Nishikiでミニ鍋&釜飯(^^)/



ゲソ唐揚げ 9ドル by Nishiki


家で食べたお昼が重かったので、

夜は外で食べたいが、あまりお腹が空いてなく、


でも、できればちょっとだけお鍋なんぞ食べたいとき、


一人鍋がある、この店へ行く。


Nishiki

(↑こちらのHPのCity店です♪)


Freemans Bay という、

シティ中心部からちょっと離れた場所にあるのだが、

車が停めれるのもあり、

いつも大変なにぎわい


メニューは日本のファミレスのように、

全部写真付きで、日本食がわからないキウィたちにも優しい


が、danekoたちがこちらで食べるものは決まっている・・・


・鍋 (ミニサイズのみ)

・野菜炒め (娘danekoの野菜不足お助けメニュー)

・釜飯 (帆立かな)


という、3種の神器のほかは、

これといって食べるものがないのだ


それはここNishikiが、日本人というより、

キウィやアジア人をターゲットとしているから

のように、danekoには思える



そしてそれは、十分成功している


こちらのお店のスタッフさんに知人はいないのだが、

オーナーを知る人から聞いたところでは、


共同オーナーたちのNishiki運営方針は、

まさに、「キウィ・ターゲット」であった。


そう、

別にdanekoのようなウルサイ日本人を相手にしなくていいのだ


日本食をよく知らない人たちが、

ワインのボトルを持ち寄って、ワイワイガヤガヤ楽しんでくれれば、

それでイイんじゃない?


という、キップの良さみたいなのはうかがえる


料理はどれもシティ中心部より安いが、

原価計算はしっかりできている感じで、

お店運営のマネジメント力は高いのではないかと思われる






ところでこの日、ゲソ唐揚げも頼んだワケは、


娘danekoが野菜炒めと鍋だけでは、

お店に悪いと言い出したのだ。

(この時点で釜飯を頼むかどうかは、決めていなかった)


このムスメは、財布を持っていないくせに、

お店に悪いとか言っていろいろ頼みたがるというクセがある


でもまあ、アブラ好きだから唐揚げが食べたかったのであろう。。。


一人鍋は、その季節でやっている種類が変わるが、

この日は、鍋焼きうどん 13.5ドル

(この他に、すきやき鍋、餃子鍋、海鮮鍋が有った)




目の前で火を付けてもらうスタイル


写真はもう、煮込んだあとの完成形ですが、

ふたりであっという間に完食。


具沢山で、なかなかイケるのです


肌寒い日に、熱々の鍋焼きうどんは嬉しいのだが、

写楽で夜に鍋焼きうどんだけっていうのは、気が引けるので・・


でもここなら、100%居酒屋なので、全然OKな雰囲気


完食後、

やっぱりこれだけではちょっと物足りなかったので、





帆立の釜飯 11ドルを


お腹が空いていないと言っても、このくらいは食べるゾ(自慢にならない)






なんか、ほっこりできるお味。

お茶碗3杯くらいはあるかな


いつも食べてるシティのジャパレスに比べると、

お値段はほんとうに安いなあ、と思う


二人で50ドル位だった。






ワインも持ち込ませてもらいました。

近所のニューワールドでセールだったワインだが、なかなかGOOD。


だが、周りのBYO族の中には、20ドル超えのワインは殆ど見られなかった


BYOはワインのみ。なぜか店内には、


「Grape Wine Only」 という貼り紙がある。


(他に何が有ったっけ?梅酒?キウイ・ワイン?)


持ち込み料は1本7ドル。


サービスはめっちゃカジュアルなので、

「ジャパレス=ホスピタリティ」

という方にはオススメしない


そして・・・

釜飯と一人鍋(鍋焼きうどん)しかdanekoは食べないので、

他のメニューに関しては、コメントできませんm(__)m


メニューは豊富で、見ているだけで楽しいですよ♪


HPではシティ店って言ってるけど、

シティから歩くと30分位はかかるかな






帰りぎわ、店の外から見たスカイタワー。

迷わずに帰れる、オークランドのランドマークですね



【一日一ぽち♪】 にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

フン、ゲソ唐なら、アタシも同居人にもらってるもんね~

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA