Kazuyaでディナー2連チャン(^_^;) 第一夜

この日のメイン。



そうそう、ただいま冬休み?中のKazuyaさん、


先日、悠長に

「今週か来週で~」 

なんて予約の問い合わせを入れたら、


「来週から2週間ほどお休みに入ります!どうしましょう!?」


とお電話をいただいた


ええ~!閉まっちゃうの!!!


そこで、ラッキーにもドタキャンの入っていた木曜日と金曜日に、


別メンバーでの予約をそれぞれ入れていただいて、

ホッと一安心



さあ、第一夜は、ニュージーランド産トリュフの5コース



季節限定・特別メニュー。

135ドル

だったかな。。。(記憶不確かm(__)m)


まあまあ、



席に着くなり、シャンパーニュをいただいて、


わくわく。。。










アミューズが、照明に映えて美しい。。。


このゴールドのお皿は、

デギュスタシオンまたは特別メニューのときに出るものです





DRY RIVER マグナム 2008


まだ飲むのにはもったいないのでしょうが・・・


メインの牛肉に合わせて抜栓してもらいます







温前菜

白菜と黒トリュフのミルフィーユ

とろける感がハンパなく、たちまち完食






パスタは、オイルベースで

春菊の揚げたのが載っています


これに、黒トリュフを上から、

Kazuyaシェフに直々にかけてもらうというパフォーマンス


ところが、写真を撮ったつもりが、またまた消えている

danekoのダメダメ・レストラン・レビューである


(黒トリュフの写真撮らんでどうする~)






はい。アル・デンテのパスタ、たちまち完食



そしてメインのビーフを待ちます。。。






キタ!

これにも黒トリュフが!





この日のコースの出来栄えは、

掛け値なしに、これまでで最高だったねと、


同行者と話しながら帰りました


ニュージーランド産黒トリュフ、


もちろん日本で食べるヨーロッパ直輸入のものよりは、

香りが弱いのですが、


コースのお値段からすると、とってもお値打ち


日本で秋にときどき誘われるトリュフの会は、

ひとり3万円を下ることはぜった~いに無いので

(最近3万でもできないって言われる・・・)


135ドルに満足したケチなdanekoでした


NZ産トリュフは、

カジュアルの位置づけでタップリ食べたいかも



今度は、

オーソドックスなコース仕様を崩した、

トリュフの楽しい食べ方を提案してみたいな~


なんて考えたりしています






にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ フン、ワタシにも乾燥エサ以外のもの、ちょうだいよ

by さそり座のしろねこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA