クロムウェル・タイ料理の夜!(^^)!

不機嫌な女主人のワイナリーを出て、

もう一軒か2軒、寄って帰ろうと思ったdaneko、


しかし、葡萄畑の斜面を、

Felton Road に沿って登るほどに、

霧は深くなっていく


人影はなく、薄暗く、小雨も降ってきた


ワイナリーは、どうやら早目のクローズか


仕方なく、クルマの向きをかえ、今晩の宿泊先のモーテルに向かう。




途中、スーパーと酒屋に寄り、

ワインの品ぞろえと値段を確認していたら、

(これも楽しみのひとつ♪)






とっぷりと、夜は更けて、

でもまだ午後6時です



夕食は、スーパーで買ってきて作ろうかとも考えたが、

イナカのことゆえ、食指の動く材料がない


モーテルの女将さんに聞いてみたものの、

以前行ったNO.7は祝日でお休み


(というか、月曜休みなんだと)


「ねえアナタ、タイ料理は嫌い?」


と聞かれたdaneko、

前回イエローカリーを食べたあの店のことかな?

と思ったのがドンピシャ


「ああ、あそこ前回一度行ったけど、悪くなかったかも」


と言ったら、


「今日はもう、あそこしかないわねえ・・」


と、女将さんは言うのだが、

danekoは知っている


数件先の並びのモーテルには、

ちょっとしたカフェ・レストランがあるのだ!



ピザとかバーガーとか食べれる。

でも女将さん、商売敵はおススメしないのね。。。


まあ、イナカのピザとかバーガーより、

タイ料理の方がリスクが少ないし、

danekoもそんなカフェに行く気もないからいいのだけど。


と、いうわけで、



歩いて1分の、モーテル向かいのタイ料理で、





今回もイエローカレー♪


この店、8ドルでワインが持ち込めるのです

(これが決め手かな・・)





星形のライス



ソースばかりで具が少ないのは、


danekoのリクエストで

チキン抜きにしてもらったから


daneko、タイカレーには、肉は要らないのです。


「じゃあそのかわり、野菜を増やしましょうか?」


と親切に言ってくれたお店のおねーちゃん、


しかしながら、野菜多めって、何が来るかわからないゾ


danekoがあんまり好きでないズッキーニやニンジンなどが、

どっちゃり入ってて、スープが少なかったら哀しい(T_T)


「いえ、野菜は増やさなくってイイの。ほら私は・・・スープが好きだから・・」


とあせって野菜増量を断ると、


「OK! チキン無し、野菜はそのまま、スープ多目ね」


とおねーちゃんはニッコリ笑ってチューボーに消えていった


あ~あ、またヘンなアジア人と思われちゃうかな

世界中どこ行っても、料理に注文付ける自分に呆れる(~_~;)


でもこのカレー、すごく美味しかった


やはりこの店のイエローカリーは当たりだ。


イナカのタイ・レストランにしては本格的なお味。





そして本当にスープたっぷりだったので、半分以上余った。。



danekoは明日の朝ご飯にと、ライスをもう一つ追加し、

カレーソースの残りもテイクアウェイにしてもらった。

お店の人たちは、家族経営なのだろう。


そしてdaneko以外に霧の夜に客もなく、

皆でニコニコと見送ってくれた。好きだ、この店


Chard Farmのゲビュルツ・トラミネールは、

あのオバサンの言った通り、タイ料理とあっていて、感激した


よし!このワインをもっと買って帰るのだ。

そうすれば、オークランドでエスニックの店にお持ち込み~


ああしかし、こうやって旅をしながら、

一日中ワインのことを考えていられたこと、


たとえワイン馬鹿と後ろ指をさされようとも、

なんて心躍る時間の過ごし方だろうか



ときどき日本の会社からスカイプで指示を仰いでくるけれど、

そんなこと、なんちゃない、ケンチャナヨー(なぜに韓国語?)


ワインは小さなグラスに2杯飲んで、残りはモーテルに持ち帰る。


そうだ、明日の朝あの女将さんにあげようっと


霧が深くっても、楽しいワイン街道・・・

また遠からず、クロムウェルに来れますよう(祈)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA