ル・クロ・モンマルトル

今日も一日講習    どよ~ん


今日は午後6時までで、しかも最後には修了テストが(前半分)


この終了テストに合格しないと、


駒を前に進められない


昨夜は、フレンチ系ビストロに行って

ワイン飲んでしまって、

当然勉強してないっす



お昼休み。

近くのチェーン系そば屋で、激マズの蕎麦を食べる。

う~ん、汁が甘くて醤油も濃い、


関東風に、変に関西系の甘さを足しているような、

ものすごい違和感


そしてモロ液体調味料の味が・・・


たぬきそば390円。

どうせマズイのなら、


かけそば290円にしとけばよかった


人間は、こうやってセコくセコく、

堕ちていくのだ


気を取り直して、スタバで気分転換。


ここは完全禁煙で、好き



試験用にちょっとノートをまとめつつ、

ソイラテを飲む


さっきの貧乏マインドから脱出だ


それにしても、豆乳に変えてもらうと50円ほど高くなる


疑問だ(-_-)


豆乳は、日本国内では差別されている。。。


外国だと、牛乳を飲まない系のベジタリアンや

牛のものを食さない宗教上の理由がある人達のため、

代替品としてふつ~に置いてあるのになあ・・・



ホテルの朝ご飯で

牛乳の替りにと豆乳を頼むと、

「別料金になります」といわれたりすするゾ



豆乳の地位向上を望む





ふうう~


やっと講習&テストも終わり、夜になり、

ホテルに帰ってきて

昨日のお店を思い出している


なかなかよかった





さすが界隈の達人T氏のおすすめ。

神楽坂で、フランス人のやっているビストロとくれば、


気分は講習など忘れ、

パリのモンパルナスにいるような。。。ゴキゲン



本当にこの店、モンパルナスあたりのカフェに似ている♪


フランス人2名と、オーナー夫人(日本人)のマダムによるサービスは、


程よくほったらかしで、


それがまた、妙にくつろげる


事前調査(食べログ口コミ)では、

「グラスワインが1000円アップ!」

と聞いて身構えていたのだが、


実際には赤白各2種類ずつで

700~800円でした。


神楽坂としてはお値ごろ


まあ、ただし、ブルゴーニュ、ボルドーとも、

ヴァン・ド・ターブル クラスか。


良いワインをと思えば、ボトルがいいですよ


danekoは明日の講習を控えているし、


もう夜も遅いので、泡白赤を一杯ずつ

(3杯も飲んドルんかい)



お料理は



DSCF0519 (640x480)

ウサギのリエット

ウサギは好き

全然かわいそうとか思わず、食べちゃいます


あれ、儀式のように

「きゃあ~、かわいそう!」

とかいいながら、結局は完食している


そんな女子が多いですね



ル・クロ

砂肝のコンフィのサラダ



コンフィって、脂で揚げ煮する調理法だったのね

昼間の講習で、初めて知りました




ル・クロ.2

羊のグリエ香草ソース


半量に取り分けてくれました



本当はもう1品、メインを食べたかったけれど


あんまりお腹を重くしちゃうと


明日朝起きれなくなるかも。。。



と、熟慮の末、


デザートを食べて帰ることにする

(いやもう十分過ぎるほど食べている)





ル・クロ3

洋梨のタルト


ぶどうのシャーベットが付いています。

danekoは冷果は殆ど食べない



次からは、抜いてもらおうっと





ル・クロ4

マロンのタルト おいし~い


これは、久々に、ヒットした




001_20101007231635.jpg

神楽坂の猫さん


たくさんの猫を散見しましたが、


撮れたのは、これだけ

(お~い、ブレまくり。。。)



016_20101007231346.jpg

アグネスホテルがお出迎え


今回の2泊は




015_20101007231346.jpg

夜寝るだけだったけれど、


快適で、サービスもGOOD


スタッフ皆さんがんばっていらっしゃいます。


あっ、そう、ミシュランの宿泊版に星付きで載ってたような


Small &  Luxuary  のカテゴリーに入っているだけはある。


お部屋のジャグジーバスを1度も使うことはなかったのも残念だが



danekoが昨年か1昨年に滞在したというのを覚えていて、


「あの時は、○○なお部屋でございましたね。

今回は、コーナールームをご用意しました^^」


などと言ってくれるのは、チョイ嬉しい


神楽坂ステイは、食のレベルも高くていいな~


Tさん、ご紹介ありがとうございましたm(__)m



ル・クロ・モンマルトル


http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13004086/

関連記事

3 件のコメント

  • 箱根のレストランをかな~り久しぶりに訪問したとき
    「サーモン以外に召し上がれないものございますか?」と
    聞いてくれたことがあり、感動したのを思い出しました。
    こういうサービスされると顧客になっちゃいますよね♪

  • えー。この東京生活で体験したB級食品のレポート結果をこないだこのブログに書いたではないですか。
    伝統食品のB級は美味しく無いんですってば。

    牛丼、ソーセージマフィンとか食品のイメージがかつて形成されていないものなら、安くて美味しいって思えるんですよ。

    立ち食いうどんや蕎麦でも一部例外がありますが。
    中野駅北口の立ち食い蕎麦、健在かな~(遠い目)

  • コメントありがとうございます。
    確かにおっしゃるとおりなのですが、立ち食いに毛の生えた座れる系の蕎麦屋があると、ついフラフラと入ってしまうときがあるのです^^;
    学生の時は、満留賀などに考えることもなく行ってましたからね~
    未だ残れる条件反射かな?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA