danekoのNZホテル隔離日記Day3・隔離ホテルのドリンク事情

isolatioin meal 2020 day3 D2



Day2から続いています。

一つ前の記事はこちらをどうぞ(^_-)



朝食のパンメニューがスゴい・・



隔離3日目、

この日もゆっくり朝寝してしまった。

起きると午前10時近い。


daneko
いやいや、まだ時差ボケの身体だし・・


と、自分に言い訳をしつつ、起床。

とらわれの身、特に用事もないのである。。


朝ごはんのノックにも気づかなかったな。

と、ドアを開けると、例の茶色の紙袋はそこにあった。




isolatioin meal 2020 day3 B
う、うっわ〜〜(@_@)

ペイストリーって、本当にペイストリーなんだ!


甘いお菓子パン3連発!

これじゃたまりませんね・・


マリー・アントワネットじゃないから、

朝からこんなお菓子食べれませんよ(^_^;)




isolatioin meal 2020 day3 B2
並べ直して困っているdaneko。

渦巻きバージョンを一口かじってみたが、

やはり、甘い。


サクサクしているというよりは、

アブラでじゅわじゅわしている(^_^;)


スミマセン! 食べれません!

バナナはまだ青いし、これもとっておこう。

と、冷蔵庫の上に置いておく。


カップラーメンは、もうすぐお昼なのでやめておく。

ヨーグルトとオレンジジュース、それと、

インスタントで作るカフェオレがあればいいや。


コーヒーが飲めなくなった!



だが・・・

あいにくと、ミネラルウォーターがない。


最初にお部屋に置いてあった2本は、

もう飲んでしまったのだ。


困っていると冷蔵庫には、ガラス瓶の大きいのがあり、

その中に、水が入っていた。


よしよし、これを飲めばいいな。

と、瓶に書いてあるただし書きを見ると、



水のボトルをいちいち捨てるのは面倒だし、環境にも悪いですね。

なくなったらタップ(水栓)からこのボトルに足して、

水を飲めばゴミも出ませんよ♬


と、自慢気に書いてあったのだ。



daneko
ええ〜、じゃあこれがなくなったら、

水道の水を飲めっていうのか?


と、danekoは不審に思った。

それとも、

洗面台から出る水は、フィルターしてあるのか?


オークランドに、

そんな気の利いたホテルあったかな(?_?)


冷え冷えの水を湯沸かしポットに入れ、

お湯を沸かす。


カップを温めてからいったんお湯を捨て、

インスタントのコーヒーを入れて熱湯を注ぎ、

冷蔵庫の牛乳を好きなだけ足す。


即席カフェオレ・・(^_^;)

でも、ないよりもずっといいのだ。


と、一口飲むと、


daneko
ぐ、ぐえっ!!


と予想外の雑味に驚いた。



daneko
こりゃータダの水道水だ! カルキくさ!



ああ、2020年、南オークランドの水道水は、

かなりのカルキ臭がしているのだった。


終わったな。これでコーヒーが飲めなくなった。

danekoは、ちょっと途方にくれた。


ホテルの売店に行く



お部屋の冷蔵庫には、

牛乳の1リットルパックと、

エコ狙いの水道水入りのボトルしかなかった。


コーヒーばかりではない。

これではお茶も飲めないゾ。


と、これからどうするか、しばし考えていた。


ふと見ると、

ドアの隙間に挟まっている封筒に気づく。

中を開けると、今週分のメニューが入っていた。


それと、ホテル内で買えるもののリストも。





isolation hotel 2020 menu
なになに、アルコール類も売ってるって?

えーっと、あ、ワインもある♬


ふむふむ・・と裏を返すと、

裏面には、ソフトドリンクもあった。


danekoは、着替えてマスクをして廊下に出た。

レセプションの隣が、バーコーナーだったはず。

あそこがきっと、隔離時の売店?のはずだ。


広々としたバーエリアは、

椅子とテーブルを撤去しているのだろう。


だが今は、工事のときの三角コーンにロープが張られ、

立ち入り禁止エリアばかり。

雰囲気はもうコロナ最前線である。


ワインを買うには



レジの前に立つと、

スタッフがやって来て、オーダーを取る。


不必要な会話は、もうない。

ニュージーランドのサービスパーソンが好きな、

あの、「なんちゃらかんちゃら」な会話もなく、


danekoは淡々とワインと水を注文し、

カードで支払いをした。


チェックアウトのときに、

まとめて支払うことはできないようだった。


2週間ものあいだ、好きなだけ買っておいて、

ホテルを出るときに、

「そんなにたくさん、払えないよ」

なんていう輩がいるのであろうか。


お水は、600ミリリットルが 2ドル。

1.5リットルが、4ドルであった。


ちぇ、高いなあ。。

ワインに至っては、ボトルが50ドルであった(-_-メ)


もちょっと安いワインもあったけど、

銘柄がわからない。


Wine of the Week だって。

きっと安ワインに違いない。


なんて考えていたら、部屋番号を聞かれた。

あれ? この場で払うのに、部屋番号?

と思ったが、アルコールは一日あたりの制限がある。


ワインなら、ボトル一本までである(ー_ー)!!

グラスワインなどはないから、ボトルを買うしかない。



daneko
しかし、一日一本ねえ。。多いなあ(^_^;)



さすがのdanekoも、多過ぎるのではないかと思う。

毎日ワイン一本、空けていいんですか??


部屋に戻ったら、お昼ごはん



ワインと水を抱えて、ホクホク。

部屋に戻ると、また茶色の紙袋。


そう、もうお昼の時間であった。

午後1時過ぎ。




isolatioin meal 2020 day3 L2
シーフードチャウダー。 サラダとブレッド付き。

ドリンクは、コークゼロを頼んでおいた。

昼と夜はドリンクが付いてくるので嬉しい。


もしも油っこいチャウダーだったら、

コークの泡で流そうと思っていたのだ。




isolatioin meal 2020 day3 L
でも、その必要はなかった。


チャウダーはなかなかに、美味しかったし、

何よりも、量が少なかったから(^_^;)


コークゼロは、冷蔵庫行き。

お部屋のちっちゃな冷蔵庫が、

だんだん一杯になっていく。。。




isolation hotel 2020 garden3
昼下がり、お庭でお食事の親子かな。

この日は小春日和で柔らかな日差し。


danekoも、なにかコート類を持っていれば、

外に出てみたかった。


まだ、一度もお庭にすら出ていないのだ。

でも、部屋のほうが安全だよねえ・・


夕食は、フライドライス



さてさて、

買ってきたワインで夕食〜♬




isolatioin meal 2020 day3 D
じゃっじゃじゃ〜ん!

ベジタブル・フライドライスにピノ・ノワール。


合うか合わないか・・不安があったが、




isolatioin meal 2020 day3 D2
味付けが少し甘かったので、

粒胡椒をかけたらいい感じに(^^)v


このピノ・ノワールはちょっとスパイスの香りがある。

なので、胡椒と合ってしまうのですね。


へへ、

隔離生活も楽しくなってきたなあ。


基本、一人でいても退屈しないdanekoである。

それに、ワインがあればなんのその。

2週間位、すぐに過ぎてしまうのかも。。


Day4に続く。


【しろねこに、一日1ポチ】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ぽちが増えると、もらえるエサも増えるのヨ〜♬



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA