アミ 小さな宇宙人(^^♪

絵本というふれこみだが、

中身はふつうの文庫本


ほんのたま~に、ちびまる子ちゃんの作者

さくらももこさんの絵がある程度




アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (2005/08) エンリケ・バリオス

商品詳細を見る




児童文学なのだというが、

といっても、中身はかなり難しい科学的な表現もある


実際にはお子さまには、難しいと思うが・・・



スピリチュアルというか精神的な表現も多いし、

知らない未来の科学技術、たとえば、

進化した自動翻訳装置などの説明もある



UFOに乗った宇宙人、アミが、

10歳の男の子をいろいろな宇宙空間に連れて行き、

地球がいかに争いやエゴイズム満載の「未開世界」であることや、

どうしたら古いシステムを捨ててもっと愛や美や感謝にあふれた、

楽しい星に生まれ変われるのかをおしえていく


danekoはとっても楽しく読んだ

UFOや宇宙人に抵抗のない人には、あまり抵抗なく読めるのではないか


逆にそういったものを頭から否定している人には、面白くないだろう


でもまあ、たったの600円だから、

なんでぃ、こんな本

と思ったとしても、タカが知れているけど。。。


宇宙人アミによれば、

「知的で邪悪な生命体」というのは、

「進化した宇宙」には存在しないのだそうだ

そして、美と芸術と知性はすべて善だという


10歳のベドゥリートが、

「でも、バッドマンに出てくる悪い女の人はすごく美人だけど」

というと、

「それは、悪くないか、美しくないかのどっちかだ」

という。ホントかな?


地球にも宇宙にも、知的で邪悪な人間(宇宙人)が多数存在すると

danekoは思ってきたのだが、それは、

中途半端な知性で、知性とはいえないらしい(ー_ー)!!


知性とは、宇宙空間を自由に誰もが旅するくらいの、

進んだ科学を指すのだと。


なかなか哲学的な示唆に満ちており、

(楽しいジョークも時々ある)

書かれているすべてが真実でないとしても、

「ああ、そうか~」

と学べる点が多かった



読みやすいです

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA