オークランド食べ歩き・海鮮系居酒屋・2021年のAjimiはいかに

202106 ajimi natto maki


本日の記事は、隔離後初めて行った食べ歩き。

解放されたプチ祝もかねて、出かけました。


中心部でなくても流行る



オークランド郊外はオネハンガという街に、

その目抜き通りの商店街に、Ajimiはある。


前回行って記事を書いたのはいつだったかな?



オープン当初から、

気軽に行ける海鮮系居酒屋として、

その目のつけどころは新しかった。


刺し身のお値段はそうでもないけど、

つまみ類が6〜8ドルとものすごくお値打ちだった記憶がある。


さてさて、2021年はどうか(?_?)

噂によれば、相変わらず人気のようですね。


オークランド中心部の家賃高騰で、

数年、いやもうちょっと前からだろうか。


中心部に飲食店を出すのは割が合わなくなっていた。

特に客単価が低く、回転率のよくない店。


こういうところは高騰する家賃を払えず、

やむなくの撤退も多い。


その点、

郊外型の街として発展を続けるオネハンガ。

ましてお値段抑えめなら外食需要もバッチリだ。


Ajimiの場合はアラカルト注文なので、

好きなものを食べたいだけ(支払いたい額だけ)

頼むことができる。


これも、郊外住民の外食需要にピッタリだったのでは?


とあるグルメの友人など、ノースからわざわざ食べに行っていたし、

danekoたちも近所なわけじゃないから、


けっこう遠くからわざわざ食べに来ているのかもしれない。


ドリンクはビールと日本酒とちょっとワイン



ドリンクメニューを見たところ、

日本酒の種類がけっこうあった。


この場所であると、車でのアクセスがほとんどだろう。

がぶ飲みする人は少ないと思う。


見回しても、居酒屋飲みというより、

ガッツリ食事に来ている人も目につく。


ワインは、なんと1ブランドしかない。

姉妹店のちょうちん横丁にはワインリストあったけどなあ。


あ、ちょうちん横丁の記事はこちらですよ。



さてさてAjimiのワイン、

ぶどうの種類としては5種類あった気がするが、

どれもボトルで同じお値段。




202106 ajimi wine
じゃん!

danekoはすべての品種が同価格というのにリスクを感じ、

もともとお値打ちな品種から選ぼうと決めた。


いえね、別にワインを飲む必要はないんですよ。

しかしこの日は友人のうち一人も、


ワインのほうがいいと言っていたので

ソービニヨンブランとピノ・グリ。


30ドル台ですが、まあまあ飲めました。

この、グッド・カンパニーというブランド。


お店専用で、一般消費者が酒屋などでは買えないらしい。

どうりであまり見たことがなかったはずだ。


どんどん料理を注文する



育ち盛りなどはるか昔に過ぎたというのに、

食欲旺盛なdanekoたち、どんどん注文します。


本日の記事では、全部は載せず、

印象に残ったもののみアップしますね。



202106 ajimi sashimi L
まずは刺盛り。ラージ。

大きい方だとこんなプレゼンで、盛り上がりますよ(^^)v


内容はいたってふつうですが、

場所柄こんな感じでいいのじゃないかな。




202106 ajimi gyoza
焼き餃子。

鉄板に乗ってじゅうじゅうしてる餃子。


これはもう、懐かしい日本の餃子です。

文句なく嬉しかった。

隔離後ですからね。


そうそう、つまみはさずがに6ドルというのはあまり無く、

ニュージーランドの物価高を反映して、8〜10ドル。


ちょっとしたものは10ドルですね。

でもまだまだ、じゅうぶんにお得感ありますよ。




202106 ajimi squid
イカの唐揚げ。

これ、好きなんです個人的に。


アミに乗ってくるので、冷めなくていいな。

油切れも期待できるし。


こういうちょっとした気の回し方が日本ですね。



202106 ajimi steak
メインのステーキ。

これは、タレがあまりイケてなかったな。


2ドル奮発して、おろしポン酢ダレを追加すべきでした。

肝心なとこでケチってはいけませんね。


ま、でも、ここで特に食べなくてもいいかも。


さあ、ご飯ものの時間です



つまみを食べ、ワインを飲んでいると、

だんだんお腹が空いてくる。


危険な酒飲みループである。

つまみを頼んでいると、永遠に飲んで食べる。


これを止めるには、炭水化物。

ドカッと摂り込んで、終わりにするしかない(^_^;)




202106 ajimi salmon avo
サーモン&アボカドロール

まあこれ、王道じゃないですか?


こちらのは、danekoには、

サーモンがちと多すぎたけど、贅沢ですね。



202106 ajimi natto maki
納豆巻き。

なんか、以前にもこれに感動した覚えがある。


こちらのお店での、オススメです。

ご飯も美味しい。



202106 ajimi okonomiyaki

お好み焼き。

なぜか、どうしても食べたかった。


ニッポンを思い出しますね。

そして、以前の源太のお好み焼きも。


やっぱお得感がたまらない



3人で、200ドル。

しかし、ワインボトル2本の他に、生ビールも飲んでるし。


ひとり70ドルは納得のプライス!


お酒を飲まない人。

少食な人。


上記のどちらかなら、ホント安く収まりますよ(^_-)


ただ、最近のこのオネハンガ商店街界隈、

駐車場が見つからないのでお気をつけて。


ちょっと離れたところにしか、

フリーパーキングが空いてないかもです。


アクセス



Japanese Sashimi Bar Ajimi

Unit2 258 Onehunga Mall Road, Onehunga, Auckland

☎ 09 636 6172




【しろねこにもちょいとポチを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
daneko、炭水化物とり過ぎじゃナイ(?_?)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA