オークランドのトップレストラン?MASUのワナ(>_<)

 

MASUに来たのは、

これが初めてではない


ランチ1回、ディナー1回来ているから、

これが3回目。


でも、ランチはある方の奢りだったし、


ディナーはそんなに真剣に食べ込まなかったので、

スペシャリテの銀ダラの西京焼きも食べたのに、

お会計は2人で160ドルであったから、

そんなに高いとは思わなかった


つまりこの時まで、MASUのトラップにハマってなかったと言える(^^)v


この日、待ち合わせより早く着いたので、

一度も座ってなかったバーカウンターの止まり木で、

泡でも飲んで待つことにした


バーカウンターはめっちゃ忙しい


ドリンクのリストを見ると、

Aurum というセントラル・オタゴ地区の泡があったので


おねーちゃんに頼んでみた


おねーちゃんは忙しいながらも、


「もし、フラットだったら遠慮なく言ってね。

新しいのと取り替えるから」


と言ってグラスの泡をdanekoに差し出した。


「え?フラット?」


そう言われると、心配になるもので、

danekoはシャンパン・グラスの泡をひと口飲んでみる。


う・・

ちょっと酸味が強い。

泡の勢いも、すこ~しフラット気味ではなかろうか(気のせい?)


というか、ちょっと酸化した風味。


なので、おねーちゃんに、


「少し酸が強いけど、いつ開けたの?」

と聞いてみる


「Yesterday」

と即返が返ってくるが、danekoは、


「そうかな?」と思う


もうちょっと、前のような気もするのだ・・・


目視したボトルには、3分の1強の液体が残っている。


「少し、フラット気味と思うけど」


と告げると、おねーちゃんは、


「OK!  I’ll open a new one」


と嫌な顔もせず、ニューボトルを開けてくれる


そこへ、待ち合わせの友人が到着。


danekoの泡を見て、同じものでいいという


ニューボトルから、2杯グラスで Aurum Sparkling。


友人に、「どう?好み?」と聞けば、

「おいしい!」 との返事だったので、


danekoはおねーちゃんに、

「OK!Thanks!」とサムアップした


いいサービスである。

ケチケチしていない


するとおねーちゃんは、danekoに、


「テーブル予約してるの?」 と聞いてきたので、


「そう、7時半からカウンターで」 と答えると、


danekoの予約名を聞き、

そちらに伝票を回してくれるというので、


「その泡、気に入ったからボトルでもらうね♪」

と、Aurumのボトルを指さした(*^_^*)


もちろん、オネーチャンとしては嬉しい♪


グラスで供するつもりが、ボトルごと引き取ってもらえるのだ。


さて、このケチくさくないサービスに、

ちょっといい気分になってしまったdaneko、


気付かぬうちに、MASUの罠に、かかり始めていたのであった・・・



(あれ、今日はフードメニューまで行きつかなかった(^_^;)



続きは、明日


Aurum のボトル。

シャルドネ種のみの、ブラン・ド・ブラン。


後ろにおねーちゃんが、心霊写真のように浮かび上がっています

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA