早くも、読書の秋?

このごろ、また移動時間が増えたので、

本を読み始めた


だいたいdanekoは活字中毒者だったのだが、

最近英語の試験やレポート作成があって、

心が落ち着くヒマがなかったのです


1日1冊のペースで読んでいる

速読のすごい人なら、何冊も読めるのだろうが、

さすがに、1~1.5冊ペース。

それでも本棚には、次々に本が溜まって行く


ダメじゃ~ん、お片づけの法則に反するよ~ん


ハイハイ、今日はこの本です


ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇 (2011/06/27) 本田 健

商品詳細を見る
このひと、本田健氏の本は、むかし、




スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスンスイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン (2004/05/20) 本田 健

商品詳細を見る



と、もう一冊、


ユダヤ人大富豪の教えユダヤ人大富豪の教え (2003/06/19) 本田 健

商品詳細を見る
というのを読んだのだが、

主人公の「ケン」=たぶん著者だよね。。。

があまりに好青年(イケメンで仕事ができて、ガイジン女性にもモテモテ)っていう、日本人にあるまじき嘘くさい設定に白けてしまい

内容はまあ、悪くはなかったのだが、その後2度と読むことはなかった


ご本人には一昨年お会いした

実は、前評判で聞いていたので驚かなかったけど、

ぜ~んぜん、ふつうのオジサンだったので、

「うわ~、もしかして、誇大妄想狂か??」 と、

内心疑わしく思ったくらい


はい、ファンの皆さんに叱られますね


で、今回のこの本、「アメリカ編」は、

とっても面白く読めた


主人公のケンはまたもや、

20代のバリバリの実業家でモテモテという

相変わらずの設定ではあったが、

なんだか妻が家出し、その後の慌てようがリアルで楽しかった


いえいえ、家出本なんかじゃないですよ

人生について、

配偶者や家族について、深~く考えさせられます


人間関係のマトリクスは、長いこと本田氏の秘密のテーマ

だったそうで、これは彼の高額セミナー(80万円くらい?)に

出席しなければ教えてもらえなかったと言う。


それがここに来て、単行本で公開されたというのは、

やはり風向きが変わったんでしょうね

関連記事

1 個のコメント

  • 6年くらい前、スイスのプライベートバンクに興味が
    あってジャパンプライベートバンクというところに話
    を聞きに行ったら、オフィス内に模造品ばかりで、
    いかがわしい雰囲気満点だったので、早々に退散
    しました。
    すぐ潰れていたし(笑)
    http://rinskyishida.blog.ocn.ne.jp/rinskyishida/2005/08/http.html
    スイスの銀行だって運用成績普通だし、リーマンシ
    ョックを回避出来なかったし、デフレ日本ではタンス
    預金が最強だったりして(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA