまりま〜す(^^)


パンケーキで充実の朝ごはん



この日は、午前9時半起床。

よしよし、進歩している。


昨日は午前11時だったからね(ヒドい)



202105 isolation hotel day4 breakfast
おお〜! ベリーがけのパンケーキ。


甘いのじゃないかな?と一瞬ひるんだが、

およ? 

生地も甘すぎないし、ソースも甘酸っぱい!



202105 isolation hotel day4 breaky
窓辺で外の景色を見ながらいただきます♬


ラズベリーコンポートのソースは甘くなく、

生地も甘くないので、NZのパンケーキじゃないみたい!


黄色のアングレーズソースがもうちょっと掛かっていてもいいくらいだった(^o^)


お昼ごはんは超大作!



そして迎えたお昼ごはん。

紙袋を持ち上げると、湯気が感じられる。




202105 isolation hotel day4 lunch pie
ええ〜!! これは!

めっちゃ超大作じゃないの?


できたてのパイである(ー_ー)!!

こんなスゴいものがランチなんですよ。


チキンとマッシュルーム、グリンピースのパイ。




202105 isolation hotel day4 lunch
中には熱々のグレービーソースがたっぷり。


素晴らしい〜! と思ったものの、

う、チキンの質がいまいち微妙。


なんかなあ、血のニオイがするのだ。

血抜きが不十分なために、肉に血が回っている?


残念無念。

こんな素敵なパイ料理なのに。


このホテル、チキン料理を頼んではいけない。

danekoはやっと、パズルが解けたような気がした。


しかし、チキンが駄目となると、

選択肢はより少なくなる。


メインは2つにひとつを選ぶのだ。

もうひとつがカボチャのなんちゃらだったら・・

もうdanekoに食べるものはない(^_^;)


PCR検査の結果は今日来るはず



ごはんは美味しかったものの・・


danekoは部屋に閉じ込められたまま、5日目をすごすことになった。

ヨガマットでストレッチくらいしかできない。


ブルーバンドが欲しいよう。

それが、感染の兆候がない隔離者の証明。。


隔離一日目の検査は、翌日に陰性の返事が来てたのに。

今回は、翌日になってもウンともスンとも。


まさか、Day0で陰性だったのに、

Day3に陽性って、ないよね。

部屋に閉じこもっていたわけだし。。


前回はホテルの中を歩き回れたけど、

今回は厳しく取り締まられている。


感染の可能性は限りなく低いはずであった。


勇気を出してナースに聞いて確かめる



夕方5時前、danekoは決心した。

この不安を明日まで持ち越してはいけない。


白黒ハッキリつけるのだ。

じーこ、じーこ。


いえこんな音はしませんけどね。

レセプションに電話をかけ、ナースチームにつないでもらう。


daneko
あのー、昨日のPCR検査の結果が来ないんだけど

ナース
アラ、部屋番号は?名前は?

今調べるわよ。このまま待っててね


danekoは部屋番号と名前を告げた。

ナースの口調は、当然に結果が来ていることを示唆していた。


だが、電話は保留になったまま、なかなか戻っては来ない。

danekoは心臓がバクバクしてきた。


ナース
えーっとね、どうもまだ2人くらい結果が帰ってきてないのよね

daneko
ええ? ふ、2人だけ?

その2人に、danekoも入っているというのか!

もしかして、再検査? それとも。。

ナース
明日まで待ってみて。

と、ナースは電話を切ろうとした。


悲願のブルーバンド



danekoは急いでさえぎった。

ここで話を終わられては困る(-_-;)

daneko
あの、ブルーバンドはいつもらえるの?

ナース
アラ・・アナタまだもらってなかったのかしら?

ブルーバンドは、Day3の検査が陰性でもらえると思っていたが、

どうやらそうではないのだろうか?

daneko
まだもらってませんよ

ナース
アラごめんなさいね。すぐに持っていかせるわね


え? ブルーバンドもらえるの?

もしかして、もっと前にもらえるはずだった?


検査結果もまだ来てないのに?


と、danekoがキツネにつままれた気分でいると、

さっそく別のナースがバンドを持ってやってきた。


看護師さん
ハイ、ブルーバンドよ。外に出る時は必ずしてね。

マスクも必ずね。

と、何のためらいもなく、ブルーバンドを置いていった。




202105 isolation hotel day4 blue band
・・・チャチ、である。

非常に、安っぽい。


こんなものを、隔離者は皆宝物のように大事にしているのだ。

隔離に関するFacebookグループがあるのだが、


その中に、体調が悪くなったり、

濃厚接触がわかったりして、

ブルーバンドを切られた人たちの嘆きの投稿があった。


それがこんな、ペラッペラのバンドだったとは(^_^;)

なんだかねえ。。


塀の中は一般世間と違う価値観が独り歩きしているのだ。


夕ご飯はパスタ



さあ、ブルーバンドはもらったし、

これで何の心配もない。


いや、結果が来てないのは気になるけど、

もし陽性の疑いがあるんならバンドくれるわけないしね。


とdanekoはとりあえず、

夕ご飯に集中することにした。





202105 isolation hotel day4 dinner
おお、パスタだ。


オレキエッテ(耳たぶ)という名のショートパスタ。

これ、いいんですよ。


アルデンテでなくっても、

時間が経っても美味しく食べれるから。


やっぱこういう隔離ホテルの部屋食には、

ショートパスタがピッタリ。


しかも小ぶりのオレキエッテなら、

ペンネなどよりのびにくいのである(ー_ー)!!




202105 isolation hotel day4 dinner2
わあ〜、美味しい。


今度はチキンも入ってないし。

ベジメニューなのである。


ブロッコリとオレキエッテのジェノベーゼ・ソース和え。

トーストした松の実とパルメザンチーズ。


スルスルと、お腹に入っていく。

香りがいいので、どんどん食べれます。


めずらしく、完食したこの日のディナー。

隔離上半期のベスト1となりました(^^)v


明日はいよいよ部屋の外に出て歩くぞ〜。


【しろねこの出バラにポチを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
フン、そろそろdanekoも出バラの季節ね(*^^)v


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA