ニュージーランド隔離ホテル日記Ⅱの18・Day13・隔離ホテルのアルコール事情と中華マスク

202105 isolation masks2


いよいよ隔離も残すところ、あと1泊。

自分ながら、けっこうがんばった。


本日は、興味ある方もいらっしゃる?

隔離中のアルコール摂取について。


そして、おまけで中華マスク。

ひとつ前の記事はお読みですか?



それでは今日も、danekoとともに、

隔離ホテルの旅へとトリップしましょう(^o^)


え? そんなとこ行きたくないって?

・・・ごもっともです。。


中華マスクの配給を受ける



書き忘れていたんですが、

隔離ホテルへのチェックイン時に、

マスクを渡される。



202105 isolation masks2
こんなブルーのマスク。10枚入り。

嫌な予感がする。


裏を返すと、



202105 isolation masks
ああ〜! やっぱり!

立派な中国製マスクである。


特に中華マスクに偏見を持っているのではないが、

日本にいる同居人が、


同居人
マスクなどどれでも同じだ


と持論を展開し、中華マスクをしていたところ、

鼻や口の周りがかゆくなってかぶれたのだ。


彼の肌は、danekoよりも弱い。

虫に刺されると、赤く腫れ上がるタイプ。


そこで、danekoがエッヘンと、

アイリスオーヤマ日本製のマスクを渡したところ、

たちどころにかゆみは収まった。


という、前例があったのである(ー_ー)!!

マスクもどれも同じではない。


なので最初、danekoは受け取りを拒否した。


・中国製マスクは使わないことにしている。

・日本から十分な枚数のサージカルマスクを持ってきている。


との理由で、突き返したところ、

アーミーのお兄さんは目をパチクリさせ、

それ以上は追求しなかった。


ところが・・・その後のPCR検査の時、

マスクを変えるように言われたのだ。


何でも隔離者は全員、

隔離中は配給のマスクを着用すること


そういう決まりになっているらしい。

danekoは抗ったが、無駄な抵抗であった。


なんだかねえ・・まあ、わかるんですよ。

隔離者のマスクに任せておいては、

バンダナで口を覆うだけなんて人もいますから。


それとか、隔離中ずっと同じマスクとかね(^_^;)


いちおう、サージカル系らしきそのマスク、

これでホテル内感染を防ごうという、

NZ政府の心意気なのである。


マスク忘れ防止策・daneko流



danekoは気が進まなかったが、

規則となれば仕方ない。


幸い部屋の中ではマスクしなくていいのだから、

あとは、ウォーキング時。そして、


ドアを開けて食事をピックアップする時。

ゴミ出しのとき。

ヘルスケアチームが検温と問診に来た時。


一日の累積マスク時間は少ない。

そう思って諦めることにした。


が、ドンドンドン!とノックの音がしても、

マスクを探してマスクを着けて、

ドアを開けるまでに時間がかかる事に気づいた。


特に、

ヘルスケアチームはドア前で張っている(笑)


急いで慌てると、マスクのある場所を忘れる。

で、ちょっとひと工夫。。




nz isolation hotel day13 masks
じゃん!

「お部屋の外にお出かけセット」


実は、ブルーバンドを忘れてしまうこともあったのだ。

部屋の外に出る際には必須も必須のブルーバンド。


しかし、

忘れてウォーキングに行ったことが数回あった。


その時には、部屋番号のチェックだけで、

リストバンドのチェックはなかったけど・・


ブルーバンドも忘れないようにしなければ。

と、いうことで、



nz isolation hotel day13 mask set
ルームキーと一緒にまとめています。

これなら、忘れない。


出かける時には、

・ルームキー
・ブルーバンド
・中華マスク

この3点が必須だから、

一箇所にまとめておけばいいと考えたのだ。

逆に財布などはぜったいに必要ない。。


このあと、忘れることはなくなったし、

検温の際もドア脇にマスクがあるので、

ささっと準備できるようになった(^^)v


マスクは、一日一枚必ず取り替える。

中華マスクはいくらでももらえるから安心。


なにせ、danekoは見たのである。

元宴会場、今はPCR検査場の壁際に、

ドカドカと積み上げられている段ボールを。


相当ストックありましたよ。

製造が2020年4月だって書いてあったから、

昨年チャイナからもらったものではないのかな?


ま、律儀に購入したっていう線もないじゃないけど。

この余りまくり方を見るに、


daneko
どうやらもらった中華マスクが余りまくってるな(-_-)


とdanekoは勝手に解釈したのであった。


隔離ホテルのアルコール事情



「お酒は飲めるんですか?」

との質問も、よくいただいた。


danekoのワイン好きを知っている人たちは、

内心、心配してくれてたのだろう。

ありがたい。


しかし、心配はご無用。

隔離ホテルでのアルコール摂取は、


1. 一日ワイン1本まで
2. 一日ビール6本まで

上記の、1もしくは2が1日のリミット。


十分過ぎる。。(^_^;)


ウイスキーやウォッカなどのスピリッツ類は禁止。


ま、danekoはワインだけでいいのでスピリッツ不要ですけど。


え?

一日にビールもワインも飲みたい場合はって?


それももちろん可能。

つまり、14日間のトータルで考えればよいのだ。


前日に飲まなかったビールが部屋にあれば、

翌日に飲んでいいのだから、楽勝だ。


つまりのところ、ワインなら、

14日間で14本トータルまで飲めるのである。

部屋番号でちゃんと管理してるんでしょうけどね。


酒類の調達方法は?



では、どこでワインやビールを調達するのか?


前回の隔離では、ホテルの飲料リストに乗っているものしか買えなかった。



2〜3日に一回は、ワインを買いにラウンジの場所まで行ってたなあ。。


が、これはけっこうストレスが溜まる。

好きなものがリストにある確率は低く、

選べるオプションはめっちゃ少ない。


もう一つ、市価よりも高い、ホテル値段だということ。

酒屋で16ドルのワインがホテルじゃ45ドルとかね。

これはかなり、哀しかった(T_T)


しかし、今回はルールの変更があったようだ。

ワインもビールも、オンラインで買って良い\(^o^)/


好きなものを納得したお値段で買えるのだ。

これがわかったとき、

danekoは嬉しくて、部屋でジャンプした。


さっそくカウントダウンのウェブサイトに行き、

ちょうどセールになっている中からいいのだけを選んだ。




2021 nz isolation wine day13
じゃじゃ〜ん!この5本に加え、




202105 nz isolation wine day6
大好きな、クメウ・リヴァー

こんなに買ってしまった。


なんでもね、200ドル超えると送料&梱包料がタダ。

danekoはケチなので、

送料とか梱包料とか、食べれないものにおカネをはらいたくないのだ。


一般的な送料は14ドル。

ちょこちょこ買うにはためらうお値段なのである(ー_ー)!!


なので、カウントダウンの通販はこれ一回限り。

Warehouseは5ドルなので、3回ほど頼んだかな。。


酒類はこの6本の他に、

Day3のPCR陰性がわかった日に、

ホテルのシャルドネを頼んでみた。




2021 nz isolation wine makers
が、これは劣化していて飲めないワインだった。


おかしいなあ。。

保存状態が悪いのだろうか?


まあ、このホテル、

ワインの値付けがめちゃ高いので、

誰も買わないんだろうなあ・・


もっと良心的な商売をすればいいのに。

と、欲深なホテルのマネジメントが残念であった。


翌日の出発時間は



danekoのチェックアウトは、

翌日=Day14の正午と決まった。


このチェックアウト時間は本来、

NZ入国時が基準となる。


daneko便は朝7時30分頃にオークランド空港に着いたから、

朝7時30分には隔離ホテルを出られるのだ。


しかし、danekoはそんな朝早く出たくなかった。


できれば、ゆっくりと荷物をまとめたいし。

朝ごはんだって、食べてからにしたい。


それで、電話がかかってきた時に聞いたのだ。

「何時までいていいの?」と。


現金なものだ。

あんなに嫌がっていた隔離ホテルを、

早朝出発することになったとたんに渋るなんて。


でも、danekoは寝ぼけているとたいてい忘れ物をする。

7時半に出発するなら、数時間前には起きないと。


そんなパックツアーみたいな強行軍はイヤだった。


ホテルスタッフは、danekoの質問に、ちょっと間をおいて(考えていたのかも)

「正午までなら居ていいわよ」

と答えた。


よっしゃ!

お昼ごはんは注文してなかったから、

お昼の出発は好都合。


今日から少しずつ片付けなくっちゃ〜(^_^;)

と、少し気ぜわしいモードになる、Day13である。


隔離食最後の日



もう、泣いても笑ってもあと一日。

美味しいご飯が来るだろうか。。



2021 nz isolation meal day13 B
朝ごはん

いつものバージョン。


最後なので、これに、コーヒーを頼んだ。

レギュラーサイズで5$。


しかし、どうみてもラージでしょ!という大きさで来た。


daneko
おや?小さいカップが品切れかな(?_?)


danekoがニュージーランドのオペレーションを考える時は、

ま、こんなものである。


それか、間違ってたくさん作っちゃったとかね。


ラージサイズのラテでお腹いっぱいになってしまったので、

お昼を食べたのは午後2時過ぎ。




2021 nz isolation meal day13 L
お昼ごはん。海老のシーザーサラダ。


これは海老が水っぽいのでレタスも水っぽい部分があった。

最後の日にちょっと残念なランチである。


エビを茹でたら湯切りをちゃんとして欲しいものだ(-_-メ)

そして、アンチョビは相変わらず臭みがあり、

ドレッシングはどう考えても少ない。


未完成品だ。

とdanekoは判断した。


土曜日ですから、メインのシェフは消えているのか。

週末は、魔のオペレーションモードである。




2021 nz isolation meal day13 D
夕ご飯。

バターチキン・カレーでしたよ。


冷めていたので残念!

今週は、ホント温度管理が悪い。


お味は悪くないんですよ。

なにかフルーツの香りがする。チャツネの香り。


ショウガたっぷりで、身体がポカポカしてきた。

そして、ピリ辛で美味しい。


これで適温でサーブされたら嬉しいだろうな。

と、これまた冷めたバスマティ・ライスを食べながら思う。


なんだかんだ、カレーが一番美味しいですね。

そういうものかもしれないけど。


気分を上げるために、

シャンパングラスにペプシMAXを入れて飲んだ。


グラスひとつで飲み物の味は変わりますよ(^_-)


さあ、明日はいよいよ最終日!

隔離ホテルを出発します!


【しろねこにポチ感謝です♡】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
インドカレー、意外と太るワヨ(@^^)/



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA