オークランド食べ歩き・つるしこ中華麺が13ドル!蘭州牛肉麺・金味徳

king made noodles 201911 noodles w pickled cabbage



さてさて、

ハッピーアワーの8ドルワインを楽しんだ後、




ちょっと小腹が空いていたので、

ちょっと前から目をつけていた麺屋さんへ。


どちらもシティのフォート・ストリート沿い。


蘭州牛肉拉麺・金味徳



実はここ、

オークランドの情報誌・Metroの


チープ・イーツ・トップ50に載っていたので、

めちゃくちゃ気になっていたのだ。


だが、通りかかるのはいつも、満腹時。

看板をじーっと見つめながら、

むなしく通り過ぎていた。。


しかし今日は、ちゃんと小腹を空かしている。

ワイン2杯とイカのつまみだけだもんね♬




king made noodles 201911 exterior
いざ、ゆくゾ!

胸は高鳴る・・



店内にはお客さんが7割ほど入っていた。

danekoがひとりだと告げると、

客一人しかいなかったカウンターを指さされる。


カウンターの中には誰もおらず、

オープンキッチンは奥のほう。

これなら落ち着いて食べれそうだ。



king made noodles 201911 menu
壁のメニューから選んだら、レジに来て支払えと。


だが、あんまり目が良くないdaneko、

紙のメニューをもらったのだった。


そのほうが、首も痛くならず、じっくり選べる。


麺メニューは5つのみ



こちらのメニューはいたってシンプル。

麺メニューが5種類。


うち、スープ麺が3種。

汁無し麺は2種。


あとは、水餃子、肉まん(包子)、中華ラムバーガー。


danekoは、スープ麺を食べると決めていたが、

それでもどれにしようかと迷った。


A1とA2とA3の違いがよくわからない。

いや、A3には大好きな酸菜が入っている。


中国東北部の白菜の漬物である。

発酵した風味が好きなのだ。


でも、スープはどう違うのだろう?

もしかして、全部一緒とか(?_?)


danekoはレジに行き、

おねーちゃんに聞いてみた。


daneko
A1とA2とA3って、どう違うの??


おねーちゃん
A1は辛くなくできるんだけど、

A2とA3は最初から辛いのよ

とあんまり訳がわからない説明が返ってきた。


それだけ、か・・・

肉にも大した違いはないという。

ホントか?


内心いぶかしく思ったが、

やはりスープにも違いは無さそうだ。


ならば、酸菜入りのA3にしようっと。

酸菜牛肉麺

Pickled Cabbage Beef Noodles Soup


↑この英語表記、

Noodles、と複数形にすべきなのか?


などと突っ込みたくなったけど、

アジア人にはどっちでもいい問題だ(^_^;)


目の前で手延べ麺を打っている!



オーダーして、支払いして席で待っていると、

カウンターの左横のキッチンが見える。

ガラス張りである。





おお〜、これはなんか楽しい。

14ドルでパフォーマンスも楽しめる、

なかなかいい店ではないか?


シティの麺相場としては、

13〜14ドルなど当たり前。


店内も新しく、清潔そうだ。

お値段に文句をいう客はシティ民には居ないはず。


ドライヌードルは11ドルからある。

これも酸菜入りなので試してみたい。


スマホで動画を撮っていたら、




king made noodles 201911 open kitchen
こちらの料理人さんに笑われた(^_^;)

ちょっと照れたように笑っていた。


だいじょうぶ、いい具合に写っていますよ♬

(そこじゃないかも?)


酸菜牛肉麺



それほど待たなかったと思う。




king made noodles 201911 noodles w pickled cabbage
来ました〜! 14ドル。

さあさあ、お味はどうかな?


あ、その前に、

レンゲと箸を準備しなくっちゃ。


手延べ麺のパフォーマンスに気を取られ、

店の人が「あっちだよ」と言ってくれてたのに、

すっかり忘れていたのである。


テーブルに用意されているのは、

唐辛子入り辣油のみ。


ひとくち食べて、danekoは、

daneko
うっぎゃ〜!!!!


となってしまった。


コリアンダー(パクチー)たっぷり!



なんとなんと、

danekoが嫌いなパクチーがたっぷり!


刻んでスープに散らされているので、

もうすくって除けることもできない。


次回からは、

ぜったいにコリアンダー抜きというのだ(ー_ー)!!


スープは、あっさり系であったが、

辣油ベースの辛味ソースが乗っている。




king made noodles 201911 noodles & beef
ソースを混ぜると、汁の色は赤くなっていく。

店の看板にある、赤いスープの牛肉麺になる。


HOTで頼んでいたのだが、

少し辛さが足りないようだったので、

テーブルの辣油を足した。


そしたら、ちょっと足し過ぎたらしい。

息を吸い込むたびに、むせそうになる。


しかし、danekoは幸せであった。

パクチーが入っていても、スープの旨味がわかる。


酸菜は刻んであったが、

発酵した酸味がアクセントになって、

いくらでも食べれる気がした。


このコシのある中華麺は病みつき系



そして、手延べ麺=Hand pulled noodleの

しっかりとしたコシの入りようはどうだ?


こんなにコシのある中華麺を、

オークランドで食べれる店は少ない。


danekoがわずかに思い出せるのは、

少林カンフーヌードルくらいである。




でもあそこは、平打ちの刀削麺だったから、

こちらの細丸麺とはまた口当たりが違う。


danekoはもう、夢中になって麺を食べた。

が、麺はかなりたくさんの量があり、


情けないことに、

途中でギブアップしたくなった。


もう、おナカが一杯である。

牛肉を食べないようにしているが、

炭水化物でお腹が膨れて痛い。


なのに、やめられない、止まらない。

むせそうになりながら、息を吸わずに麺を口に運ぶ。


辛いスープとつるしこ麺の組み合わせが、

なんともいえなく病みつき系だったのだ。




king made noodles 201911 finish
ごちそうさま〜(^o^)

よく食べた。


評価は・・いちおう次回に回そうっと。

今回はコリアンダーが入ってたし。


次回はベーシックな牛肉麺を食べてみよう。

酸菜入だとちょっとイレギュラーだもんね。


それにしても、この場所にあったあの店は、

今どこに行ったのだろう?

もうオークランドにはないのだろうな。。



ラッキー・ブッダという店だったのだ。確か。

あの頃ご近所だったので、お世話になった。


店名はラッキーと付いていても、

ビジネスは続かなかったのである(-_-;)


オークランドの飲食業界、キビシーですね。。

danekoは店を出て、駅へと歩いた。





britomart station 201911
さあ、電車に乗って、家に帰ろう。

時刻は午後7時前。


サマータイムで日が長くなったので、

電車から見る夕暮れも楽しい。


アクセス



King Made Noodles

蘭州牛肉拉麺 金味徳

48 Fort Street, Auckland CBD

☎ 09 942 5681



【しろねこに応援ポチを♬】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
daneko、食べ過ぎヨ。もしかして胃拡張かしら(?_?)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA