お正月の京都で、気楽にお好み焼き・きらく

1月2日のお昼はカレーうどんだけだったので、

(いや、daneko含めて3名は、あんみつも食べたが。。。)


夜は、がっつりと鉄板焼き


といっても、庶民版鉄板焼きである。。。



いつも泊まっている、ウェスティンの近くで、

気になっていた、あのお店



昼間、平安神宮に行く途中、

2日から営業という張り紙を見つけ、

その場で電話して夜の予約を入れたのであった



これは大正解

夜はフリーのお客さんが次々に来店して、

満席で断られていたから。。。



お正月の外食は、毎年けっこう苦労しているdaneko、

苦労人の経験が活きたゾ





同居人の好みは、イカとエビのチヂミ


みな、同居人に遠慮してか、あまり食べない。。。

「なぜここで、これを食べるのか・・・」という顔をしている





お店名物 とんぺい焼


卵が、出汁の利いただし巻き風のお味付


中は、豚三枚肉の薄切り

たちまち無くなった。。。





アスパラのベーコン巻


danekoの口には、一つも入らなかった

若者が3人もいると、油断してたら何も食べれずに終わる







シーフード塩焼きそば

これ、オモテのメニュー写真で見て、

すご~く気になってた一品


もう、何年も、この店に行きたかったのだが、

京都に来たら、夜は割烹通い、

朝はホテルの朝食をたらふく食べるから、

こんな近所の店には寄れなかったのだ


念願かなった、1月2日の夜でした

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA