ニッポン麺紀行・京都、平安神宮参拝のあとで

 1月2日の京都


同居人は、学生時代の思い出の街に嬉しそう


「平安神宮に行こう」

と言い出した。


うん?平安神宮


「それ、御祭神はなんだっけ?」

「いや、え~っとな、あれは新しいぞ。明治になってからできた、京都の神社だ。祭ってるのは桓武天皇かな」

え?桓武天皇って。。。じゃあ人神なんだ、由緒なさそう~(-_-)


なにせ、伊勢神宮に参拝した後だ。

格の違いが気になる。。。

他の家族も、「そんなとこ行く必要あるの?」

と、いぶかりだした。



しかし、同居人は動じない

ホテルに近いからな

と、半ば強引に連れていかれる。


さすが一家の長は、家族の意向などで動じない。。。



おお…

この朱の鳥居、やはり気分出るなあ。



あまり人が多くない




これなら順調にお参りできそう♬



600円でお庭を拝観。

これも同居人の希望だが、全然大したお庭でなく、

600円の価値はないといって差し支えない(-_-;)




うどん屋さんの前に人だかり

ここには、山本麺蔵 と 岡北 さんという、名店2店が並ぶ

うどん好きにはたまらないエリアなのだ(^q^)


だが、danekoたちはこの人の列に並ばず、四条に出た

八坂神社近くの、味味香で、カレーうどんだ



きつねカレーうどん

店の前には、3組ほど並んでいたが、

danekoたちは待った


道行く人たちが、

「なんでカレーうどんにこんなに。。?」

と話しながら通り過ぎる中、ひたすら耐えて待つこと30分あまり。

その甲斐はある、真冬の一杯であった(^o^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA