なんちゃらかんちゃら・・・で、Everybody’s Izakaya(^_^;)

danekoは、夕ご飯のレストランを予約していた


予約先は、リニューアル・オープンのレストラン。

Everybody’s Izakaya


なんでも、

Izakaya(居酒屋)にリニューアルしたそうで、

しかもキウィ(ニュージーランド人)がやっている日本食、

ということで興味津々


こちらの友人と偵察に行こうと思ったのだ


ところが、電話口に出たのは、

ばりばりキウィのおねえちゃん、

愛想はめっちゃいい  イコール

英語は修飾句が多くて判りにくいという(^_^;)



「Hello, This is ○○(店の名前)! なんちゃらかんちゃら、

Can I help you?


と、いうように、なんでもこのメチャ早い


なんちゃらかんちゃら


が、挿入される



英語に自信がない日本人なら、

このなんちゃらかんちゃらを聞いただけで、

もう電話を切りたくなるに違いない。。。


しかし、danekoはもう、ひるまない

100% のリスニングなど、めざしてはいないから



だいたい日常的な英会話というものは、

終わり際に大事なことが来るモノ


「なんちゃらかんちゃら」と、

まあお世辞やら修飾句?やら言っているのはやり過ごし、

ポイントだけを聴けばいいというもの

そこで、



だねこ:「今晩テーブル空いてる?」

と、danekoもカジュアルに対応してしまう。


ねーちゃん:「なんちゃらかんちゃら・・ちょっと待ってね。チェックするから。Hold on」


ね(ねーちゃん): 「なんちゃらかんちゃら・・だいじょうぶよ~。何名?

だねこ: 「2名だけなんだけど」

ね: 「Cool! なんちゃらかんちゃら・・で、何時から?

だねこ: 「6時半からでいい?」

ね: 「なんちゃらかんちゃら・・もちろんよ~!なんちゃらかんちゃら・・」


と、肝心なことのあとに、またなんちゃらかんちゃら・・が来る場合もある


だねこ: 「じゃあ本日6時半から2名で行きますね~♪」

ね: 「Okay!  なんちゃらかんちゃら・・じゃあ、お待ちしてますね~。ご予約ホントにありがとう。なんちゃらかんちゃら・・See you this evening!」

だねこ: 「バーイ(もう疲れた)」



と、まァこんな具合に。。


ネイティブとの日常会話は、もっと疲れる


彼らは、こちらがちょっと喋れるとみると、

まったく手加減せず、

弾丸のように早い英語を浴びせてくる


danekoは現地特有の言い回しとか、

最近の流行コトバなんて全く知らないので、


「なんちゃらかんちゃら・・」を聞き流しつつ、

肝心なことを拾って会話のキャッチボールをしているわけで、


あ~まだまだ、英語ペラペラなんかはほど遠い。。


とため息をつきながらの海外生活


キウィの生活空間にもっと密着したいなあ。。


現地企業で働くとか・・・(?_?)(?_?)

 

※注: 2018年現在、Everybody’s Izakayaは再リニューアルし、

Everybody’s と名前を改称、日本食レストランではなくなっています。

現在のメニューはキウィ・フードをベースとした多国籍系。

 

Everybody’s

 

関連記事

5 件のコメント

  • danekoさんの、そのなんちゃらかんちゃらの間のポイントを素早くつかんでぱっぱと切り返していく会話術は本当にキウイも真っ青!?と思いました。
    生活するってこういうことなんだ、と思ったよ♪

  • お褒めいただいて、嬉しい[絵文字:i-241]
    カラクリは、生活しているとどんな場面でこう言う・・と予測が立ってくるのでビックリしなくなることでしょうね(^_^;)

  • キウイとの生活言語のコミュニケーションは時間かかりそうだけど…専門分野ではとてもとてもわかりあえるところまで来てるのでは!?
    NZのvilla maria に行ったとき、中国の通訳差し置いて、スタッフの熱意と語調が明らかに変わったし、あなたが専門性を引き出して日本語で説明してくれるひととき♪私、すごーく楽しかった《*≧∀≦》
    感性が共通する瞬間、っていうか相手の会話、私わからなかったけど(当然ですが)面白かったなあ。桐田さんとスタッフのやりとり。

  • いやいや~。。
    たしかにワインのことには夢中になって我を忘れてしまうのですよ(^_^;)
    あのときは中国人のコメントが明らかにワイン好きにとってバカっぽかったので、かえって面白かったです。ワインの話題に関しては、日本人はフレンチワインを基準に闘えるのが今になって凄い強みかも。

  • ほんとに良くも悪くもフレンチワインのウンチクなんちゃらかんちゃら頭の底に渦巻いてますね(^.^)私の場合はすごーく浅いのだが…

    でもそれで、他国の美味しいワイン頂いて、頭の中でやっと何か繋がってスパーク(大袈裟だ)して面白かったりします。中国の方々はこれからなんでしょうね。今日はGLADSTONE VINEYARDを頂いてます。幸せ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA