川に投げ捨てられた猫(T_T) 1

本当は今朝、NZに着いているはずだった。。。

しかし、ヒコーキに乗れなくなって、仕事場にやって来た


同居人とクルマに乗ってランチから帰ってくると、


「そこの川のふちのガードレールに黒猫がいるよ」

と、まるで普通のことのように言うではないか。


danekoがびっくりしてガードレールをみると、


白くて細いガードレールにまたがって、

猫のような物体が見えた


「朝からずっとあそこにいるんだよ」


と同居人は驚きもせず、danekoに言うのだが、

猫は、ガードレールにまたがって張り付いている(-_-;)


異常だ


danekoは家に入ると、すぐにゴム手袋を持ってきた。

黒猫は、全身が濡れているように見えたからだ


そばに近寄ってみてみると、ずぶ濡れだった。

さっきにわか雨が降ったけれど、もう1~2時間は経っている。


猫の毛って、そんなに濡れたままになるものだった?


と、不思議に思いつつ、ゴム手袋でネコをつかみ、

抱っこしてみると、黒猫ではなく、サバトラであった。








同居人が、エサをやってみたらいいという


最近は、すっかりネコに対して友好的だ


しかし猫はエサを食べず、ブルブルとものすごい震えている。

熱があるのだろうか・・・


AMAZON.Com  の段ボールがあったので、

中の紙もそのままに、猫の前においてみると、



猫はすごい勢いで段ボールの中に入った。。。

まさか・・・



このネコを救うために、ヒコーキに乗れなかったのであろうか

もしそうなら、なんたるdaneko人生だろう・・・

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA