クリスマス、救世主は中国人?

DSCF1351+1.jpg

ウフィッツィ美術館

こちらは撮影禁止なので、この回廊だけしか取れず。

danekoはここで一番好きな、ダ・ヴィンチの「受胎告知」を鑑賞してうっとり。



ダ・ヴィンチさまの描くマリアの顔が、少女のようにあどけなく美しくて感激


その後、クリスマスに向かい、danekoはリサーチを開始した

今日はイブ、といっても、ヨーロッパのイブは日本とは違う。

あくまでイブであって、本番は25日のクリスマス当日なのだ

この日、全部の商店やレストランが閉まるという、恐ろしい前情報に、

部屋にキッチンも何もないdanekoは、飢え死にするんではないか


または、幽霊ホテルでひとり85ユーロという、クリスマス・ブランチを食べなければいけなくなるのではと、戦々恐々だった


クリスマス・ブランチなるもの、なんとな~く、クリスマスにどこへも行けない観光客用に、上目線で、

「は~い イターリアのクリスマス、こんなもーのですよ。 どうぞ~」

と、あつらえたもののような匂いがしてくる

メインのシェフは、クリスマス休暇かもしれないし・・・

危険な香りの85ユーロなのだ


004+1.jpg

豆乳

娘danekoの餓え防止用


003+1.jpg

ブラッド・オレンジ・ジュース

danekoの餓え防止用

ほとんど役に立たない気もするのだが。。。

これらは、スーパーだと1~2ユーロと激安

日本でブラッド・オレンジジュース高いもんね~


001+1.jpg

クリスマスのパネトーネが、ワインとともに届いていました

喜んだのも一瞬

あ、甘い・・・

これは、やはり食糧確保が急務だ



ホテルの食事に疑心暗鬼のdanekoは、

はっと思いついて、コンシェルジュに聞いてみる


だねこ:「この辺に、中華料理のおいしい店ないの?」

コン男:「おお!それは、ニナーウですよ。とっても近い」

だねこ:「それ、お休みは何曜日?」

コン男:「ノン、ノン、ニナーウ一週間に8日、しっかりオープンしてまーす!マダム」

と、商売熱心な中国人に呆れてるような反応だ。

内心、休みを取らないことを小馬鹿にしているのかもしれない。


しかし、しかし、

danekoにとっては福音

さっそくこのニンハオを探検に

ニンハオは、イタリア人に読ませると、Hが発音できないのでニナーウになるのだった


ここは、フィレンツェでは日本人にとってはお助け中華的な存在

日本でおいしい中華を食べているならば、

とくだん感激するというものではないが、 餃子、もやし炒め、鶏肉の辛味炒め、酸辣湯、炒飯、湯麺 と食べる

(ポーション小さいので、いくらでも食べれました)

許せる懐かしいアジアの味覚にほっとする

(カメラホテルに忘れて来ちゃった・・)


明日もやっているのかと聞くと、

もちろん!との返事に、たのもし~

イブも、クリスマスも休みなし。

宗教が違うとはいえ、中国人ってえらいなあ 日本人だったら、周りに合わせようっていうんで休んでしまいそうなんだけど、

この徹底したマイペースと、商売熱心


感激した帰り、近所のミニスーパーで果物を調達。

ここも、中国人ぽいオジサンが出てきて、

「ジャッポネーゼ?」と聞いてくるので、

「Si. チネーゼ(中国人)?」と聞いてみると、やっぱりそう。

「アプリーレ(open) ア ドマーニ?」と、あまり期待せず聞いたら、

「Si Si. ア ドマーニ(tomorrow) ラボーロ、ラボーロ(work)」の返事に、

danekoはすっかり嬉しくなって

クリスマスは中国人に救われた~と、心底嬉しかった


ところがこのおじさん、英語が通じず、イタリア語だけ。

danekoのカタコトのイタリア語じゃあ会話にならない

しかし、親切にも、バナナ1キロがどれくらいかわからないdanekoたちに

秤で量って1本これくらいだよと示してくれる。

娘danekoがみかんを買おうとしたら、

「こっちの方が安いよ」 とジェスチャーでおしえてくれる。


うう。。 同胞アジア人、ありがたいよ~

チップおねだり系かつテキト~なイタリア人にばかり囲まれていると、

アジアチックな対応がとても心にしみます

おじさんも、danekoたちに同胞意識があるのだろうか


イタリア人たちには、どうせ、

1週間に8日開いてる、リストランテ・チネーゼ ふっ」

な~んて、見下されてるかもしれないしね。。


明日も来るねといって、おじさんのお店を後にした

クリスマスは、中華料理と中国人のスーパーで出来上がり??

(しかし、この2店にもう一度行く機会は、結局なかった)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA