Masu でお刺身闘争(^_^;)

先週末にワイン飲み過ぎたDepot と、









このMasuは、ともに同じ Skycity Group 資本のレストランだ。





(知ってる人多いよね)





オークランド日本人社会での、Masuの評判はかんばしくない



先日行った美容院でも、日本人のオーナーさんから、





「Masu、どうですか?」




と聞かれ、





「好きですよ、けっこう♪」




と答えると、





「ええ~!!そういう日本人、初めて~!」




と驚かれた。。。





お値段が高すぎるので、敬遠されているらしい



まあ、日本人が行っても、日本語で応対してくれるわけでもなく、





日本語空間でないジャパニーズなんて、



ましてお値段ぼったくりであれば、これはもうウケるはずがない



う~ん、しかし、誰がなんと言おうと、



danekoはMasuが好きだ



以前、



トラップにハマり、散財してしまった苦い過去もあるけど、



今は対策済みだし(^^)v(^^)v





食材のクォリティといい、ますます充実のワインリストといい、



目の前に展開する炭火のパフォーマンスといい



やはり、大衆居酒屋には逆立ちしてもできない、



大資本のバックがあり、有名シェフのネームがあって、



内装もディテールに至るまでおカネがかかっている必見モノ



こんな、ジャパレスと呼べないジャパレスが一件くらいあっても、



いいじゃないかと思う



だって、チャーチやクイーンズタウンじゃこんな店、



絶対成り立たない業態だと思うもの・・・





ふだんはなかなか行けない、という方も、



メニューはHPでバッチリ公開されてるのだから、





何を頼んで幾らという方針を決めた上で、



キメのデートや記念日使いもアリだと思うし、





50ドル位でランチとワンドリンクでもいいかも~(?_?)



(ランチ・セットは未体験)





フロアのマネージャさんは日本人だし、



カウンター目の前のオープン・キッチンで調理している人たちも、



オープン当初とは違い、今は日本人が多いし、





大事なポイントを日本人スタッフが押さえていて、





けっこうニッポンの空気が流れているのである



今回は数カ月ぶりの来訪だった

Masuに行きたい気分の時も何度かあったのだが、





そういう時に限ってカジュアル過ぎる格好だったり、



(やはりドレスコードはスマートカジュアル)





ほとんどすっぴん状態だったりして、諦めたという。。(T_T)





でも、今日はそのつもりで電話してブッキングし、



(平日なら当日でも席がとれた)



ちゃんとした格好に着替え、



ワクワクしながら来訪



乾杯用に、danekoはスパークリング、



娘danekoは梅酒(Plum Wine)ロックを飲みながら、



メニューを物色。





しかし、娘danekoがさっそく、刺し盛りを頼もうとしたので、





ちょっと待った!




と間髪入れずに反応。





ここの刺盛りは、けっこう鬼門である



3種盛りでいいから~、とムスメはおねだりするのだが、





「ちょっと待って、なんの魚かわからないでしょ



ツナとハマチとサーモンとかだったらヤだよ」





とdanekoが疑念を示したので、



ムスメは今日のお魚は何かと聞いた



東南アジア系のオニーサンは、キッチンに聞きに行き、



戻ってきた答えは、ドンピシャリ



TunaとSalmonとKingfishだって。。。




わあ~、こないだの富士金みたい





とdanekoがドン引きするものの、



娘danekoは諦めない



「ワタシは今日、お刺身の気分なの!」


と主張して引かないではないか



むむ、強情な、



刺し身の気分ってナニよ、へ??





「で、刺し身ならキングでもサーモンでもなんでもいいのね??」





とdanekoが小馬鹿にしたように言い放つと、





「だったらままが単品からいいの選んでよ!それでいいから!!」




と逆ギレしてきたので、メニューを見てみたものの、



単品モノは10種類近くあり、当たりがどれだか・・・





たぶんこのオニーサンに聞いても、



キッチンに戻って聞いてきてもらっても、どんなもんか。





danekoは一抹の不安、いや大きな不安を覚えた



いや、ここのお魚の質が悪いと言ってるのではない



むしろ他店に比べて勝るとも劣らない、が、





お値段の勝り方が、質の勝り方を上回っている。



つまりまあ、コスパが良くないってことね(^_^;)





danekoのNZでのデフォルトは今や、



Cocoroの刺盛りになってしまってるし、





9切れ26ドルで白身魚が全くないなんて



加えて福岡でも鮮魚居酒屋や鮨屋で食べまくってる身としては、



そんな刺盛りカンベンしてよと言いたくなる。





しかし、ムスメは諦めないのであった



「ままは、しょっちゅう日本帰っておサカナ食べまくってるけど、



私はこないだ帰国した時も全然食べてないんだよ




そりゃそうだ。



日本に帰れば、danekoには食べ仲間が一杯いるから、



ムスメなんぞと食べ歩く必要がない



ううむ、どこまでも食い下がってきて、



面倒なムスメだ。





よし、それなら、刺盛り3種をムスメに全部食べさせ、



danekoは好きな料理に集中しようと悟りの境地に



で、お待たせしました。











刺盛り 3種  26ドル




お刺身は、厚すぎず、薄からず。





danekoはムスメが食べるのを横目で見ていたが、





「美味しいよ、やっぱ。食べてごらんよ」




とススメてきた。



いやいやいや、どっちがスポンサーなのよ



と、腑に落ちないながらも食べてみると、





サーモンも、Kingfish もソツのない美味しさ

ツナの赤身も、手の込んだ仕事こそないが、悪くはない。



包丁使いが、プロですね




こういったポイントを踏まえると、



やはりMasu、見かけ倒しじゃないよね~って思う



しかし、刺盛り26ドルの原価の中に、









この氷代とかお皿のパフォーマンスの代金が相当入ってると見たので、





大事な接待とかキメのデートとかならともかく・・・



刺し身本体以外にそんなにオカネかかっててもね



なんてつい、考えてしまう、ケチなdanekoであった。





Masuのお料理、まだまだ次回に続きますm(__)m













【一日一ぽち♪】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ



ハア~食った食った。。今日もお腹いっぱい

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA