不機嫌な女主人のワイナリー・後編(~_~;)



「ドライ・リースリングを」

とテイスティングを指定し、

danekoがここを訪れた理由を話した


だねこ: オークランドにMASUっていうレストランあるの、知ってる?

女主人: あら、知ってるわよ。


と彼女はちょっと身を乗り出してきた


だねこ: そのMASUであなたの泡を飲んで、気に入ったからここに来たの。


なのにさっき、

冷遇されて失望したとは、一応言うまい。。。


女主人: まあ、それはそれは(ちょっとだけ笑み) あそこのトップシェフがここに来たのよ。 それで私のスパークリングを気に入ってくれて、店に置きたいって。

だ: ええ~、ニック・ワットみずから店に来たの、すご~い


とちょっと、この辺で持ち上げておく

いやいや、しかしMASUもワインにこだわっていて、

リストがさほど多くないながら充実していたのは、

セントラル・オタゴまでわざわざ来て試飲していたんだと感心


だ: でも、他の店ではこちらのワインを見た事はあまり無いかも。


そうdanekoのAurumの思い出は、

もう閉店してしまったケヴィンの店で買った、

Aurum Pinot Gris 一本のみだ


それは、けっこう美味しくて、印象に残っていた



女主人は最初の無関心を忘れ、

女: わたしたちもこれまではあんまり宣伝してこなかったけれど、これからはもう少し私たちのワインを売り出そうと思ってるのよ(^_^)v


にしては、この愛想のなさって。。


だ: ところでこのリースリングのヴィンテージは2009年しかないの?


女: いいえ、もっと後のも有るけれど、今はこれを売ってるのよ。


この質問、女主人にとってはあまり嬉しくなかったらしい。


2009が残っているので、古い方から売り切ろうと思っているのだろう。

danekoにそのココロを見抜かれたくないようであった


しかし、2009年のリースリング、NZではちょっと貴重で、ピークを過ぎてさえいなければ、悪いことはちっとも無い。


danekoはひととおり試飲させてもらい、


リースリングは、なかなかのできだった

が、

danekoは、ここでワインを買うべきか、かなり迷っていた。

Aurum本家に来れたのは嬉しいけれど、この不機嫌な女主人をいたずらに喜ばせる気はしなかった。

昨晩頂いたワインが2本あるから、機内持ち込みはもうあと1本くらいしか無理か。

1本だけ、お土産に持って帰る手もあるが、

どうせなら、泡とリースリングを6本または12本買って帰ろうと、元々考えていたのである。

それが不機嫌な女主人のせいで、買う気が失せてしまった。


まったく、このワイナリーのかんばしくない売れ行きのこと、

葡萄畑を縮小したとかナントカ、

他のワイナリーを 巡るうちに小耳にはさんでいた噂のせいもあり、

なるほどねえ。。という感じ。


さあしかし、買うべきか、買わないべきか ⁇


danekoの迷いを見透かすように、女主人は機嫌のいい声になって、

女:何を迷っているの?

と聞いてきたので、

だ:ワインをどのくらい買うか迷ってるの。

と正直に打ち明けた。


だ:機内持ち込みはもう一本しか無理だし、チェックイン荷物で預けようかどうしようか。。。


女: あら、それなら迷うことないわよ。ウチは6本以上でオークランドまで送料無料なんだから。


と、やっと商売モードになってきた女主人であった。

遅い、遅過ぎる


なんだかふだん、テイスティングのみで、

ワインを買ってくれないお客に疲れ果てているような、そんな態度だった。

しかし、そんなことdanekoの知ったことじゃない 。


だ: わかった。じゃあ、泡を4本とリースリングを2本ね。


本来のdanekoであれば、12本買うところだが

愛想の悪さで半減だあ


こうやって、このワイナリーはワインが悪くない割に、儲からないというわけだ。

商売とは難しい


daneko有限公司を曲がりなりにも経営するdaneko、

6本のワインを嬉しそうに梱包する女主人を見ながら、

他人事と思えず、

まるで今日のお天気のように、

湿った重たい気分になってしまったのだった


ブルーなdanekoはしかし、その後すぐに、

不機嫌な女主人の不機嫌の起源を知ったのである⁉︎

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA