オークランドでただいま旬のグリーン・アスパラ対決!お好みはどちら(?_?)

amano 201711 green asparagus

グリーン・アスパラの季節。

 

だんだんと、スーパーでも安くなってきて、

バンチ(束)で2.5ドルとかを割ってくると嬉しい(^o^)

(2束で5ドルで売ってるときが多いかも)

 

しかし、家で料理するには・・・

 

ハカマを取り除いたり、

火の通りにくい茎部分と、火の通りやすい穂の部分をどうするか、とか、

はたまた硬い茎部分はスライサーで剥こうかどうかなど、

 

意外とすんなりいかないグリーン・アスパラなのである(ー_ー)!!

 

そこで本日は、「旬のグリーン・アスパラ対決」と称し、

2店のアスパラ料理をご紹介(*^_^*)

 

いずれ劣らぬ人気のお店。

もちろんオークランド市内ですよ♪

 

まず、一軒目。

 

 

orphans kitchen 201711 asparagus

新規開拓なりました!

ポンソンビーは、Orphan’s Kitchen のグリーン・アスパラ。

 

こちら、シャキシャキ感を見事に残したまま、1本丸ごと×たくさん(^^)v

感激モノですが、まあ、これで19ドルもするので有難味は。。

 

それにしても、上にかかっているクリーム?が旨い!

 

ココナッツのスライスによる香りも楽しみつつ、

アブラだろうと思っていても

ついついクリームをたっぷり付けてしまうゾ(^_^;)

 

ああ、キウィのお店でこんなにコシのあるアスパラを、

申し分ないディップでいただける日が来るとは。。

 

近年のオークランドの食シーンの進化はめざましいものがある\(^o^)/

 

さあさあ、もう一品は。。

 

 

amano 201711 green asparagus

danekoが月に数回はお邪魔しているお気に入り。

シティはAMANO のサイド・ディッシュ。

 

アマノは天野さんが店をやっているんじゃなく、

キウィによるイタリアン・フュージョンのレストラン。

 

アスパラのサイドディッシュは初めてメニューで見たかも♪

こちら、ひんぱんにメニューが変わるので、

以前に美味しかった料理が次の時には無かったりする。

 

でも、アスパラガスの一皿は嬉しい発見!

上にかかっているのは、パルメザン・チーズ。

 

アスパラが浸っているソースは・・

もう、なんとも言えない旨味で脱帽しました〜(^^)v

 

ビネガーと、オリーブオイルと、なんだろう。。

発酵した乳製品の風味が複雑に入り混じったこのソース。

アイオリみたいなのだけど。。

 

スゴいゾ\(^o^)/ これで12ドル。

アスパラは、10本は有った。

 

あ、上に掛かっているタラゴンの葉っぱは不要かな(^_^;)

エグみが有って邪魔でした。。。

 

 

さてさて軍配は・・う〜ん(-_-;)

この単品だけをとってみると、AMANO がアタマひとつ抜けているかな。

 

でもでも、Orphan’s Kitchen のアスパラは、素材感を活かしてあって、

これまた甲乙つけがたい。

 

アスパラが、メインの付け合せという位置づけだとすると、

Orphan’s Kitchenの方がシンプルで優れているかもしれない。

 

いずれにしても、どちらも強くオススメします!

双方とも季節のメニューなので、いつまであるかわからないけど。

 

次回行った時にはいつまであるか聞いてきます(^^)v(^^)v

 

Orphan’s Kitchen

118 Ponsonby Rd, Grey Lynn, Auckland

 

 

 

AMANO

66 – 68 TYLER STREET, BRITOMART, AUCKLAND

 

【しろねこにも応援ポチを♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

バカね、daneko。

アスパラだけでお腹に貯まるわけないでしょ(-_-メ)

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA