オークランド食べ歩き・お値打ち唐揚げ丼の旨い店

bien 202210 spicy karaage don

本日は不動産情報のはずだったが、思ったよりも根が深い記事で、

旅先で仕上げるには時間がなさすぎる(言い訳だ)


チェックアウトタイムが迫っているのだ(^_^;)


で、すみませんが閑話休題・食べ歩きです。


この店は、

旨安ランチに入れてもいいかもしれない


偶然にも入店し、嬉しかった一食。


バイアダクト・ハーバー



その店は、お洒落なバイアダクト・エリアにある。

え? どのくらいお洒落なのかって?



viaduct harbour 202210 view
こんな感じ。

danekoが何気に撮った一枚でも、美しい。


思えばニュージーランド移住前、

移住調査と称してオークランドを訪れ、

たいていバイアダクトのホテルに泊まっていた。


なにね、会員だったので、安く泊まれたのです(^^)v

今は、別系列のホテルチェーンになっている。


オークランドのシティ中心部から、

お散歩くらいの距離ながら、


金持ちのクルーザーが居並ぶマリーナを眺めつつ、

歩く道は気持ちがいい。


あ、クルーザーは法人名義も多いみたいで、

会社のパーティなどがよく開かれている。


びあん バイアダクト



実はちょっとまぎらわしい。


びあん、という店は他にもあるが、

そちらのスペリングは、bianになっている。



bien 202210 exterior
バイアダクトのこちらは、bien である。


たしか以前は同じ、

Bianチェーンだったのような気もするのだが、


ビジネスはコロコロ変わる、ニュージーランド。


売買の際に看板も受け継ぐかどうかで、

店名を受け継がずに独立系でと決めたのかもしれない。


この日、danekoはなぜかバイアダクトに泊まっており、

朝ごはんがグレープフルーツジュースだけだったので、

お腹が空いていた。



keri juice 202210 grapefruits
これこれ、このジュース。

二日酔い気味の朝に、オススメします。


そう、前の晩はよく飲んだのだ(^_^;)




bien 202210 menu
メニューはこちら。

立ち止まってしげしげと見る。


この時点でまだ入店するかどうかは決めてなかった。

近隣のカフェでもいいかな?と考えていたのだ。


もしくは隣にボラカイ、というレストランがあった。


フィリピンのボラ・カイ島から取ったのだろう名前からして、

トロピカル系料理のレストランらしい。


通り過ぎながら、

daneko
南方系料理、かあ。。


と思ってこちらも入店を迷う。

当たり外れがありそうじゃない?


しかし、

メニューの大半はキウィが好む洋食系のようだった。


洋食系の店舗の方が間違いなく、内装はお洒落。

雰囲気も、そこそこにある。


ひきかえこういう日本食レストランって、

食べ物はなじみがあるから良いのだけど・・


雰囲気が・・いまいち、いや、いま3くらいだもの。

せっかく帰国前の前泊にバイアダクトに泊まったのだ。

それらしい、オシャレなランチもいいなと思っていた。


スパイシーからあげ丼



食べ歩きがミッションなので、

メニューをつぶさに観察していたのだが、



bien 202210 menu
丼ものに、うどん、カレー。


かつ丼というものを食べないので、

食べたいものは、スパイシーチキン丼しかなかった。


しかし、danekoはそれに強烈に惹かれた。

もうすぐ日本出発というタイミングで、


daneko
帰国したら食べれない辛いからあげ丼もいいゾ(^q^)


と、ふらふらと店内に入って行った。


韓国人の女性が感じよく迎えてくれて、

どこに座ってもいいという。


なぜ韓国人とわかったのかって?

それは、奥のキッチンと韓国語でやり取りしていたからだ。


店内は、カウンターと大テーブル、

それに、2名がけと4名がけのテーブルが幾つか。


暗っぽい照明なので、明るい窓際の席に座る。

イートインの客は、3〜4組。


子供連れもいて、ちょうどよいにぎわいだ。


danekoは寿司や天ぷらのキャビネットを通り過ぎ、

レジで Spicy Chicken Don と注文し、支払いもした。

前払い制である$


前に並んでいた女性客は、トレーを取り、

お皿に10カンくらいの寿司と揚げ物を選んで載せている。


それがかなりの量なので、

daneko
お客さん、それ、もはやヘルシーではありませんが。。


と、心の中で余計なお世話を焼いていたのである。


内装は殺風景ながら、店内の雰囲気は悪くない。

席に座って見ていると、


常連らしきお客さんがボツ、ポツと入ってきては、

女性と言葉を交わし、テイクアウェイを受け取って出ていく。


そのお客さんの顔は、一様にシアワセそうで、

ここはもしかして美味しいのではないか、と予測した。


ワオ!これは当たり!



奥のキッチンは見えない作りになっているが、

油で何かを揚げる音がしてきた時、


danekoは「しめた!」と喜んだ。

揚げたての唐揚げが出てくるのではないか。



bien 202210 karaage don
じゃじゃ〜ん!


スパイシー・チキン丼。 17.5ドル。

今やこのお値段は旨安ランクと言えるでしょうね。


揚げたてのチキンが、食べやすい大きさに切ってある。

ちょっとした心遣いが嬉しい(^o^)


左横のお椀は、danekoが断った、店のドンブリのタレ。

「タレ無しで」とお願いしていたのであるが、

親切にも、別添えで持ってきてくれた。


daneko、丼のたれは基本要らないのである(ー_ー)!!

え?そんなの丼モノとして不完全なんじゃないかって?


う〜む、確かにおっしゃるとおり。


だが、タレでペシャっとした甘辛いご飯は苦手。

だから日本で丼ものを食べることはめったに無い。




bien 202210 spicy karaage don2
この、多過ぎるマヨネーズ。


タレをお断りしたdanekoのことを、

マヨラーだと予想してのことだろうか(@_@)

でも気遣いは嬉しかった。


それに、美味しいのですよ。

カラリと揚がった唐揚げも、ご飯も。


キャベツもたっぷりで、野菜不足解消に良い。


ピリッと辛い韓国系揚げチキン、

量はたっぷりだが、この店のは幾らでも食べれそう。


タレを絡めると、ヤンニョムチキン風になるのかな。

今日本でめっちゃ流行ってますね。ヤンニョム・チキン。


一口食べるごとに、danekoはシアワセになっていった。


それを時折みている女性の表情は優しく、

ゆったりとランチを楽しむ、バイアダクトの昼下がり。


常連さんが、ランチを買いにやって来る。

注文済みで、取りに来るだけの人が多い。


常連の多い日本食なのである。

韓国人経営だけど、美味しいのでちっともかまわない。


それに、韓国人がするジャパニーズにありがちの、

変な日本語もメニューになかった。




常連さんがいっぱい



お客さんとのやり取りを聞いていると、

カツ丼、ソースカツ丼、あたりが人気のようだ。


主要客層は、近隣の工事関係者。

いやはや、バイアダクト近辺も建設ラッシュなのだろう。


danekoが入店したランチタイムの終わり頃には、

スーツ姿のビジネスマンもちらほら、いらっしゃった。


おまけに、

・カツ丼 16.5ドル
・ソースカツ丼 16.5ドル
・みそカツ丼 16.5ドル

と、

なんとdanekoのスパイシーチキン丼より安いのである(-_-;)

いったいどういう値付けをしているのだろう。。


あ、カツはすべてチキンみたいですよ。

その方が、宗教がらみの禁忌を避けられていいですね。


ランチメニュー価格帯は、

うどん 14ドル 〜 サーモン丼 18.5ドルまで。


営業時間はいまのところ、

10:30AM〜4:00PM らしい。


夜はやっていなくて、土日がお休み。

この近辺の工事やオフィスと、バッチリ連動しています。


なかなかナイスなランチ処ではないだろうか。

バイアダクトを友人や家族で散歩した後の、

お手軽ランチにオススメします!


カップルで雰囲気出しておデートなら、

近所のカフェか、ボラカイの方がいいかもね(^_^;)


店からハーバーは見えないので、テイクアウェイして、

ハーバーのベンチ(いっぱいある)でランチもめっちゃ気持ちよさそうだ。


あ、

ランチ泥棒のカモメにはくれぐれもお気をつけて。

どん欲なんですよ〜(-_-メ)


アクセス



Bien Japanese Cuisine

びあん

120 Customs St West, Auckland

☎ 09 307 8026

MAP


【しろねこにポチ感謝です♡】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
スパイシーじゃないスパイシーチキン丼、お願いニャ!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA