弦楽セレナーデ

アルゲリッチ音楽祭最終日、

danekoが最後に聞いた曲は、

妙に聞き覚えがあるものだった(ー_ー)!!



もちろん、美しい弦楽の旋律

でも、そこに何か特別の、忘れていた感情が湧き上がって来るので、

不思議に思いながら聞いていたのだが、


チャイコフスキー 弦楽セレナーデ




それは、娘danekoが初めてのバレエの発表会で、

踊った曲だった



どうりで、思い入れがあるはずだ。

バレエの発表会と言えば、


衣装をチクチク縫ったり、当日のお当番を決めたり、

親がやたら忙しい。



しかも、先生は発表会が近づくにつれて、

だんだんとテンパってくる。


衣装や小物のダメだし→作り直しが発生。

大変な労力がいるのだもの。。。


なんだか当時を思い出して、当時の自分にごくろうさん

と言いたくなった。


娘daneko・・・


結局、バレエも芽が出ることは無く、

その前に、バイオリンも挫折していた。


練習するのが、心底キライな娘だった。

キレイな音色を出していたのに・・・


目の前の天才アルゲリッチに比べ、なんという、ていたらく。。。


でも、でも

飛行機に乗ると、


「英字新聞ください。ヘラルド・トリビューンを

などと言うようになったし、


そんなことだけでも、まあ良しとしよう(~_~;)


あああ、  ひとりくらい、

芸術家肌の子供が欲しかったのに

とうとうかなえられない夢だったなあ。



と、弦楽セレナーデに浸りつつも、

思いは過去へ


まあ、danekoも、ピアノ、挫折してますから

でも、4歳から初めて、ピアノ歴だけは結構長かったのにな~


幼稚園の年中の時、卒園式でエレクトーンを独奏で弾いた。

卒園するおにいさん、おねえさんのために。


お友だちから褒められて 照れ臭くって、

「ううん。。みんなも助けてくれたからだよ♪」

なんて、幼稚園児にしてはナマなせりふを吐いたところ、


「何言ってるの!danekoちゃん一人しか弾いてなかったのに!

と、突っ込まれてしまったのだ。


どちらも5歳にしては、妙にヒネているが、

紛れもない事実で、誇張はない。



5歳の時の、あれがdanekoの音楽歴の頂点だったのか。

それ以後は、凡人化の一途をたどった。。。


よくある話です。。。(^_^;)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA