オークランドで生パスタと絶品シーフードなら、迷わずこちらへ・Amano(^^)v

amano 201710 scampi pasta

ワイヘキから友人がたずねてきてくれた(^o^)

 

フェリーターミナルからも近いし、

カジュアルなのにお洒落で雰囲気のよいこの店に、

素敵な彼女をぜひ一度、案内したいと思っていた♬

 

Amano

 

Hip Groupという、レストラン&カフェを10店舗ほど展開する、

オークランド最先端の飲食集団。

 

オーナー夫妻はいまや、押しも押されぬ有名人。

なにしろ、あのオルトラーナも、デザートのミルズも、

Hip Group の旗艦店なのである。。(ー_ー)!!

 

 

amano 201710 interior

この日、午後5時半ちょいと前にdanekoひとりで入店。

まだ、カウンターの一番いいトコに席があった(^^)v

 

お、金曜日なのに、ツイてる〜♪ と思ったものの、

最近のオークランド、景気はそんなによくない感じ(-_-;)

 

ま、そうはいっても午後7時には超満員になったのだけど、

以前ははやーい時間帯でも空いてなかったもんね。。

 

やっぱ、オークランドの飲食、前ほど勢いが感じられない。。

 

 

amano 201710 kingfish

Kingfish〜\(^o^)/ 

はい、ヒラマサです。 

 

エラになんかはさんでいますね。 鮮度を保つためかな?

 

このAmano、一本釣りのお魚がウリです。

おサレなインテリアのみならず、食材にもこだわっている。

 

 

amano 201710 mahi ch

最初にイタリアのスパークリングで乾杯したあとは、

ニュージーランドのシャルドネをボトルで。

 

danekoは誰がなんと言おうと、

NZではニュージーランド・ワインを飲むのだ(*^^*)

 

イタリアワインとかフランスワインとか、

日本に帰って飲んだほうが安くて旨いからね(^_-)

 

 

amano 201710 trevally pate

さあさ来ました! 最初の一品。

 

danekoのこちらでの定番、トレバリー(シマアジ)のパテ。

トレバリーがスモークしてあって燻製香がたまらない(T_T)

 

燻製好きのdanekoには、ドはまりの一品。 20ドル。

あ、お魚の種類はときどき変わりますよ〜♪

 

その他、シーフードメニューにはセビーチェとか、

お刺身っぽいものやカルパッチョ風の一品もあるけど、

お魚の種類はほとんど日替わりといっていい。

 

波まかせ、海まかせ・・

 

 

amano 201710 charred lettuce

野菜も摂らなくっちゃ♪ というわけで、

Charred Lettuce 10ドルを一緒に。

 

ジューシーさが充分に残るレタスに、ナッツやひまわりの種がまぶしてあって、

控えめにドレッシングみたいなソースが掛かってるのだけど、

 

それがまた、なんか美味しいな〜と思ってたら、

発酵した乳製品を使ったクリームなんだって。

 

どうりで旨いわけだ。。

 

実はdaneko、発酵・燻製・炭焼き 

という料理ジャンルをこよなく愛する者である。

 

最近はオークランドでも、

こういった調理法がひんぱんに登場するようになり、嬉しい(T_T)

 

 

amano 201710 scampi pasta

さあさあ、生パスタ。

 

アマーノ、で、パースタ(イタリア語ふうに)

それぞれ、「マ」と「パ」にアクセントがくる感じで、どうぞ(^^)

 

実はdaneko、イタリア語を中級まで習ったのだけど、

その後使う機会がなく、フェードアウト(-_-;) 

 

せっかくおカネと時間を掛けてレッスンしたのに、

いまやイタリア人と会話すらできないのだ^^;

 

 

 

amano 201710 interior2

トイレに行く階段の踊り場から、下を見おろすと、

キウィのお客さんがいっぱい、グループで楽しんでいる。

 

Amanoのトイレは、階段を登って2階にある。

欲を言えば、Ladies 専用トイレも作って欲しいものだ。

 

女子専用トイレ、入って座ってホッとするんですよ(^_^;)

共用トイレはいまひとつ、気が抜けない・・

 

 

amano 201710 dessert2

う。。。これは・・ 朝食のシリアル(?_?)(?_?)

 

なわけはなくって、デザートです。

エスプレッソ&マスカポーネ・チーズのトライフル。 14ドル。

 

ま、つまり、ティラミスですね。。

メニュー名、回りくどいです(-_-)

 

えーと、お味は、甘かったデス。。。

素材は悪くないのはわかるけど。

 

 

amano 201710 dessert

こちらは、チョコレートのデザート。 これまた14ドル。

Budino なんちゃらかんちゃら。

 

あ、Budino って、プディングのことね♪

 

Chocolate budino & rhuberb

わざわざ英語とイタリア語を混ぜないで欲しい(-_-メ)

 

それにしても、このデザートも甘いゾ。。。

はっ。。そういえば、このお店、デザートは地雷だったな。

 

地雷のデザートを数回食べて痛めつけられていたというのに、

なぜdanekoは忘れてしまっていたのであろうか。。。

 

こんなことでは、損失出しまくりのトレーダーと一緒だ。

地雷は、記憶せねばならぬ(ー_ー;)

 

NZで売ってる単語帳でも使って、地雷集作っておかないといけないかも。

 

だいたい、Amanoのこと、とっても好きだけれど、

どのメニューもいいわけではない!

 

どんなにいいダンナにも、欠点はあるように、

どんな素敵な店にも、地雷メニューはあるのだ(ー_ー)!!

 

だから、どうぞ皆さま、

danekoがその店を褒めていたからといって、

その店のすべてのメニューが美味しいなんて思わないでねm(_ _)m

 

ニュージーランドにおいては、日本よりもその傾向は強い。

まだまだ、食文化形成の真っ最中ではないかな。

 

それにしても、デザート以外は秀逸だった、Amano。

あ、ワインリストもちょっと微妙かな。。。

 

イタリアワインにこだわると、キウィの店は迷走しやすい。

Baduzzi なんかもそうだけど。

 

イタリアの水のような白ワインを、

ニュージーランドのフレッシュ&フルーティなワインとを並べてはいけないと、

danekoは強く感じる者である。。

 

まあまあ、そんなこんなを差し引いても、

Amanoのフードは、日本人に合うような気がするのだ。

 

朝食やランチの時間帯なら、自家製のパンを買って帰るもよし。

娘danekoのお友達が、ベーカリーで働いているそうで、

 

ベーカリーの閉店後は、

従業員向けにパンがめっちゃ安く売ってもらえるという情報が(^^)v

いいなあ。。。

 

Amano

66-68 Tyler Street, Britomart, Britomart, Auckland

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA