オークランド食べ歩き・あったかお鍋を手軽に食べれる百味餃子

barilla dumplings 201906 酸菜白肉


ふうう〜、寒いですね。オークランド。


今年はいつもより寒くなるのが早いとか、

知人シェフが言っていたけど。。


日本から戻ったばかりのdanekoにはツラい(T_T)

で、本日は温かいお鍋の外食をご案内。


もちろん、プチプライスですよ(^_-)


百味餃子・本店でも2号店でもOK



さあさあ、danekoのオススメお鍋。

餃子で有名なドミニオン・ロードのあのお店。


百味餃子で出していますよ。

バルモラル地区の本店でも、

マウントイデンの2号店でも出してます。


本記事では、


barilla dumplings 201906 sign
マウントイデンの2号店をご紹介。


え? なぜ本店に行かないのかって?

それは・・


・本店は混んでいる。
・本店はごちゃごちゃしている。
・本店はサービスが悪い。
・本店の周りは駐車場が見つかりにくい。

などなどの、理由があってのことです。


daneko的には、お味そのものを比較すると、

本店の方がこの料理はやや美味しいと思われるのですが。

ま、アクセスいい方についつい行ってしまいますね。。


「酸菜白肉」という鍋料理



この、酸菜白肉という鍋料理。

そもそもは台湾系の料理との記事を見つけたが。


ちょっと意外。

お鍋だから、寒い北方の料理かと思ってた(^_^;)


その後、中華料理に詳しい方が、

酸菜(白菜の漬物)は中国北方のもの。

北方からの移民が台湾で広めたということらしい。

う〜む。。


どんなお鍋なのか、

知らない方のために説明すると、


漬物の白菜のせん切りと豚薄切り肉の鍋

なのである。


スープは色の付いてないあっさりとしたもので、

椎茸や鶏肉、魚介類ベースのこともあるという。


おまけに、たっぷりの春雨入り。

いい感じにお腹にたまります。


barilla dumplings 201906 pickled cabbage hotpot
じゃっじゃ〜ん♬


この2号店は土鍋(キャセロール)で来るけど、

本店では金属製の鍋で出てくる。




どちらもアツアツ。

うっかりお鍋を触らないようご注意くださいね。


白菜の酸味がアクセント。

食欲増進まちがいなし。


豚肉は八角の匂いが効いているので、

八角で下味をつけているのであろう。


苦手な人はお肉をよけて食べましょう。

かなり残念ではあるのだが・・・


辣子鶏(ラーズージー)



danekoも実は八角が苦手。

本店ではここまで八角の臭いがなかったような。


なので、肉が欲しくなって頼んだこの一品。


barilla dumplimgs 201906 spicy Sichuan chicken
辣子鶏


辛い鶏の炒めもの。

かなり辛いのでご注意を。


これは四川の料理である。


こちらの辣子鶏(ラーズージー)は、

ダイスした鶏肉とたっぷりの唐辛子の他に、

玉ねぎや人参をスライスして炒めていたのが珍しかった。


ふつうはこの料理、

鶏肉と唐辛子の他には、にんにくとネギくらいである。


そう、ニュージーランドにいると、

様々な中華料理のアレンジに遭遇する。


ま、言い方を変えれば

「テキトー」ってことなのかも。。。


とはいえ、お味はバッチリでしたよ!

辛いものOKならこちらもオススメ。


〆は揚州炒飯で




この2皿で二人なら、けっこうお腹が一杯になるのだけど。

やっぱ、シメがないと寂しい。


と、いうことで、


〆に揚州炒飯

揚州とは、

上海から、揚子江流域あたりの地方を指すらしい。


本日danekoたちは、

図らずも四川・揚州・台湾(いや北方か)の料理を網羅したゾ。


ま、オークランドの中華料理店。

地域性は出せないってことですね(^_^;)


おおかたの店のメニューは多種多様。

地域料理の店といえども、

特定地域以外の料理が必ず入っているものだ。


barilla dumplimgs 201906 Yangzhou fried rice
揚州炒飯


でも、いいのだ。

チャーハンは、美味しければそれで。


チャーシューの八角がちょっとだけ気になるけど、

パラリと炒められたご飯には、

日本のお米を食べるのとはまた別のシアワセがある。


barilla dumplings 201906 BYO wine
ワインをお持ち込み。


2号店は、なんたってBYOができるのだ。

持ち込み料はちょっと払うけど、かまわない。


今日は中華に合いそうな赤ワインということで、

メルロとカベルネ・ソービニヨンのブレンド。


ホークス・ベイの有名どころ、

チャーチ・ロードの特別版である(^^)v


お持ち帰り自由自在



もちろん、これだけの料理を、

2人で食べ切れたわけではない。


鍋と炒飯の残りはお持ち帰り。

そう、鍋だって平気でテイクアウェイOK。


汁物用のコンテナを持ってきてくれる。


お会計は、しめて66ドル。

節約飯なら、お鍋と白ごはんなどでいかが?


お鍋は25ドルでたっぷり2人分はある。

それと白ごはんなら、

ひとり15ドルで夕食が終わるゾ(ー_ー)!!


ただ、最初にとりあえず鍋だけを注文したとき、

お店のおにーさんから、


「それだけ?」

「一品だけ?」

と数回聞かれたので・・・


鍋だけをシェアするのは、ヒンシュクなのであろうか。

でも、頼んでしまえばこっちの勝ちである(笑)


不景気の昨今、

たとえ一品のお客でもありがたいんじゃないかな?


アクセス



百味餃子
Barilla Dumplings

305 Dominion Rd, Mount Eden, Auckland
☎ 09 623 2855



【しろねこにぽちっとね♬】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

日本猫だから八角は無理ヨ〜(-_-)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA