ニュージーランド隔離ホテル日記Ⅱの10・Day5・生活感あふれるアメニティをご紹介!

202105 isolation hotel nz day5 breakfast


前回の記事を読んでない方は、こちらからどうぞ。


さあ、隔離ホテル生活も、

いよいよ佳境に入ってきましたよ(^^)/~~~


って、なにが佳境なのかわからないけど。。


ふつうのホテルには無い、隔離アメニティ・グッズ



チェックインした日におや?っと思った、

隔離ホテルの充実した?アメニティ。


いや、前回の隔離のときも、

フキンやオールマイティの洗剤などはあった。


しかし、今回はさらに充実。




202105 isolation hotel amenity
じゃっじゃじゃ〜ん!!


上から、

・食器用洗剤
・食器洗い用スポンジ
・除菌ウェットティッシュ
・各種ポリ袋

そして、透明ガムテープ。

daneko
なぜ、透明ガムテープのサービスなんか?

ホテルを出るときの梱包用かな(?_?)

などと思ったdanekoであったが、

その後、ホテルの隔離者用マニュアルを読んでわかった。


各種ポリ袋、3種類を使う時に、

その口をきっちりテープで封印しなければいけない。


もちろん、コロナウィルスが漏れないようにだ。

漏れたウィルスで、ホテルスタッフが感染したのだろうか?



お部屋の中で、Gを見る



クロの大きなビニールは、ゴミ袋。


前回の隔離では、

茶色の紙袋にゴミを入れて出せたけど、

今回は黒い袋がかなり大きい。


これは、出せても一日一度だな・・(-_-;)


え?一日一度で十分だろうって?

まあ、ふつうならば十分なのですが、


この頃、danekoは部屋でGを見たのである!!!


ふと、デスクの上を黒い影のようなものが横切った。

気のせいかとも思ったのだが、


端のメモ紙をどけると、小さなゴキがいた(@_@)

1.5センチくらい。

実はニュージーランドでGを見たのは初めて。


これまでは、それなりに幸せな清潔な日々だったのだ。

daneko
隔離ホテルって、実は不潔なんじゃない?

と、衛生状態が信じられなくなったdaneko、

食事をしたらゴミはすぐに出したいところであった。


あ〜やだやだ。

徹底的に掃除機をかけたい気分。


もうちょっとしたら、掃除機を頼んでみよう。

と、この時は検査結果が返って来てないのであきらめたのだった。


白い袋と透明な袋



黒いゴミ袋が一番大きく、

白い袋が中くらい。

透明な袋が、スーパーのレジ袋くらい。


白い袋はリネン袋。

1日一回、夕方4時半までに出す。


透明な袋は、ランドリー袋。

一日2回、朝と夕方に出せる。


10アイテムまで、25ドル。

最初の一回のみタダである(^_^;)


どうも外部の業者に頼むらしいが、

NZのクリーニングのレベルは疑問に値する。


ああ〜、前のホテルなら、

ランドリースペースを使わせてくれたのに。

自分で好きなように洗いたいよう。。(T_T)


洗濯にこだわりのあるdanekoは不安だった。

ランドリーの件はまた後日の投稿にて詳しくね。


PCR検査、結果が来た!



お昼過ぎ、スマホのテキスト音がした。


何だなんだと見ると、

一昨日の検査の結果であった。


もう、来ないのかと思って半分あきらめていた。

隔離生活はあきらめが良くなりますよ。

(出ればまた元のもくあみだけど)


negative だって。ホッとした。

これでもう、大手を振って部屋の外を歩けるゾ。


明日はウォーキングエリアに行ってみようかな。

でもこのホテル、庭という庭は無さそうなのだが。


お昼ごはんは抜き



この日、danekoはランチを頼み忘れていた。

きっと、迷っているうちにチェックし忘れたのだ。


豚肉入りのスープ焼売に興味があったのだが・・

ま、NZの豚肉だから勝率はよくないかも(^_^;)


なので、朝食と夕食の間が空いて、

いろいろなことがはかどった。


そう、夢中になってブログなど書いていると、

ピンポーン! と遮られてランチが来る。


ドアの外に放って置いてもかまわないのだが、

温かい料理だと、すぐに食べなければまずくなる。


電子レンジなどお部屋にないからね(-_-メ)

そして、食べる前には写真を撮らなければ。


写真を撮るためには、冷蔵庫の上を片付ける。

ときおり、グラス類や食べ残しがあるからだ。


何だかんだと慌ただしい。


それが、ランチ抜きだと楽でいい。

おこもり生活で、特にお腹も空かないしね。


daneko
よし! 来週は美味しそうなメニューのときだけ頼もうっと

と、この時に決めたのであった。


朝ごはんのソーセージに当たり外れが



この日はソーセージの朝食を頼んでいた。


実はdaneko、

朝食にソーセージって好きなのである。


家では食べることはないけれど、

ホテルに泊まると食べたりする。


特に朝食のおかずに目ぼしいものがない場合、

白いご飯と一緒にソーセージを食べる。


温かいご飯にソーセージ。

これ、結構イケるんですよ。



202105 isolation hotel nz day5 breakfast
しかし、この日の朝のソーセージはまずかった。


なぜだ(?_?)

チョリソの時はよかったのになあ・・


目玉焼きは大丈夫。

白身の端っこがカリカリっとしていて好き。


ええ、冷めてはいるんですけどね。


いつも、danekoが冷めた料理を食べないので、

同居人
贅沢だな(~_~メ)

とムカついている、日本の同居人。


隔離中のdanekoを見たらびっくり仰天であろう・・

そう、人は環境に順応するのだ。


夕ご飯はバーベキュー



メニューによると、夕ごはんは、

バーベキュー・フライデイ

とあった。


そっか、世間は金曜日なのである。

隔離者には単なる一日だけど。


が、ホテルはこの日を特別なものとしていた。




202105 isolation hotel nz day5 wine
まず、ワインが来た。


紙コップに入っていてちょっと驚いたけど。

もちろん、フタはしてあって、


食事はもうすぐ来ますよ

てなメッセージが。


なんか、気が効いてますね。

danekoはピノ・ノワールを頼んでいたが、


他の部屋の人も、それぞれにおまけのワインを飲みつつ、

BBQを心待ちにしていたであろう(^o^)




202105 isolation hotel nz day5 wine2
ワイングラスに移しました。


これで、気分出たぞ〜♪と喜んだものの、

うう、飲めないピノであった。


劣化しているのではない。

danekoの好みのピノではない(-_-;)


ガッカリして、自分のシャルドネを開けた。

(なんだ、持ってるんじゃないか)





202105 isolation hotel nz day5 dinner
来た! バーベキュー。


BBQというより、チキン&チップスです。

フライドポテトが美味しそう♬


実際に、カリカリっで美味しいポテトであった。

チキンはというと・・


ちょっと火の通り過ぎな感じはあるが、

味は良い。

レモンハーブ・チキン。


塩の下味が効いている。

もっとグレービーソースがあってもよかった。


とにかく、熱々なのが素晴らしい。

厨房から出てきたものを、速攻で運んできてくれる。


それが、何よりのサービスであった。


フライにはアイオリ(NZのマヨネーズ)が付いていて、

ひさびさにアイオリを味わってうれしかった。


やっぱ、美味しい食事が一番ですよ(^^)v


【しろねこにも応援ポチを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
NZのホテルって、ウォシュレットないんじゃない(?_?)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA