daneko、若者に席をゆずられる(?_?)

001+1_20110306163430.jpg

バンコックの空港の出発ロビー


このリクライニング・チェアのコーナーには感心(もちろん、タダ


その日は、danekoはバンコックから福岡空港に朝8時に戻ってきた

ワイン12本分の関税(うち3本は免税)、1300円を支払い、帰宅



スーツケースとワインを置いて、すぐ仕事へ直行しなければならない。





005+1_20110306163429.jpg

博多駅 。


いつものように新幹線と特急を乗り継いでの1時間ちょっとの通勤です。


・・・のはずが、小倉駅に着くと、特急が人身事故のため、止まってしまっていた


竹下駅付近(いつもここが人身事故スポットよ)で発生し、

特急が小倉駅に着くのは1時間後だという


danekoは仕方なく、ホームで並んで待っていた



NZからの長旅の後に、こんな目に合うとは思っていなかった ・・・ が、仕方ない 。


日経を読みながら、並んでいたが、

アナウンスされる特急の到着予定時刻はどんどん遅れていく


それほど寒い日でなくってよかったが、立ちっぱなしは結構つらい

やがて、1時間20分ほど遅れてやってきた特急は、めっちゃ混み状態 。

当然座れません


この特急、振り子式でよく揺れるんだよね~

danekoが、ひそかに日本最悪の特急と名付けているものだ 。。

なにしろ、読書ムリ、オーディオ無理、パソコン無理、執筆ムリ・・・というムリ無理づくし



東京などから来た客人には、

「いや~、見事に何にもできませんね。いったいなんであんなに揺れるんでしょうね」

と驚きあきれられる始末だ



オーディオはいいんじゃない?  とふつうは思うのだが、これがどっこい、

アナウンスの異常なうるささと、ゴットンゴットンという騒音が邪魔をして、

難聴必至のボリュームアップが必要と来ては、danekoは遠慮しちゃいますね。


とにかく、よく揺れる。

横揺れだけでなく、タテ揺れ、ナナメ揺れ、変則揺れと、何でもアリだ。

揺れのデパート?といってもいい、使えない特急。


そんなモノに座ることもできず、通路で立っていると、やっぱり疲れる


「あ~、次の駅で何人降りてくれるかな~」

と心待ちにするも、この日に限って数人しか降りない・・・


そんなdanekoに、横に座っていた若者が声を掛けてきた

「あの・・席替りますんで、どうぞ」

というではないか。。。



「えっ、いえ、いいですよ(焦)」

(だって、特急料金払ってるんだから、普通は席譲ったりしないし)

「いえ、僕はもう、けっこう体を休めましたから、どうぞ」


このやりとり、他の乗客たちの注目の的

・・・ここで押し問答し合うのも、カッコ悪いか・・・



danekoは若者にお礼を言って席に座った。

正直、ありがたかった

座れれば、疲れも違うよ~ん♪♪


でも、でも、落ち着いてきたら一つの疑惑が、浮かんで来たのだ

daneko、もしかして。。。


婆さんと思われたのではないか!!???

だって、席を譲られるのは、年寄りと決まっている


danekoには、まだ年寄り=婆さん の域に入っているという自覚はなかったが、

もしかして、それはdanekoの楽観的観測というか、自意識の甘さで、

知らないうちに、婆さんの仲間入りをしていたとしたら・・・


うわ~、ジョークにならないよー 


そして思わず、アディダスのジャージを着ている若者に、聞こうと思った


「あの~、もしかして、私が婆さんだから、席ゆずってくれたんですか?

私、ばりばり年寄りに見えたんですね(涙)」と・・・


本日danekoは、いつものようにビジネス・スーツではなく、

カジュアルな服を着ているけれど、

20代後半位らしき若者には、婆さんに見えたのかもしれないし・・・


しかし、danekoはすぐ、この質問の重大な欠点に気付く

それは、この質問に、若者は、

イエスと言えない だろうということだ


言えるわけがない、たとえ心の中でイエスと思っていたとしても・・・

「そうですよ(にっこり)」なんて・・・


danekoは席を譲ってもらってありがたいと思う反面、

心の中では葛藤につぐ葛藤




その時、妙齢の女性がdanekoたちの席に来た

(車両のいちばん後ろの席だったので)



「あの~、あちらでお年寄りが倒れたんですが、席を譲ってもらえませんか?」

と、danekoの隣の窓側の男性に言う。


今だ!!

danekoはすぐに立ち上がった(すっく!)


「どうぞ」

と女性に声を掛けると、隣の男性も、立ち上がった。

「いや、私が替りますから、あなたはいいですよ。座ってて」と言う。

いえいえ、なんか、danekoより年上に見える彼に席を譲らせて、そのまま居座ることはできない。


「だいじょうぶです

というと、女性は喜んで、ちょっとフラフラ気味のおじいさんを連れてきた 。。

身内ではないらしく、おじいさんは何度も女性に頭を下げている。   もう一つの空いた席には、周りから勧められ、赤ちゃんをおんぶしたお母さんが座った。


danekoは、若者に「どうもありがとうございました」と再度声を掛け、


もう婆さんに見えるかどうかの自問自答をしたくないので、その場を離れた

若者を見ていると、禁断の質問をしたくなっちゃうもんね(^_^;)

ドア付近は、ぎっしりの人。人。

ここなら席がないから、譲り合いも起きないぞ~

壁にもたれていられるし、とりあえず、ヨカッタ~

と、danekoはひと安心 。


ニッポン最悪の特急も実は、乗客はこころ優しい人でいっぱいだった

悪くない気分だけれど、danekoの婆さん問答は結局未解決

迷宮入りだ


約1時間半遅れて仕事場に着くと、来客はすでに到着済み。

来客と夫に、

「若者に席を譲られたけど、婆さんに見えたのだろうか・・」

と、話したら、爆笑された 。。。



彼らもイエスと言えないのだろうか





004+1_20110306163430.jpg

帰りに、また博多駅で

関連記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA