放射能排出には玄米と塩 

 003+1_20110329213218.jpg   空港からの帰り、春の風景が

クルマ運転しながら撮ったので、ブレています(てか危ない)


本日の記事は、

玄米ご飯を塩で食べよう

そして、カラダに蓄積された放射能を排出しよう(^^)/~~~



な~んて、別に栄養学の裏付けなんて何もないだろうが、

danekoは今回の騒動の中でこんな記事を読み、

「おお!そう!そうだった!」

と、懐かしく思い出した



それは今を去ること20年ほど前、

平賀佐和子さんという人の講演記録を偶然手にしたのが始まり

当時danekoは赤ん坊を抱え、早くも出だしたアトピーに困り果てていた


平賀さんは広島出身の原爆体験者

顔にはケロイドがあり、毛髪は時折ごっそりと抜ける。

そんな被曝の症状に苦しむ中で

玄米食に出会う



玄米食を勧めるその人と結婚し、

(ご主人は広島大学の教授の平賀氏)

きっちりと実践していく中で

上記のケロイドも抜け毛もなくなって健康体となり、

7人の子供を生んで健康に育てた。

心配された障害は全く出なかった

冊子には、ただ淡々と、その体験談のみがつづられていた


彼女は、玄米に排毒作用が強くあることを、自身の経験から語っていたが、

これにdanekoは開眼

見習って、見よう見まねの玄米採食=マクロビオティック を始めたのだった

当時東京に住んでいたことから、

幸いにもオーサワジャパン本部(今の日本CI協会)が近所にあって、

マクロビ料理教室に通ったり

(講師は桜沢如一の奥さんの桜沢里真さん。1999年、100歳で逝去)、

下北沢の「ありしあ」で玄米定食を食べるのがたのしみだったなあ。。。


継続的に料理を習ったのは、後にも先にもこれが初めて


で、今回、玄米を食べることにより、

原爆症を見事に克服した平賀佐和子さんのことを思い出し、

「これは、やってみる価値があるかも」

と直感したのであった



あの地震以来、

馬を食べる日もあれば、

フォアグラを食べる日もありますが、

ひとりのときは玄米を食べています

まだ自分で炊く気にならないので(結構めんどい)

だいたいイムズのここで買うことが多いかな


厳格なマクロビオティックには、とうに疲れてしまったもので。。。


001+1_20110329213219.jpg  で、唐人町の天ぷらうどんです。



002+1_20110329213218.jpg  本日は、ごぼ天が少ない

ホントこれ、食べかけじゃあありません

関連記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA