フィレンツェ、幽霊ホテルがいらっしゃ~い(・.・;)

財布事件の後、2時間ほどの特急の旅は、

順調に推移した


初めてユーロスター1等に乗ったときには、

配られるスナックとドリンクが無料だと知らずに、

「要りません、要りません」と焦ったセコいdanekoだったが

(つい新幹線のワゴン・サービスと比べちゃって)

今回は、ブラッド・オレンジジュースとローズマリー風味のグリッシーニをもらう

昼ごはんの時間は取れなかったので、ちょっとお腹ふさぎになった.


DSCF1299+1.jpg

さてさて、、フィレンツェ、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に到着

なんとなく、ローマよりもなごんだ空気が流れている

平和そう・・


本日から3泊は、ウェスティン・エクセルシオール・フィレンツェ

ここもSPGです

名のある老舗ホテルなので、ちょっと期待していたのだが・・・

ふ、古い


「このホテル、ずいぶん古いようだけれど」

と、案内のスタッフに聞くと、

「13世紀の建物ですよ。マダム(えっへん)」

と、胸を張って言われてしまった


DSCF1302+1.jpg

う~ん

なんだかね~


DSCF1303+1.jpg

何かがいそうな・・・

この古さ


DSCF1309+1.jpg

窓の外は、すぐアルノ川

増水して濁りまくっています


DSCF1301+1.jpg

洗面ボウル2台はいいのだけれど、


DSCF1300+1.jpg

バスタブの奥のあの空間は・・・

コワくありませんか?


DSCF1306+1.jpg

なんと、照明のないシャワーブース

暗いよ~


DSCF1305+1.jpg

広いことに、不満はないが・・・

ホテルのスタッフが去った後、

danekoたちは、ソファに所在なげに座り、部屋を見渡す

どうも、ここに3泊出来る自信がない

カビくさそ~な、重たげなカーテン

だだっ広く、古ぼけた空間



窓を開けると、テラスもなくすぐアルノ川


ここから、人生に絶望した人が何人か飛び込んだのではないか

せめて人生最後をフィレンツェのエクセルシオールでと、

何日か過ごした後にアルノ川に・・・

な~んてつい想像してしまう

(クリスチャンは自殺しないんだっけ。。)



とにかく、この部屋には何かある

夜が怖いよ~、と娘danekoと意見が一致、

サービス・エクスプレスに電話する


だねこ:「ええと、私たちにはお部屋の感じが古過ぎて・・・もう少し新しい改装後のお部屋はありません?」

ホテル:「おお、マダムdaneko、そちらのお部屋は私どもがたいへ~ん誇りに思っている、広々~とした素敵なお部屋なんですが・・お気に召しませんか?アップ・グレードはもちろん致してますが」

だねこ:「(笑)ええ~もちろん、わかります。とっても素敵なんだけれど、もうちょっと新しいお部屋があればと思って」

ホテル:「承知しました。今から他のお部屋の空きをチェックして、2分後にコールバック致します。プレゴ」

といっても、2分後に電話がかかってくることは、イタリアでは有り得ない


皆、時間の観念が適当だ

2分後(と、いわれたら) = 10~15分後

10分後 = 20~30分後

30分後 = 1時間後

くらいと考えていれば、間違いはない

(たまに用件そのものを忘れていることもある)


そしてやはり、15分後位に返答があった

「マダムdaneko、4階のジュニア・スイートに空きがございます。眺めがよく、窓は2箇所とってあり、こちらも広い空間の、とても良いお部屋です。いかがでしょうか?」

と、いわれて、即答するのはちょい危険。

danekoは、とりあえず、その部屋を見せてもらうことに


段差有りまくり、バリアだらけの空間を、4階へと移動していく・・・



DSCF1361+1.jpg

うへ~


DSCF1343+1.jpg

うへへ~

(実際は、光が絞ってあってもっと薄暗い・・・)


DSCF1378+1.jpg

うへへへ~

各階にある、サロン


DSCF1362+1.jpg

エレベーター・ホール

ひとりで歩けないよ~

どきどきどき・・


DSCF1386+1.jpg

こういうのが好きな人にはいいだろうが・・・

夜中に甲冑が歩いてきそう

こんな幽霊ホテルとは、知らなかった


DSCF1307+1.jpg

新しいお部屋は、


DSCF1308+1.jpg

まあ、さっきよりもいいか

コワくはないリビングスペース。


DSCF1313+1.jpg

ここも・・怪しいといえば、十分に怪しい


DSCF1315+1.jpg

寝室の窓の外は、



DSCF1310+1.jpg

おお、フィレンツェ

さっきの3階よりもよい眺め


DSCF1311+1.jpg

ヴェッキオ橋

遠くにライトアップされています(^^)v




DSCF1312+1.jpg

眺望は申し分なし



DSCF1316+1.jpg

洗面ボウルは一個だけになったが、


DSCF1317+1.jpg

もうこの部屋で落ち着こうと決めた

だって、

1泊目265ユーロ(これはステイ・ポイントを付ける為)

2泊目からは150USドル

平均すると、税込で1泊ジャスト2万円くらいでこの眺め

この広さ。

贅沢は敵だ

今度は55ユーロの朝食は食べないぞ~(`´)


(あとでHPを見たら、最初のお部屋は、プレミアム・デラックスという部屋タイプだった)

「ゲストルーム」欄の上段右端のお部屋です。

こんなに明るくありませんが・・・

とにかく・・・

今夜、なにも出てこないことを祈ろう(T_T)

関連記事

2 件のコメント

  • 提案:ブログ愛読者プレゼント企画

    抽選で1名にサンタマリアノヴェッラのACQUA COLONIA「Tabacco Toscano」希望(笑)

    日本だと高いの(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA