川に投げ捨てられた猫(T_T) その4



ビクついているサバトラ猫。。







ここイナカの動物病院は、



前回しろねこと行った所である





しろねこは、体型ネタでずいぶんイジられていたが、



まあ猫なので、傷ついたわけでもないだろう

(人間の患者なら大問題だが)





AMAZONの段ボール箱は、濡れネズミの猫を入れていたので



水分で外側が弱くなっており、



danekoはクルマから降ろすときにバランスを失い、



段ボール(と猫)を落としてしまった



おびえきっているサバトラを、よけいおびえさせたに違いないm(__)m





午後の診察が始まったばかりだったので、



順番はすぐに来た。





先生に、「今日は別の猫なんです」 と見せると、



先生は聴診器を当てながら、猫のお腹を触り、





「もうオトナだね」 と言った。





お腹を触れば、年齢がわかるのだろうか・・・





そのあと、目を見たり、口の中を見たりして、





「まだ生後半年~1年くらいだけど」 と付け足した。





ふ~ん・・・



とdanekoは感心した



猫はずいぶん濡れていたので、助手さんが拭いてくれる。





「今日のにわか雨で濡れたからでしょうか」



と聞くと、





「う~ん、それにしては後ろ足がびっしょりだし、



川に落ちたか、投げ捨てられたかな・・





と、danekoがひそかに疑っていたことを言う



「先生、猫って、川に落ちるんでしょうか?」



と聞いてみると、





「う~ん、まず落ちないだろうね。自分からは」


と言うので、



サバトラ猫は、「川に投げ捨てられた」ということになった。





まったく、どこの誰が、生きてる猫を川に放り投げるのだ



「川に投げられて、ショック受けてるんだろうね。



落ち着くのに2~3日かかるかもしれない。



このままこの箱に入れておく方がいい」





と先生が言うので、





「ガードレールにまたがって朝から動かなかったんですよ」





と同居人の受け売りで話したら、





猫は驚くと固まって動けなくなるから。



必死に川から上がって、ガードレールにつかまって、



そのまま動けなくなったんでしょう。



心臓がすごくバクバクしているし、



ショックを受けたのは間違いない」





と言った。そして、サバトラの耳や毛を触り、





「家の中で育てられた猫だね。



きれいだし、毛の状態もいい。外傷もない。



たぶん初めて外に出されたんでしょう」





とのこと。





しまった・・同居人は、こういう話に弱いのだ



もしかして、猫の多頭飼いに踏み切るんじゃないかと





danekoはちょっとドキドキした。。









【ぽちたいむ】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
ナニよ、ワタシをさしおいて。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA