ニュージーランド航空、ビジネスクラスのワイン・ラインナップ最新版

帰国便。。。


日本に帰れるというので

きっと、ときめいている人もいるだろう


だがdanekoにとっては

たまった仕事が待っている

ちょっと気の重いフライトなのだ


ず~っとカラダの調子が悪かったので

ワインも飲む気にならなかったが


今回ひさびさに

機内のワインをいろいろ試してみた


離陸してしばらくすると朝食が出る

オークランド~成田便





danekoの朝食はオムレツ


3択のうちの一つで

あとはワッフルかスクランブル・エッグ


ワッフルはドス甘いのでお断りだ。。


お味はそんなに悪くない


そして夕食は、グアムの上空あたりで

着陸2~3時間前に出てくる





メインの鶏肉

手前の黄色いキッシュみたいなのは、

アグリア・ポテトのマッシュ・ケーキ





ワインはこちらを

リースリングは結構ドライで

甘ったるくなくてよかった。。


食事に合わせるワインは

甘いとダメだからね





赤は、ピノ・ノワール

セントラル・オタゴ

Wooing Tree の 2012年だけど


この年はそんなに良くない年だったのに

意外にも美味しくておかわりしてしまった



食後はケーキ(撮り忘れ)と一緒に、





グラハムズのポート・ワイン

アルコール度が高いのと甘いので

ちびちびと飲むワインです


danekoはこういうの、

ちょっとだけでいい感じ


ケーキがそもそも甘いのに

ポートを合わせるとはこれいかに・・


西洋人というのは甘さにも強いのだろう

ポートでもドライなワインとそれほど変わらず

ぐいぐい飲んでいるようだ・・


アルコールにも強いのだろうなあ


何せ、飲む量とスピードが違う

女性でも、飲む人はクイクイっと飲むから

CAさんも気前良く注いでくれるのだけど


danekoはいつも

「あーちょっとだけ」とか、

「半分でいいです」とか

「試飲だけで」


なんて言ってる自分がちょいと情けない・・


な~んていう気分についなってしまう、

ビジネスクラスの夕食なのであった


また安いチケット出るといいなあ。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA