映画が見られない(>_<) Ⅱ

 映画華麗なるギャツビーを観に行ったものの、


予告編のサウンドがあまりにうるさくて、 耳をふさがずには見ていられないほどだ。


早々に耐えられなくなったdaneko、


もう劇場の外に出ることにしたのだ


娘danekoに外で待ってるからというと、

「私も出る」という。


珍しく、付き合いのいい娘だ(ー_ー)!!


これはひとつ、danekoがしゃしゃり出て、

音量を小さくしてもらわねばなるまい


それが他の観客のシアワセにもなると信じて・・・



「あの~、映画の音、大き過ぎるんですけど、小さくしてもらえませんか?もうアタマ痛いし」


「あ、少しお待ちください」


といって彼は、マイクロフォンで誰かと話している。


TJOY: 「お客さま、サウンドのボリュームは変えられません」

だねこ:「え?? 小さくできないんですか?なぜ

TJOY: 「音のボリュームは配信元のワーナーブラザーズで完全にコントロールされていまして、劇場サイドで変更ができないそうです」


だねこ:「ええ~


そんなややこしいこと、してたのか、映画って・・・


そういえば、映画は大衆のマインドコントロールの手段のひとつって、

なんか陰謀論みたいなこと聞いたことがあるゾ??

洗脳されちゃ~たまらない。

もうトンズラしなくっちゃ



この日はレディスデーで1000円だったけれど、

切符もぎりの人に念のため聞いてみる。


だって、まだ全く本編を見ていないのだ。


それは、もぎりの人も分かっているはず。。。


だねこ: 「あの~、まだ映画始まっていないので、チケット払い戻しできませんか?」

TJOY: 「え・・・」

だねこ: 「私もうあの音聞いたらアタマがおかしくなりそうで、絶対心臓にも悪いし」


そう、予告編の効果音が、ずん!!ズシっと心臓に響くのだ

いったい、daneko以外の人たちはどうやって平気なのだろうか。。。


TJOYのヒトは、またマイクロフォンでどっかと相談している。


TJOY: 「お客さま、このまま外を出られまして、チケット売り場でお金をお返しいたします」

うわ~い、やった


ここまでは、配信会社にコントロールされていないらしい。

「お客さま、いったんお買い求めされたチケットは、配信会社に完全にコントロールされていまして、払い戻しなどは本国に問い合わせなければできません」


とか、言われるかと思った


チケット売り場では、

払い戻し伝票に名前と連絡先を書いてくれと言われたので、

danekoはテキトーな偽名とウソの電話番号を書いておいた。

今後の要洗脳要員として、

リスティングされてはかなわないから(考え過ぎ)


そして、danekoたちは、

映画を見ながら食べるはずっだった、ポップコーンのMサイズをかかえ、

もう夜8時を回っていたので蕎麦を食べて帰った


しかし・・もう映画館に行けないのだろうか、daneko。


もうホーム・シアターしか見れないのかな。。


それにしても、ギャツビーを見ていたたくさんの人たち、

(っても、半分くらいの入りでしたが)

あの大音響にビクともしないとは・・・


ボスっ!!バスッ!!ドドン!! バガーン

という、効果音の低音が心臓に響き、

キンキンする高音で、脳みそがかき回されそうだった



なにかdanekoのカラダがおかしいのであろうか

ふだんテレビも動画もほとんど見ないdanekoは、

TJOYでは異星人のごとく、

地球人に混じった火星人のように、異質なのであった


もう、映画を見れないカラダになったのかも。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA